プロジェクト概要

ラグビーボールを使った遊びを日本中に広め、子供たちの笑顔をつくりたい!

そのために全国でラグビー運動会を開催します!!


はじめまして!私たちは、これまで選手やファンとしてラグビーに関わってきた経験から、より多くの子どもたちにラグビーに触れて、ラグビーを好きになって欲しいと考えてきました。

 

今回、その想いをひとつのカタチにするため、全国の小学生を対象に、ラグビーボールを使って遊ぶイベントの開催準備を進めています。


しかし、メンバーが全国いろんな会場に出向いて行く交通費が不足しており、想いの全てを叶えられない状況にあります。数多くのイベント開催を実現させるために、皆様のご支援をお願いいたします。

 

(プロジェクトメンバー)

 

プロジェクト発足のきっかけは、

子ども達の溢れる笑顔と人間的な成長を目の当たりにしたこと。


早稲田大学のラグビー部で選手として4年間活動していたプロジェクトメンバーの2人が小学生のラグビーチームを指導した時、子どもたちがラグビーを楽しむだけではなく、人間的に成長していく様子を目の当たりにしたことが、プロジェクト立ち上げのきっかけになりました。

 

「相手が取りやすいボールをパスにはどうすればいいか」を必死に考える子ども達の姿を間近に見た時、単なる「ボール遊び」であっても、「ラグビーボール」が子ども達にとって大切なコミュニケーションツールの一つになると強く感じました。

(初めての楕円球に、子供たちは興味深々です!)

 

ラグビーボールは人と人をつなぐ、 ”コミュニケーションツール”です。


ラグビーは競技そのものの認知度は高い一方、「ルールが難しい」「危ない」といったイメージを持たれることが多く、一般の方にはラグビーの本当の魅力が知られていないのが現状です。

 

ラグビーには「One For All, All For One」、「No Side」の精神があります。自分がチームの勝利に貢献するにはどうするべきかを一人ひとりが考えプレーすること、真剣勝負のあとは敵味方関係なく相手を尊敬し合い、みんなが仲間になるところに大きな魅力があります。

 

競技の様々なところに「相手の気持ちを考える」「プレーを通して自分を表現する」といった要素があり、まさにラグビーボールがひとつのコミュニケーションツールとして、人と人とをつないでいると思います。

 

(前回のラグビー運動会の様子)

 

”ラグビー遊び”を通じて子ども達の個性を発揮させ、

チームで協力する楽しさを感じてもらいたい。


もちろん、初めてラグビーボールを触る子どもたちが、実際のラグビーをプレーするのは難しいので、今回はラグビーボールを使った「遊び」の数々を用意して、まずは、子ども達にラグビーボールに触れてもらう、ラグビーボールを身近に感じてもらうことを主眼においています。

 

ボール集め遊び、ボールキックリレー、シューティングゲームなど簡単な遊びばかりですが、それぞれにチーム、協力、フォローなどのラグビーエッセンスをたくさん散りばめて設計しました。

「仲間に声をかけられる」「寡黙だけどプレーでチームに貢献しようとする」など、子ども達が持つそれぞれの個性を発揮しながら、チーム対抗でラグビー遊びを行います。

 


(ラグビーボールを持って、おもいっきり体を動かします!)

 

バンザイ同盟と一緒に「No Side」を体感!

 

このプロジェクトには、早稲田大学パフォーマンスサークル「バンザイ同盟」がメンバーの一員となって、子ども達を盛り上げていきます。

 

700種類あるバンザイの中から、とっておきの演技・秘技・妙技?で子ども達を盛り立てていきます。

そして、ラグビー遊びを終えた後、みんなが一つの円になり、参加者全員が一緒になってバンザイ三唱し、「No Side」の精神を体感してもらいます。

 

 

いずれは、ラグビーに関わる人をもっと増やしたい!


今回私達のミッションは、あくまでもラグビーボールを通じたコミュニケーションを楽しんでもらい、子ども達が笑顔になってもらうことだと思っています。

 

ただ、私たちの大好きなラグビーにもっと多くの子どもたちが興味を持ってくれるきっかけとなって、将来、選手やファンとしてラグビーに関わってくれるようになるとしたら、こんなに嬉しいことはありません。最終的には2019年のラグビーW杯開催、そして、それ以降に向けて、今回のプロジェクトがラグビーというスポーツの普及に役立てばと願っています。

 

(円陣を組む子ども達の腕に力が入ります!)

 

イベントを無事実現させるために・・・


以上のような想いからプロジェクトを立ち上げ、ここまで準備を進めてきました。さまざまな施設、団体などと話し合いを重ね、現在10月~11月にかけて、関東近辺のみならず岩手県釜石市など、全国5~6箇所へ出向いて行くことを計画しています。

 

しかしながら、今回はラグビーに全く関心が無い子どもたちを対象としていることもあり、イベントの参加費は無料で開催します。そのため、メンバーの交通費が大幅に足りない状況にあります。今回はその一部をREADYFORで皆様にご支援いただければと思っています。


皆様のご支援をよろしくお願いいたします。

 

 

 

引換券について

 

A:サンクスレター

間島陸・菱田広大から出資頂いた皆様にお礼のお手紙を送らせて頂きます。

 

B:リストバンド

 

C:ステッカー詳細

「The Sticker Family」
2枚一組でプレゼント
・Rugby Father/Man1枚
・Rugby Mother/Woman1枚


(提供)The Sticker Family Japan 合同会社
http://www.thestickerfamily.jp/

 

 

D:イベントの詳細

2019年W杯、2020年オリンピック出場を目指す、

若手ラグビー選手による「トークイベントショー招待券」。

※Ready Forで出資頂いた方限定イベント(先着30名様まで)

1ドリンク+おつまみ付き 

 

■開催日:2月15日(日)※予定 ※開催予定日が変更になりました!

(日時・詳細が決定次第、随時掲載致します)

■開催場所:「ノーサイドクラブ」

〒171-0033 

東京都豊島区高田馬場3-10-22キャッスル安斎ビル2階(高田馬場)

■出演者(※急遽変更の可能性もありますのでご了承ください)

★藤田慶和(早稲田大学ラグビー部所属)

★垣永真之介(サントリーサンゴリアス所属)

★中村知春(女子セブンス日本代表キャプテン)

★富田真紀子(女子セブンス日本代表)

 


最新の新着情報