READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
NEXT GOAL挑戦中

【摂大生の学びの場を守ろう】私たちにできるコロナ対策支援

摂南大学校友会

摂南大学校友会

【摂大生の学びの場を守ろう】私たちにできるコロナ対策支援
支援募集終了日までに集まった支援金をプロジェクト実行者は受け取ります(All-or-Nothing方式)。支援募集は10月6日(火)午後11:00までです。

支援総額

1,560,000

NEXT GOAL 3,000,000円 (第一目標金額 1,000,000円)

156%
支援者
99人
残り
6日
99人 が支援しています

応援コメント
平森 充洋
平森 充洋12時間前頑張ってください!頑張ってください!
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
6お気に入り登録6人がお気に入りしています
支援募集終了日までに集まった支援金をプロジェクト実行者は受け取ります(All-or-Nothing方式)。支援募集は10月6日(火)午後11:00までです。

6お気に入り登録6人がお気に入りしています

プロジェクト本文

第一目標達成の御礼とネクストゴールについて

 

この度は皆様の温かいご支援のおかげで、第一目標額の100万円に到達することができました。本当にありがとうございました。

母校へのコロナ対策支援として微力ながらの応援目標額ではありましたが、何より皆様の応援メッセージが現役生への励ましとなり、またこの活動のさらなるエネルギーとなりました。

 

この応援をより充実した形へ発展させたく思いますので、ネクストゴールとして目標金額を新たに300万円と設定させていただきます。衛生物品の数量を増やし、より対策に必要な商品を補充できればと考えております。

 

引き続き卒業生皆様の力強い応援をいただけますよう、よろしくお願いいたします。

 

摂南大学校友会(2020年8月18日追記)

 

現役生のために、卒業生ができること。摂大生に必要なコロナ支援を!

 

ページをご覧いただき、ありがとうございます。摂南大学校友会です。

 

 

今、世の中は大きな新型コロナウイルスの渦に巻き込まれ、これまでの日常にさまざまな制限がかかり、あたり前であった日常が大きく崩れ、社会に多大な影響が出ています。私たちの母校である摂南大学でも、人生において大切な時間である学生生活に大きな影響が出ており、普段は活気あるキャンパスもひっそりと静まり返っている状況です。

 

このようなキャンパスにこれまでの日常を取り戻していけるように、私たちに何かできないだろうかと考え、今回、クラウドファンディングを通じてご支援を募り、学内での新型コロナウイルス感染予防をサポートするための衛生物品を大学に寄贈することを決めました。

 

大きなことはできなくとも私たちには母校を愛する仲間、大きな絆で結ばれた数多くの卒業生がいる。この校友に呼びかけ、小さな力を結集することで、少しでも摂南大学そして学生の力になれるのでは、と考えております。

 

このクラウドファンディングを通じて、今こそ卒業生の力、校友の絆を結集し、活気あるキャンパスを取り戻していくための力になれればという思いです。

皆様の温かいご支援をどうぞお願いします。皆様のご支援が学生たちの安心安全な大学生活に反映されていきます。

 

 

 

衛生物品による感染予防で、安心して大学生活を送って欲しい。

 

現在、大学では遠隔授業を行っていますが、今後の状況を鑑みて、通常の登校しての授業に戻っていく予定です。その際、感染予防対策として、フェイスシールドやアルコール消毒液などの衛生物品が必要になってきます。

 

今回のクラウドファンディングでいただいたご支援は、大学が必要としている衛生物品を校友会で購入し、寄贈するための費用の一部にあてさせていただきます。

 

それらの物品を支援することによって、学生が登校してきた際に安心した学生生活を送っていただけるようにしていきたいと思っています。

 

大学には必要としている衛生物品を伺い、寄贈の受け入れ許可を得て、現在、少しでも早く寄贈できるように準備を進めています。寄贈予定の衛生物品は以下の通りです。

 

《寄贈予定の衛生物品》

・フェイスシールド5000個

・手指用アルコール消毒液330本 (500ml)

・清掃用アルコール消毒液300本 (500ml)

・ペーパータオル200セット (200枚入り)

・ディスポ手袋30セット (100枚入り)

・マスク30箱 (50枚入り)

・医療用使い捨てガウン220着

・除菌ウェットティッシュ10個 (100枚入り) など

 

