バルーンやドローンで空から眺めると、本当に美しいこの国の地方から、様々な方の素晴らしいチャレンジをお伝えする事で、新しい時代への「希望」の息吹を感じられる全く新しい「メディア」を創出したい!そんな願いから、今回のプロジェクトは5/16よりスタートしました。

(気が付けば、締切まで残り4日!)

 

 ドローン空撮で見渡せる範囲を「里の国」と私たちはネーミングしていますが、その「里の国」をベースに新しい社会の姿を描いてみたいと考えています。そう、「ふるさと」が原点なのです。

 

 各地に広がる「里の国」=「ふるさと」は新しいフロンティアとしての未来への可能性に溢れていると感じます。合理化が進む都市部での雇用の減少を、「里の国」で吸収できる可能性も高いと考えています。また、「里の国」ではプレミアムなサービスを提供できると同時に、食料やエネルギーのある程度の自給も可能では、と考えています。何よりも見渡せる範囲を自分たちの「ふるさと」として愛せる事が、全ての基本として大切なのではと感じています。

 

 

 岩手県の遠野市ではNext Commons Labという注目すべきプロジェクトが行政と企業を巻き込みスタートしました。「ポスト資本主義」を掲げて起業家を育成するこのプロジェクトはベーシックインカムを採用した日本でも珍しい取り組みかと思います。

 

 私たちも、「次の時代のフィールド」を想定したメディアで、エコカーや小水力発電、さらには安心素材のオーベルジュまで、全方位の「希望」をお伝えできるメディアを具体的に創出したいと願っています。

 

 普通の人が普通に暮らせる「ふるさと」を夢見て、熱意ある方々の取り組みを原動力に、確かなカタチにして参ります!

 

 昔の人は小高い丘の上から国見をしたと言われますが、見渡せる範囲としての「里の国」が新たな「ふるさと」として愛されるようになれば、教育も福祉も文化も、さらには本来の都市の姿や、安全保障の新しいカタチまでが見えて来ることでしょう。

 

 透析生活も15年を越え、現在48歳の私ですが、残された時間をこのプロジェクトに捧げたいと願っています。今後とも変わらぬアドバイスとご支援を、どうぞ宜しくお願い致します!
 ↓ ↓ ↓
(残り4日!)

 

  (株)ふるさとカンパニー&NPO法人エシカルジャパン
    代表:高橋義和

  福岡県直方市植木1180-7Sail On内

    TEL 0949-52-8087

新着情報一覧へ