昨日はニューイヤー駅伝。

そして、今日は箱根駅伝をがっつり見てしまいました。

青山学院大学、強かったですね~

ちょっと前までシード権をとれれば万歳! みたいなチームだったのに、なんでまあこんなに強くなってしまったのか? 感心するばかりです。

初優勝だった去年と違って、今年はかなりプレッシャーあったと思うのですが、それをはねかえすような会心の走りでしたね。

選手たちが頑張ってきたことは間違いないですが、やはり選手たちに力を出させる監督の手腕がすごい、と思います。

昨年の「ワクワク大作戦」に続き、今年は「ハッピー大作戦」とか。

もちろん、勝つために厳しい練習だってしているんでしょうけど、そんな中にも楽しさがあれば、選手たちは萎縮しないですむでしょうね。

最近、新体操でも、そういう傾向を感じます。

強いチームの練習はおそらくどこも厳しいです。

けれど、「勝つチーム」は最終的には、「楽しい雰囲気」で試合に向かっているような気がします。

 

さて、明日も箱根駅伝復路をしっかり見届けようと思います。

<今日の写真は、花園大学です。>

 

新着情報一覧へ