皆様からのご支援では、上記の中で揃えられるだけの数量を手配し、目標金額を超えるご支援をいただければ、その分も追加で衛生物品を支援していく予定です。

 

 

校友会では、コロナの影響によって年内に予定していた事業はすべて中止をいたしました。それらにかける予定だった事業予算は全て大学へのコロナ対策支援として予算編成を組み替えており、大学へのサポートをできるようにしています。

 

摂南大学への支援金、衛生物品の支援、その他必要に応じてできる範囲で全力を尽くしております。今回のクラウドファンディングでいただく皆様からのご支援についても、その一環として行っております。

 

 

学生たちの抱える課題と現在の状況

 

新型コロナウイルスの感染拡大によって、大学、そして学生たちの生活にも大きな影響が出ています。今回のプロジェクトをきっかけに、今、学生が抱えている課題についてヒアリングしました。

 

現在、摂南大学では新型コロナウイルス対策として、学生の安全を第一に、遠隔授業を実施しています。遠隔授業によって、学びの機会は守られているものの、学生さんたちからはオンラインでやることによる大変さや課題が多く出ていることが意見として聞かれました

 

コロナの状況を見守りながらにはなりますが、学生さんたちが一日でも早く登校して対面で授業をできるように、私たちでできることを考えました。そして登校できるようになった際に、安心して安全なキャンパスライフを送れるように、お手伝いできればと思い、今回、衛生物品の支援を行っていくことにしました

 

【学生さんたちの声】

 

薬学部5年 藤澤 まり恵 さん

帰省している間に、このような事態になったため、実家の香川県に留まっています。

研究で、専用のソフトを使いますが、家のPCでは処理が進みません。

 

農学部1年 冨田 彰吾 さん

高校ではほとんどパソコンの授業がなく、春休みに買ったパソコンの初期設定を、スマートフォンで調べながらするところからスタートしました。履修登録などは、同じ高校から進学した友達と相談しながらできましたが、授業の課題・レポートは全部自分で調べながらやるしかなく、調べても分からない事が直接質問できない状況に困っています。高校と比べて授業科目の種類が多く、オンライン授業はそれぞれで毎回課題が出るため大変です。

 

外国語学部3年 薬師 円香 さん

コロナウイルスの影響で授業が全てオンラインになりました。外国語の授業も対面型の授業ではなく、資料を配られ、それに対する課題をだしています。このような状態なので語学力がどんどん下がっているように感じます。家で自己学習するのにも限界があります。通信環境を改善して、リアルタイムでの授業を受けたいです。

 

経営学部3年 清水 なつき さん

私は摂大祭実行委員会に所属しています。摂大祭実行委員会として活動するのは、今年で最後になります。コロナウイルス対策をし、安全に学園祭を実施したいと考えております。学園祭の実施ができるのであれば、入り口での検温器具、消毒用アルコール等を使って徹底した感染防止対策を行わなければなりません。

 

理工学部3年 倉橋 海 さん

私が所属している生命科学科は学年が上がるにつれて、学ぶ内容が濃くなります。それをオンラインの授業で理解しようとするとどうしても時間がかかります。なのでできるだけ対面式授業を行いたいです。皆さんご協力お願いします。

 

 

摂南大学学長よりご挨拶

摂南大学学長よりご挨拶

 

 

摂南大学 学長 荻田 喜代一

 

新型コロナウイルス感染症が猛威を振るい、社会・生活全般のさまざまな場面において、変革が求められています。本学においても、感染拡大防止の観点から、オンラインを活用した遠隔授業の導入はもとより、飛沫防止シートや手指消毒液の設置など、種々の対策を講じているところです。しかしながら、継続的に対処していくためには、さらなる財政確保が必要となってまいります。
このような中、摂南大学校友会におかれ、新型コロナウイルス感染症対策支援を目的に、クラウドファンディングを活用したご寄付を募られることは、感謝とともに大変心強く感じております。

この趣旨に多くの校友の方々にご賛同いただけることを祈念しますとともに、引き続き、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

 

 

卒業生より応援メッセージ

 

山口 昌男(摂南大学校友会 会長) 

