こんにちは、皆さん「じゃばら」という果物はご存知でしょうか?

 「じゃばら」とは和歌山県北山村を原産とする、ユズやスダチのように酸味の強いかんきつ類です。

 「邪気を祓う」がその語源ともされ、そのまろやかな酸味と独特の苦みは、村では昔から縁起物として正月料理には欠かせないものでした。

 以前はそれほどでもありませんでしたが、近年、花粉症などのアレルギー作用を抑制するとされるフラボノイド類のナルニチンという成分が「じゃばら」の果皮や果汁に多く含まれていることから注目されつつある果物です。

 

 

 

熊野鼓動では注目される前から「じゃばら」の果汁を使ったドリンクを製造しており、今回、1万円ご支援頂いた方へのリターンとして、じゃばらドリンク2種類とじゃばらポン酢をセットにしたものを追加させていただきます。

 

 

1、じゃばらドリンク (275ml×1本)

原材料:砂糖(北海道産てんさい糖)、じゃばら果汁

水や炭酸水で3~5倍に希釈してお飲みください。

さっぱりした酸味と鼻がスッとする香りが特徴です。

 

 

2、飲む果実酢じゃばら (275ml×1本)

原材料:はちみつ、じゃばら果汁、リンゴ酢

砂糖を使用せずにはちみつで甘味をつけました。じゃばら果汁とリンゴ酢のフルーティな味わいです。水や炭酸水で3~4倍に希釈してお飲みいただいたり、ドレッシングの材料としてお使いいただけます。

 

 

3、じゃばらポン酢 (275ml×1本)

原材料:国産丸大豆しょうゆ、純米酢、じゃばら果汁、ゆず果汁、砂糖(てんさい糖)、昆布、鰹、食塩、鮎だし

じゃばら果汁をたっぷり使っていますが、酸っぱ過ぎないまろやかなポン酢です。

羅臼昆布と鰹の焼節を煮出してとった出汁の味が効いています。隠し味に熊野川の天然鮎の出汁を使っています。

 

これらは本プロジェクトの実行者であり、かつ、熊野鼓動の工場長でもある安原克彦が自信をもってお届けできる品物です。

 

新着情報一覧へ