ページをご覧いただきまして有難うございます。クラウドファンディングの挑戦に際しまして、紙幅の関係で説明ができなかった、私たちが普段行っている事業の紹介もさせていただけましたらと存じます。

 

私たち桜島ミュージアムは、桜島全体を博物館ととらえ、桜島の自然・歴史・文化の調査・保存・展示活動を行い、また火山や防災の教育普及や啓蒙活動につとめています。

 

桜島ビジターセンターの運営と来訪客の増加

桜島ミュージアムでは、設立当初より桜島をテーマとしたイベントを通して、着地型観光に取り組んできました。島内の事業者と協力しながら徐々に受入れ態勢が整い、2009年から桜島ビジターセンターの指定管理を受け、火山の博物館としての機能をこれまで以上に充実させることから、桜島全体の観光情報の提供、桜島らしいお土産品が購入できる売店などを充実させることで、年間約6万人の来館者を約10万人とこれまでより約1.7倍に増加させることができました。

 

桜島ビジターセンターの様子。

 

 

 

体験プログラムの提供と観光情報の集約化

これまでは観るだけの観光コンテンツしかなかった桜島を、体験できるプログラムを充実させることで、年間約2,000~3,000人程度のお客様に今までにない形で桜島を楽しんでいただけるようになりました。

 

情報の集約に関しては、2010年に「みんなの桜島協議会」を設立し、着地型観光の窓口の整備と集約されていなかった桜島の観光情報をポータルサイト「みんなの桜島」にまとめることで、桜島に訪れる人が桜島の情報をアクセスしやすい環境を作りました。

 

↑画像をクリックするとサイトへ移動します。↑

 

椿油を活用した商品開発

桜島の特産品である椿油は、2009年から販売を開始し、2017年には、ハンドクリームなどの新商品を開発し、天然素材である桜島のつばきを通じて、より多くの方の暮らしを少しでも豊かにできるよう、鹿児島県内に限らず、東京や福岡などの都市圏での販売に向けた営業を行っています。ゆくゆくは椿油が桜島で一つの産業になるよう体制を整えています。

(参考)桜島のつばき

 

鮮やかな鹿児島の椿です。是非サイトをご覧になり、商品をご覧ください。

 

 

NPO法人として、地域の方々と一緒に様々な活動を行っておりますが、ここではその一部を紹介いたします。

 

他にも、様々な事業を実施しています!詳しくは下記リンクでもご紹介しておりますのでぜひご覧ください。

 

リンク:桜島ミュージアムとはー情報満載!桜島観光ポータルサイト みんなの桜島

 

 

そして新たな事業となる、桜島の玄関口である桜島フェリーターミナルにカフェをオープンする事業もスタートします。是非、このOPENを皆様で盛り上げてください!

 

クラウドファンディングプロジェクト本文に戻る

 

新着情報一覧へ