摂南大学校友の皆さま

新型コロナウイルス対応の中、皆さん元気にお過ごしでしょうか。校友の皆さんにおかれましては、様々なご職業につかれ、大小に関わらず新型コロナウイルスの影響を受けられておられると、心よりお見舞い申し上げます。

さて、昨年度は本会創立40周年の記念総会を盛大に開催でき、多くの校友の皆さんのお顔を拝見し懇親を深めることが出来ましたが、社会的にコロナ禍の影響が続いていることから、今年度の摂南大学校友会総会、各ブロック総会等は、3密を避け、校友並びに関係各位の健康と安全を最優先し、理事会全会一致で中止とさせて頂きます事をまずはご報告致します。

今年度は、会わずとも校友間の心を繋ぐ事業として未実施とした事業予算を微力ながら学生支援へ投入していきたいと思います。具体的には、学園全体で開始致します「コロナ対策学生・生徒支援募金」への寄付により、摂南大学現役学生に対して有効な衛生機器購入費として使用して頂くものと致します。また、今後は、マスク、消毒液等の衛生に関する消耗品を現物寄付致します。更に学生のみならず、校友の皆さんの中にもご苦労されている方も存在する中、これからの不測の事態や校友会事業の拡大に充当できる資金として常時確保できる体制を確立していく為に摂南大学と校友会が連携して、微力ではございますが、『応援文化構築』事業の一環として、新たに援助金制度を開始致します。

今回の趣旨を十分に理解して頂き、一人でも多くの校友の皆さんより支援して頂き、より多くの学生並びに校友の皆さんへのサポートとして活かして行きたいと思います。

 

 

澤井 宏文(大阪府松原市長) 

これからの人生のために大切な経験のできるはずの大学生活が、新型コロナウイルスにより大変不安なものとなっているでしょう。しかし、どのような時にでも今できることを考え、前向きに捉え動いていかなければなりません。
この度、校友会により『摂大生の学びの場を守ろう』と、新型コロナウイルス対策支援クラウドファンディングが立ち上げられました。在学生の皆さんが安心して大学生活を過ごすことができるよう、卒業生として応援しています。

 

 

藤田 元治(徳島県美馬市長)

人生において非常に大切な学生生活、人との出会い、学び、楽しみ、苦しみ、いろいろな経験を積み重ね大きく成長しようとする今、このコロナ渦で様々な制限を受け大切な時間が失われています。

後輩たちに早く貴重な時間を取り戻してほしい、そのような思いです。
私もこのプロジェクトを応援しています。

 

 

塩尻 知己(公益財団法人 亀岡市環境事業公社理事長)

摂南大学の学生、保護者、教職員の皆さま、世界中に大きな不安をもたらしている新型コロナウイルス禍に対し、辛抱、創意、工夫による新たな日常を摂南大学が率先して創り出し、そして実践をすることにより、この禍に必ず勝つべく頑張りましょう。
校友の一人として、応援しております。

 

 

吉田 健史(ケイコン株式会社 取締役執行役員 建設事業部長)

アメフト部(ブルークラッシュ)のOB会長の吉田でございます。

今、社会において新型コロナウイルスの蔓延により、社会活動が制限されています。

学生たちもオンライン授業や課外活動にも制限を受け、生活にも大きな影響が出ています。摂大のOBである我々がその学生たちに支援を行っていきましょう。

皆様のご協力をよろしくお願い致します。

 

 

摂南大学について

 

摂南大学は、「人間力・実践力・統合力を養い、自らが課題を発見し、そして解決することができる知的専門職業人を育成する」ことを教育理念に掲げています。知的専門職業人とは、高度な専門知識を持ち、それを社会に生かすことができる人です。
そのために、国内外で高い評価を得ている研究者や社会の第一線での実績を持つ教員など、多彩な人材による優れた教授陣が、8学部と大学院6研究科間で相互に連携を図り、さまざまな角度から特色ある教育を行っています。

 

寝屋川キャンパス
寝屋川キャンパス(法学部・外国語学部・経済学部・経営学部・理工学部)

 

枚方キャンパス
枚方キャンパス(薬学部・看護学部・農学部)

 

 

摂南大学校友会について

 

 

