プロジェクト概要

 

デザイン・アートのまち六本木の玄関口をお花で彩り、明るい空間で訪れる人を迎えたい!

 

はじめまして。六本木商店街振興組合の堀井健一です。私たちは、六本木のまちを「デザイン・アートのまち」をキーワードに活動を続けております。

 

お花の植え替えを手伝ってくれる子どもたち

 

”六本木の玄関口でもある交差点を明るい空間で来街者を迎えたい”という想いのもと、六本木交差点には、まあるいかわいらしいフラワーポットを設置して植栽しております。 しかし年間の維持管理には費用がかかり、地元の個人様・事業者にもご支援いただいておりますが、充分とはいえません。

 

皆様方の暖かいご支援で、六本木のきれいなまちづくりにご協力いただけませんか?

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
まあるいフラワーポットで皆さまをお出迎え!


 

まあるいフラワーポットが、夜にはタバコのポイ捨てやガムのゴミ箱のように扱われています…。

 

お花を植えているのは、六本木交差点の5か所です。交差点を彩る花壇は、もともとは標準的な花壇を置いていました。しかし、地元のデザイナーに頼んで、デザイン・アートのまちにふさわしいまあるいフラワーポットを作成していただきました!

 

しかし…六本木交差点ではごみのポイ捨てが少なくありません。きれいなお花の中にごみがたまってしまうことも…。どうしても夜にタバコのポイ捨て・ガム等のゴミが溢れてしまいます。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
子どもたちと一緒に清掃しているフラワーポットに
アイスのゴミが入っていることもあります…

 

 

地元の子どもたちに手伝ってもらい、年間4回草花を植え替えています。

 

ゴミが溢れないよう日常の管理として、散水とごみ類の撤去を行っています。また、年間でだいたい4期に分けて、季節に合った草花を植栽しております。植え替えるのは、2日ほどかかります。

 

プラワーポットのお花を植え替えています!

 

この管理は造園業者と商店街理事中心に行っています。また、地元の小学生に土曜の午前、課外授業でお手伝いもしてもらっています。

 

ただ植栽を植え替えても、途中で傷んでしまうものも少なくありません。 維持管理にはかなりの手間暇がかかっております。そのため今後は、1週間に何回か見回れる対策を講じていきたいと考えております。この継続的な管理のための費用が必要です。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
子どもたちも一生懸命お手伝いしてくれます!

 

 

六本木交差点をほっとできる空間に…。

 

ポットの横には腰かけられるスツールもございます!六本木交差点はにぎやかな場所ではありますが、ほっとできる空間であればうれしいですね。

 

ご賛同いただける皆様からほんの気持ちを寄せていただければと考えております。皆様のお気持ちは、すべてこの事業に使わせていただきます。

 

皆さまからのご支援をお待ちしております!

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd
六本木の街の美化にご協力を!!