プロジェクト概要

 

ご支援の方法はこちら

 

〜白根大凧合戦とは〜

 

300年の伝統を誇る白根大凧合戦。畳24畳分の大凧が空を舞う、世界最大スケールの凧合戦。

 

それぞれの組が、半年以上の期間をかけ作った凧を、中ノ口川(川幅約80m)の両岸に陣取った東軍(白根側)と西軍(西白根側)に分かれ、数十人で凧を揚げるところから勝負は始まります。

 

空中の凧を絶妙に空中で絡ませ、その後自軍の凧綱と敵軍の凧綱を絡めて引き合い、相手の綱を切ると勝利になります。

 

「第1回新潟市民文化遺産」、「新潟県無形民俗文化財」にも指定されています。(「新潟市南区観光協会 – 白根大凧合戦」より)

 

 

来場者数13万人!
より多くの新潟県民に足を運んでほしい!

 

はじめまして、一般社団法人白根青年会議所の杉山聖奈です新潟市南区では、300年以上の歴史ある白根大凧合戦を運営しています。

 

また、この凧合戦をより長く、より多くの人に見て楽しんでもらうため、「お祭り広場実行委員会花火部会」を立ち上げ行政と民間の方達から力をお借りしながら、2007年に白根大凧合戦花火大会を始めました。

 

また、この合戦をより長く、より多くの人に見て楽しんでもらうため、「お祭り広場実行委員会花火部会」を立ち上げ行政と民間の方達から力を借りながら、2007年に白根花火大会を始めました。

 

大凧合戦は、13万人もご来場いただけるほどの大きな行事ではあるのですが、他の地域の方々にはまだ認知が低いのが現状です。知っていてもご来場いただけていない方も多くいらっしゃいます。

 

そこで私たち一般社団法人白根青年会議所では12年前より、昼間の大凧合戦だけではなく、夜も元気が出るようなイベントを行い、大凧合戦に来ていただくきっかけを作ろうと、白根大凧合戦花火大会を開催しました。

 

しかし、企業様からの協賛金のみで開催しているため、他の花火大会に比べると、規模も小さく毎年2000~3000人のみのご来場です。

 

そこで、大凧合戦の認知向上、新潟県内からの来場者数を増やすためのフックとして、他ではあまり見られない「音と光の融合する大型スターマイン」を打ち上げようと考えました。

 

今回は、クラウドファンディングを利用させていただき、皆さまと一緒にこの花火大会、大凧合戦を作り上げたいです。皆で新潟の6月を盛り上げましょう!ご支援よろしくお願いします!

 

 

 

大迫力!300年以上続く、白根大凧合戦とは。

 

新潟市南区を流れる中ノ口川(川幅約80m)の両岸から24畳の大凧を揚げ、空中で絡ませ川に落し、相手の凧綱が切れるまで引き合う勇壮な世界最大スケールの大凧合戦です。

 

 

畳24畳にもなる凧が空中に舞い、舞ったかと思えば今度は川に向かって一直線に落ち、空中で凧が絡む様子は大迫力です。また綱の引き合いの際に聞こえる濡れた縄が引っ張られて擦れ合い聞こえてくる音、その際に凧の骨になっている竹の割れる音など音でも迫力を感じます。

 

 

凧合戦では、凧の絵柄を眺めるのも楽しみ方のひとつで、江戸時代から続いている絵柄もあり、開催期間中には300枚にもなる様々な凧を楽しむことが出来ます。それぞれの組での絵の書き方や広告の書き方にも個性があり絵を見ているだけでも楽しめます。

 

 

また、2013年には、約300年の歴史を誇る白根大凧合戦はアメリカ(ワシントン州)の世界凧博物館に「殿堂入り」を果たしました。個人以外で認定されるのは初めてのことで、認定証の中で以下のように評価されています。

 

「白根(大凧合戦)は日本の文化イベントのリーダーであり、おそらく世界最大規模の凧合戦であろう。」

 

 

■白根大凧合戦

日時:2019年6月7日〜11日 13時〜18時

場所:新潟市南区白根・西白根 中ノ口川堤防上

主催:白根大凧合戦実行委員会

詳細:http://www.shironekankou.jp/tako/

 

 

 

南区活性化のカギは大凧合戦にあり!