摂南大学校友会は2019年に創立40周年を迎えました。
この記念すべき40周年にあたり、「応援文化」の構築を記念事業の基本コンセプトに定め、また学校法人常翔学園の「四位一体」の経営理念のもと、昨年度よりその具体的施策についての活動を進めております。


基本コンセプト:「応援文化」の構築~3つの柱~
1.「汗の文化」 ともに汗を流し目標を達成する力を養う文化
2.「知恵の文化」 知識や技術を支援し課題を解決する力を養う文化
3.「寄付の文化」 積極的に活動する団体や事業に対する資金応援の文化

皆さんを取り巻く環境は様々ですが、応援可能な文化に主体的に参画くださり、校友の皆さんの総合力で「応援文化」の構築を実現してください。
学生、保護者、教職員、そして卒業生が、「四位一体」となり、「応援文化」の構築を実現することが、母校の発展に寄与することとなります。
摂南大学校友会は昨年の創立40周年を節目に、未来に向けて更なるスタートとし活動を続けていきます。

摂南大学校友会は、卒業生をはじめ、摂大の在学生から諸先生方全てをひっくるめて、摂大を愛してくれる皆さんのための会です。ですから卒業生だけでなく、先生および在学生の皆さん全員を応援する組織です。
また、皆さんが「摂南大学」というキーワードで、ひとつにつながることができ、学部学科および年代・世代の枠を超えた「絆」を形成しています。

 

【校友会 役員】

 

 

 

◆リターン記念品紹介【マグバッジ】

 
校友会ファミリーバッジは、『絆』の文字をアレンジし、常翔学園の法人カラーである青藍ブルーを縦横斜めのラインに使用し、繋がりを意味します。その中の三つの三角や丸は、校友・在学生・保護者様を、そして摂南大学のユニバーシティカラーでオレンジの三角は、丸のオレンジ母校摂南大学へ向かっている校友を示します。 
大きさは 500円玉程度で洋服の襟に強力マグネットではさみ込むようになっています。 ゴルフのマーカーとしても使用できます。

 

*****

プロジェクトのリターンのうち、【お名前掲載】に関するリターンの条件詳細については、リンク先(https://readyfor.jp/terms_of_service#appendix)の「リターンに関するご留意事項」をご確認ください。

プロジェクトの詳細をひらく

プロフィール

摂南大学校友会

摂南大学校友会

摂南大学校友会は、卒業生をはじめ、摂大の在学生から諸先生方全てをひっくるめて、摂大を愛してくれるみなさんのための会です。ですから卒業生だけでなく、先生および在学生のみなさん全員を応援する組織です。 また、みなさんが「摂南大学」というキーワードで、ひとつにつながることができ、学部学科および年代・世代の枠を超えた「絆」を形成しています。

リターン

3,000

alt

・感謝のお手紙
・校友会マグバッジ1個

支援者
20人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年1月
このリターンを購入する

10,000

alt

・感謝のお手紙
・校友会マグバッジ1個
・校友会グッズ
・校友会HPにお名前掲載

支援者
58人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年1月
このリターンを購入する

30,000

alt

・感謝のお手紙
・校友会マグバッジ1個
・校友会グッズ
・摂南大グッズ
・校友会HPにお名前掲載

支援者
14人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年1月
このリターンを購入する

50,000

alt

・感謝のお手紙
・校友会マグバッジ1個
・校友会グッズ
・摂南大グッズ
・校友会HPにお名前掲載

支援者
4人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年1月
このリターンを購入する

100,000

alt

・感謝のお手紙
・校友会マグバッジ1個
・校友会グッズ
・摂南大グッズ
・校友会HPにお名前掲載

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送予定
2021年1月
このリターンを購入する

プロフィール

摂南大学校友会は、卒業生をはじめ、摂大の在学生から諸先生方全てをひっくるめて、摂大を愛してくれるみなさんのための会です。ですから卒業生だけでなく、先生および在学生のみなさん全員を応援する組織です。 また、みなさんが「摂南大学」というキーワードで、ひとつにつながることができ、学部学科および年代・世代の枠を超えた「絆」を形成しています。

あなたにおすすめのプロジェクト

学生の力で、文化活動・地域を盛り上げたい!とくと見よin兵庫

とくと見よとくと見よ

#イベント

0%
現在
0円
支援者
0人
残り
30日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ支援にすすむ

プロジェクトの相談をする