毎月休まずおこなっている、ピアサポートミーティング。

今年で4年目に突入しています。

 

◆発達障がい周辺の当事者中心とした支え合い・語り合いの場(ミーティング)

・・・発達ひろば

 

◆そのご家族を中心とした支え合い。語り合いの場(ミーティング)

・・・ペアレントサポート

 

当事者中心の運営を行っておりますが、[場づくり]を中心に運営しておりますので、大きなトラブルはなく、ワイワイとにぎやかに活動が続いています。

 

 

先日の発達ひろばでは、休職中に上司から紹介されて、場にたどり着き、ここ数カ月にわたって参加された方から復職の報告を頂きました♪

 

仕事や職場のもやもやは、大人の発達障がいを持つ方の大きなテーマになっていますので、苦労のつながりで、「自分ひとりの問題じゃないんだ」というように、安心して自分を語ることができるのも、この場の特徴になっています。

 

復職のプロセスのなか、この場に感じたことをお聞きすると、次のような言葉を頂きました。

 

「職場や家族に話せない気持ちを出すことができた」

「肯定的なフィードバックをもらえてよかった」

「気持ちを受け止めてくれた」

 

この地域では、休職中に頼れるところは、ほぼ医療(主治医との関わり)が中心になっていますので、外に出て、おなじような苦労を持つ方々と直接会って、話したり笑ったりすることは、自分自身をとりもどす時間にもつながるのではないかと感じています。