ロネ&ジージ クラウンのいる風景「はだかの王様」公演、好評のうちに終了いたしました。

 

サポートをしてくださったみなさま、本当に、本当にありがとうございました。心から感謝しています!

 

当初、成功するかどうか心配しながら、「とにかくやってみよう」と始めたこのファンドですが、予想以上のサポートをいただき、本当に嬉しかったです。

 

お礼のコメントをアップすることが遅くなったこと、申し訳ありませんでした。

 

ブログなどでご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、本番の2日前のリハーサルでGigiが右足首の靭帯損傷の怪我をしたため、大幅な演出上の変更や、公演終了後の業務に通常時よりも時間がかかってしまったため、こんなに遅くなってしまいました。

 

幸い公演を見に来てくださったお客様には、ほとんど気づかれることなく、作品を届けることができました。怪我も悪化することなく、いまではリハビリに励んでいます。

 

公演を見た方からは、こんな声をいただきました。

 

「素晴らしい!以外に言葉が見つからない」
 
「見終わった後の帰り道、家に帰ってから、じわーっと来る感動」
 
「言葉を使わずにこんなにたくさんのことが伝わる、ということが驚きでした」
 
「こんなものが日本にあるなんて知らなかった!」
 
「自分がはだかの王様だという現実を知るのはつらいことだけれど、知ることからしか前には進めないのだと、しみじみ思った!」
 
「こういうジャンルがあることを初めて知った」
 
「もっとたくさんの人に見て欲しい、知って欲しい!!!」
 
「再演が待ち遠しい」


公演の写真の一部をアップします。
この写真が、公開する最初の公演の写真です。

はだかの王様01

 

 

 

 

 

ロネとジージの劇場のスタイルは、劇場にかかわる技術者のアイデアと技術の結晶です。一見お客様には見えない、気がつかないような細かいところにお金も手間もかかっています。実はそれは、見る人の感覚に無意識に積み上げられて、その連鎖のゴールが、心地よくこころを揺さぶり、作品のメッセージを無理なく伝える働きをしています。

そんなロネとジージが作る劇場での作品作りを、ネットを通じてサポートしていただいく、という初めての試みにこんなふうにお力添えいただいたことに、改めて心から感謝いたします。


アメリカのブロードウェーにある「エンジェル」のような、劇場活動を支援する制度が、日本にはありません。


この新しいネットファンドというスタイルが、将来そのような形になれば多くの優れたアーティストたちに活躍の場を与えるのではないかと思いました。

 

ロネとジージの活動は今後も続いて行きます。

 

多くの人に、幸せな時間を届けられるよう、精進してまいりますので、どうぞ、どうぞ、引き続き応援をよろしくお願いいたします。

 

遅ればせながら、心からの感謝をこめて。
みなさまとまたご一緒に「幸せな時間」が過ごせますように。

 

Rone&Gigi

 


 

新着情報一覧へ