READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
成立

患者は家族|寄り添い続ける為、遠隔診療と換気システム導入へ

患者は家族|寄り添い続ける為、遠隔診療と換気システム導入へ

支援総額

5,965,000

目標金額 2,000,000円

支援者
234人
募集終了日
2020年12月11日
プロジェクトは成立しました!
9人がお気に入りしています

終了報告を読む


9人がお気に入りしています
2020年11月29日 15:05

【対談リレー#6】金 看護師×重城先生(プロジェクト発案者)

 

 

皆様こんにちは。西新井病院クラウドファンディング事務局です。温かいご支援、心強い応援のコメントを、ありがとうございます。

 

さて、本日は、対談リレー6弾のご紹介です。

 

今回のプロジェクトを発案された重城先生と、西新井病院看護師副主任 金 正淑さんの対談です。

 

▼ 目次

 

|適切なゾーニングを行い、院内感染を起こさないように。


|刻々と変わる状況。迫り来る不安。


|温かいご支援を受けて。

 

 

 

|適切なゾーニングを行い、院内感染を起こさないように。

 

重城先生:今日は、救急外来とハイケアユニットを担当していただいている金さんにお越しいただきましたけれども、まずお仕事の内容について簡単に説明していただいてもいいですか?

 

金看護師:救急外来では発熱のある患者さんと発熱のない患者さんそれぞれ夜間日中問わず対応をしています。ハイケアユニットでは主に発熱を主訴に救急外来へ来院し、入院加療が必要な患者さんが新型コロナのPCR検査を行い結果が出るまでの経過をみるセクションです。PCRの結果を待って陰性であれば一般病棟にご入院いただくように誘導しております。

 

 

重城先生:なるほど。陽性だった場合はどのようにご対応しているのですか?

 

金看護師:今までは救急外来で発熱対応するレッドゾーンで、コロナ抗原の検査を施行し陽性であれば、その時点で収容可能な病院に移っていただいておりました。

 

重城先生:抗原検査をすると、抗原がネガティブの場合はほぼPCRもネガティブの場合が多いということですよね。抗原が陽性であっても必ずしもPCRも陽性であるわけではないけれども、抗原が陰性であればまず大丈夫という考え方ですか?

 

 

金看護師:いいえ。油断は出来ません。中には救急外来でコロナ抗原検査結果が陰性で、肺炎ということでご入院され、PCR検査結果が陽性だった事例が何例かありました。

 

重城先生:つまり、発熱ということで線引きをしていて、発熱がなければ普通の救急外来で、発熱があればHCU(ハイケアユニット)でワンクッションおいて、PCR検査結果を待つということですね。

 

金看護師:はい。そうです。

 

 

|刻々と変わる状況。迫り来る不安。

 

重城先生:始めのうちは、西新井病院では受け入れておらず、搬送していたのだけど、今は少し状況が変わりましたか?

 

金看護師:そうですね。コロナ抗原陽性で入院加療が必要な患者さんが転院されるとなった時も、当初は現場が混乱していました。転院先がなかなか決まらず、救急車内で4時間待機なども何度もありました。それには、現場のスタッフがすごく困っていました。

 

 

重城先生:今のご状況はいかがですか?
 

金看護師:そうですね。今都内でコロナの陽性患者数がかなり増えてきていて、当院でもコロナ陽性患者さんの受け入れが始まりました。

 

 

重城先生:変化について、スタッフの皆様も、受け入れるようになって不安が強かったりされる方もいます?

 

金看護師:そうですね。臨床経験のない治療を行うので、聞きなれない薬を扱うこともあり、経験が若いスタッフは戸惑っています。みんな揃って勉強会やレクチャーを行う時間を何度も取れないため、申し送りなどでしっかりと情報共有をはかっています。

 

重城先生:なるほど。そのような情報共有をされることで不安を解消されているのですね。

 

金看護師:はい。未知の感染症に対する恐怖、不安もありますが、患者さんが一日でも早く退院し日常生活を送れるようスタッフ一丸となって看護しています。

 

 

 

|温かいご支援を受けて。

 

重城先生:現在クラウドファンディングに挑戦しております。たくさんの方のご支援、かなり高額なご支援もいただいております。我々を応援してくださっている方々もたくさんいらっしゃります。このような取り組みに対するご感想はありますか?

 

金看護師:クラウドファンディングをやっていることは、耳にしておりました。第一目標を達成して、大変ありがたく感じています。私たちもより良い看護が出来るよう頑張ってまいります。第二目標に向かっての引き続きの暖かなご支援をよろしくお願いいたします。

 

 

事務局員の思い#2:西新井HC病院 事務長補佐 藤田 竜治事務局員の思い#3:成和クリニック 副事務長 長谷川 敬洋
一覧に戻る

リターン

10,000


alt

10,000円のご支援

・お礼のメール
・活動報告書

支援者
131人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年2月

30,000


alt

30,000円のご支援

・お礼のメール
・活動報告書
・HPにお名前記載(ご希望者のみ)

支援者
32人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年2月

50,000


alt

50,000円のご支援

・お礼のメール
・活動報告書
・HPにお名前記載(ご希望者のみ)

支援者
7人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年2月

100,000


alt

100,000円のご支援

・お礼のメール
・活動報告書
・HPにお名前記載(ご希望者のみ)
・院内ポスターにお名前記載(ご希望者のみ)

支援者
8人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年2月

300,000


alt

300,000円のご支援

・お礼のメール
・活動報告書
・HPにお名前記載(ご希望者のみ)
・院内ポスターにお名前記載(ご希望者のみ)

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年2月

500,000


alt

500,000円のご支援

・お礼のメール
・活動報告書
・HPにお名前記載(ご希望者のみ)
・院内ポスターにお名前記載(ご希望者のみ)


支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年2月

1,000,000


alt

1,000,000円のご支援

・お礼のメール
・活動報告書
・HPにお名前記載(ご希望者のみ)
・院内ポスターにお名前記載(ご希望者のみ)


支援者
2人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年2月

3,000


alt

3,000円のご支援

・お礼のメール

支援者
53人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2021年2月
プロジェクトの相談をする