プロジェクト概要

 

三潴正道先生の古希、皆さまと共に盛大なお祝いをしたい。

 

ページをご覧頂き、ありがとうございます。

 

三潴正道先生の古希をお祝いする会です。私たちは先生が立ち上げられた「而立会」の有志メンバーです。

 

今回のプロジェクトは、先生が関わってきた全ての方々を、ひとつにしたいという想いから立ち上げました。

 

ひとつになることで、先生をより応援することができ、中国語翻訳と教育の研究もより発展していくと考えております。

 

三潴正道先生は、今年古希を迎えます。

 

この記念すべき年に、先生の教えを受けた何千人という人々で、先生を祝う気持ちで緩やかで大きな輪を作り、先生の古希を記念する文集の出版を目指します。

 

最近行われた編集会議の一コマ

 

 

三潴正道先生の口癖「三潴後」。

 

「而立会」は、十五年前に三潴正道先生によって立ち上げられました。

 

徐々に活動も広まっていき、2010年、而立会は「NPO法人日中翻訳活動推進協会」に発展しました。(「而立会」という呼び名は、現在も通称として使われています。)

 

現在は、理事長である三潴先生のもと、さらに活動の幅を広げています。

 

而立会の活動は、多くの人が分担し、先生の後継としてレベル30運営・翻訳活動などをおこなっています。

 

そして、活動を通して、「中国語を教えたい」「翻訳者になりたい」など、一人ひとりが持つ夢を実現していくことを目標にしています。

 

先生自身も、口癖のように「三潴後」ということを言い、やがて「レベル採点から引退して中国時代小説を書く」のが夢だと、いつもおっしゃっています。

 

また、先生はいつも周りの方々に真剣勝負でぶつかってくださり、私たちもそんな先生の姿勢にいつも心動かされております。

 

三潴教授とともに多くの教科書を世に出してきた古屋会員

 

 

三潴正道先生古希の記念書籍、皆さまをつなぐ一冊。

 

今回、先生の古希のお祝いをきっかけに、今まで先生に関わってくださった皆さまをつなぐ一冊を作りたいと思っております。

 

Web上で記録をまとめ、皆さまに共有させていただくこともできましたが、それでは意味がない。Web上の記録よりも、一層重みのある紙の本を出すことで、弟子達の業績もまとめて形あるものにまとめたい!

 

また、そんな記念本を『みんなで』作り、緩やかで大きな輪を作りたいという想いから、今回クラウドファンディングで記念書籍を作ることにしました。

 

そんな想いを持って、プロジェクトが成立した暁には、3人の編集・運営担当、8人の執筆者、そして三潴正道先生と、この記念書籍を作ろうと準備をしております。

 

もちろん、皆さまにご支援をいただき作り上げる、というだけでなく、ご支援者さまのお名前を書籍に入れさせていただくことで、より一層『みんなで』ということを大事にしたいと考えております。

 

 

 

全く新しい「楽しめる記念書籍」を作ります。

 

皆様から頂いたご支援で、ただの「記念論文集」を超えた、「面白く」て「知識も得られる」内容の記念書籍を出版します。

 

また、記念の品として大切に保存し続けていただきたく、以下のような仕様にする予定です。

 

◆ 仕様 ◆

・コンパクトなA5サイズ

・内容たっぷり約200ページ

・型の崩れにくいハードカバー

 

◆ 今回製作する書籍の内容 ◆

 

【第一分野】

日中異文化関係の文章『吉川英治と金庸』『梅と桜』

 

【第二分野】

・チャイナウォッチングコラム

・「現代中国放大鏡」から抜粋、「遺跡発掘」「中国の環境問題」

・「チャイナネット日中面白文化考」より抜粋

・「中国庶民生活」など

 

【第三分野】

・中国白話書面語「レベル30」に関する研究成果

・論文およびワーキングペーパ―数本を予定

・三潴正道略歴(日中関係年表と対照)

・三潴正道業績一覧

 

【第四分野】

・而立会・学会関係

・「金丸邦三先生を偲ぶ」

・陳玉雄論文「中国における『民間貸借』の発展とその論理」

・西暢子研究レポート「A是一个B」

・記事翻訳「人民日報が報道した三潴教授と『レベル30』」

・エッセイ数本(而立会内外の親しい人々による)

 

【最後に】

支援してくださった皆さまのお名前

 

 

既刊書籍から三潴教授の文章を抜き出す作業中

 

 

皆さまのご支援ご協力をお願いいたします。

 

このプロジェクトを機に、三潴正道教授を取り巻く全ての方々と繋がり、ひとつのコミュニティになればと思っております。

 

而立会の方だけでなく、麗澤大学はじめ各大学、企業さまなど、三潴先生の「レベル30」を体験された皆さまや、まさに現在「レベル30」体験中の、あるいはこれから体験したいとお思いの皆さま。

 

いまは互いに顔の見えない関係ですが、このプロジェクトを通して、ゆるやかで大きな輪を作っていきましょう。

 

ぜひ、ご支援をよろしくお願いいたします!

 

 

 

プロジェクトメンバー紹介

 

●高崎由理

翻訳者、国語講師
中→日翻訳ユニット「N組」代表
NPO法人而立会副理事長・事業部長

三潴先生に初めてお会いした時、先生はやっと而立を過ぎたばかりのお若さでした。その先生が古希ということは、あの日大学二年生だったわたしは一体? 今日までうかうか過ごしてきた私も、古希までには翻訳者として自立したいと思います(遅い)。古希をお祝いする記念書籍で、三潴先生への感謝の思いを表したいと思います。

 

●古屋順子

フリー編集者、中国語講師
NPO法人而立会理事

三潴先生は、翻訳の難しさと楽しさを教えてくださる恩師でもあり、フリーランスになってから何度もお仕事をくださるありがたいお客様でもあります。この輪をもっと広げるお手伝いができれば嬉しいです。

 

●井田綾

中国語講師、翻訳者
りんずプロダクション代表
NPO法人而立会理事

三潴先生は長年、労を惜しまずご研究に人材育成に情熱を傾けてこられました。三潴先生を中心として、いまや中国語教学、翻訳活動、指導者育成、ビジネス現場、国際交流など様々な人的ネットワークが広がっています。点在する個だった私たちが有機的な活動を行えるようになった今、この「お祝いする会」の記念書籍で三潴先生への感謝の思いをお届けしたいと思います。

 

●船山明音

三潴正道先生の「論説体中国語読解力養成講座」受講者

而立会(日中翻訳活動推進協会)会員

三潴先生ご著書の『『人民日報』で学ぶ「論説体中国語」翻訳スキル Ⅰ』編集に参加させていただきました。記念文集の出版を通じて、三潴先生を囲む人の輪がますます広がることを願っています。

 


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)