こんにちは、レインボーパレード運営メンバー曽方晴希です。

 


一回目から運営メンバーとして参加し、今回二回目の参加です。

 

僕も、運営メンバーである箕輪さんと同じFTM(Female To Male : 女性から男性へ性別移行を望む人)です。

 

幼い頃から、自分の性について疑問を抱き、歳を重ねる事に悩みに変わり、違和感を感じるようになりました。
小学生になった頃から、「自分の存在はなんなんだろ?」「生きてて楽しいのかな?」と考えるようにまでなり、こんな体で生まれてきたくなかった、と母を恨んだことがあります。
周囲に溶け込まないと、とずっと考えながら自分を偽る人生を送るようになり、偽る事に苦痛を感じ、中学生上がる前から学校に行かないようになり、不登校生活を送るようになりました。

 

女性らしくしていないといけない。
姉らしくしていないと、妹らしくしていないと、娘らしくしていないといけない。
そんな事を考える度に感じる嫌悪感。
娘として産んでくれた母を恨んだこともあります。


心は男なのに、体は女。
こんな変な子供で産まれてきてしまったことに嫌悪感だけしか感じられなくなり、一層のこと自分なんか居ない方がいいんだと考え、命を絶とうと思い、自傷行為に走ったこともあります。
不登校生活を送り、自傷行為をしている中で、人と関わることが怖くなり、人目を気にして生活をしてきたこんな自分ですが、今は世界が180度変わり、自分らしく、ありのままでいられる生活を送っています。

 


人前に立つことすら嫌で、人と話すこともままならく、手が震え、ドキドキが止まらなかった昔の自分には想像もしていなかった世界が今、運営メンバーの皆との出会い、セクマイ関係の人達と出会ってから変わったんです!

 

自分と同じ人がいる。


このことで、自分は一人なんかじゃないと感じ、人との出会い、人と話すこと、一緒に笑うこと、今の自分はそれが楽しいです。


そんな気持ちを、勇気を分けられたり、そして、悩んでる人が笑顔になる手伝いをしたいと思っています。

僕が母にカミングアウトした時、母は戸惑い祖母に相談をしたと後から聞かされました。
その時、祖母が母に言った言葉が、僕は今でも忘れません。というか、忘れられません。

「あの子に変わりはないとだけん、よかたい。」

 

心は男で、体は女でも自分は自分なんです。
人として変わりはないと思うんです。
肌の色が違えど、話す言葉が違えど、障害があっても
「人」として変わりはないと僕は思ってます。

 

 

パレードの意味は?何のためにあるの?
と、良く質問があります。
僕は、知ってもらうきっかけ、同じセクシャリティの人との出会いの場の1つだと思います。
そして、笑顔が増えるいいイベントだと思ってます。
当事者だけのイベントではない!


どんな人でも、参加できるイベントです。


ありのままの自分で、楽しんで、笑顔が増える1日になってもらえれば、幸いに思います。

新着情報一覧へ