みなさん、こんばんは。
いよいよ当プロジェクトの募集期間も残り 48時間 となりました。
達成率は 169% になりました。ありがとうございます。

さて、本日は以前から話のあったエリアに田圃の確認をしてきました。
休耕田になって、それなりの時間が経っているとのことで、かなりドキドキして現場に向かいました。


 

こんもりと背の高い雑草が生い茂っております。
周りには住宅地が広がっているので、秋~冬にかけて野焼きをするわけにはいきません。

 むむっ、どうしたものかね。

との思いが頭をよぎります。

 

けっこうしっかりと荒れています^^;


 

でも、足下は固い。
それに暗渠排水もあるし、排水路にも問題がなさそう。
さらに、揚水はコックをひねれば間違いなく水が出て来ます。

さらにさらに、周囲の田圃を確認すると水持ちは随分と良さそうです。

これなら、上手くいけば3年もかからずにしっかりとした収穫が見込めそうです。

足下も固いので、大型草刈り機を利用することも出来そうです。

大型草刈り機なら雑草を粉砕するので、野焼きをする必要もありません。
さらに、もし補助金申請が通れば、圃場整備をして4枚(約3500㎡)の田圃を2枚、または1枚にすることも出来そうです。

ちょっと農道が狭いので、刈り取り時期に籾運搬トラックを横付けするのが大変かも知れません。が、それは些細な問題。

というわけで、市役所と農業委員会へと足を運んで、さっそく相談をしてきました。

新着情報一覧へ