 

白根大凧合戦は毎年約何万人もの方が、県内外しいては海外からお越しいただいているのですが、実は新潟県内では、大凧合戦を知らない方、知っているけど来たことがない方がまだまだ多いのが現状です。

 

その背景には、南区の立地にあります。南区は電車は通っておらず、バスしか公共交通機関がありません。また、大凧合戦以外で、中々観光などの魅力を伝えることができておらず、大凧合戦だけのためにわざわざ足を運んでいただけていないという事情があります。

 

南区には凧揚げ合戦以外にも魅力があります。フルーツのまちと言われるほど、ル・レクチェ(洋梨)や桃、梨、ぶどうなど美味しい果物が年間を通して食べられ、「新潟市アグリパーク」という施設で、地元の採れたての食品の購入や本格的な農業体験や食品加工体験が楽しめます。

 

しかし、これらも全国的な知名度があるわけではないので、私たち、青年会議所は白根大凧合戦を中心として、南区の魅力に触れるきっかけを作りたいと考えています。

 

 

 

初めての取り組み、
みんなでつくる「白根花火大会」開催!

 

これまでは企業様からの協賛金で花火を行なってきましたが、徐々に地元の方々からも個人で協力したいという声もたくさんいただくようになりました。

 

そこで、南区民、そして新潟県民の皆さまと共にこの花火大会を、大凧合戦を後押ししてもらいたいと思い、レーザーや音楽を使い、中々見ることのできない幻想的なオリジナル花火「音と光の融合する大型スターマイン花火」を打ち上げます。

 

これからもずっと続く、凧合戦、花火大会として皆様に愛される祭りになるように全員全力を尽くして参ります。

 


 

■第12回白根花火大会

日時:2019年6月8日(土)20:00〜21:00

場所:新潟市南区白根 中ノ口川堤防上

主催:お祭り広場実行委員会花火部会

 

※荒天の場合は中止になり、いただいたご支援は次年度の開催費用に充てさせていただきます。

 

 

大凧合戦と花火大会から、南区に触れるきっかけ作りを!

 

300年以上続く、白根大凧合戦の認知が低いというのは非常に悔しいです。1度足を運んでいただき、生でその迫力を感じてもらいたいと思っています。そのためにまずは、花火大会をきっかけとして、白根大凧合戦に足を運んでいただきたいです。

 

そしてそれが、南区の食、人、など地域の魅力に触れることに繋がれば、今後も南区に興味を持っていただくことができると思います。大凧合戦が南区を盛り上げる鍵となれるよう、青年会議所一同取り組んでまいりますので、どうか応援のほどよろしくお願いします!

 

 

 

資金使途

 

レーザー演出費用    630,000円
音響設備費用    270,000円
スターマイン花火放揚費    1,000,000円
必要金額合計: 1,900,000 円

 

※上記のうちの一部をクラウドファンディングで募らせていただきます。

 

リターンについて

 

■大凧・六角凧に名入れ

2019年の白根大凧合戦であげる凧にあなたのお名前をいれさせていただきます。

 

 

生ハム切り落とし

新潟市南区でしか生産されていない、幻の豚「夢味豚」の生ハム切り落としです。

 

 

■洋梨(ル・レクチェ)

高い糖度と滑らかな果肉、芳醇な香りで食味の良さが特徴の西洋梨です。

 

 

■アボカド

新潟市南区産の、長い冬を耐えた、旨味が詰まったアボカドです。

 

 

■プラム

一般的に流通しているプラムは平均50g〜70gですが、リターンとしてご用意させていただいたプラムは、200g前後ととても大きく食べごたえのある南区産のプラムです。

 


 

 

■新潟のプレミアム米「新之助」5kg

お米の日本一である新潟県が満を持して作り上げたお米の新ブランド「新之助」。豊かな甘味とコク、食感が魅力で冷めても美味しいお米です。

 

 

■越後ワイン(赤ワイン)

新潟市南区で栽培されたぶどうを使用した赤ワインです。

 

※お酒、飲料は20歳を過ぎてから
※こちらのリターンは20歳未満の方はご支援いただけません

 

 

※リターンは共同実行者(通信販売酒類小売業免許保持)である管理責任者から発送します

 

酒類販売管理者標識
販売場の名称及び所在地:
ローソン三条東三条店
            
三条市東三条二丁目19-5
酒類販売管理者の氏名:
菰田祐次郎
酒類販売管理者研修受講年月日:平成31年2月13日
次回研修の受講期限:平成34年2月12日
研修実施団体名:
日本フランチャイズチェーン協会

 


このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)