こんばんは!

 

しずモ」スタッフの吉田です。

 

4月から始めたクラウドファンディングへの挑戦ですが、ついに最終日まで片手で数えられるほどになりました。

現在102%、第二の目標まで約48万円です。

 

最後の最後まで、生産者さんのご紹介をしていきます。

ここでの更新で、一人でも多くの方に「静岡」や「食」の魅力、そして日々美味しいものを作っていらっしゃる生産者の方を知ってもらえたらと思っています。

 

本日の取材は、浜北区にあるこのお店です!

 

たくさんのうなぎは、目の前で見ると迫力があります!

 

お話を伺ったのは、『うなぎの井口』の、井口恵丞(けいすけ)さんです!

 

『うなぎの井口』さんは、うなぎの食事ができる飲食店ではなく、お持ち帰りに特化した販売専門店です。

 

お話を聞くと、

販売専門、その理由はこの浜松周辺の地域の「中食」文化が関わっていたり、開業した先代でありお父様の技術を守り続けた製法を続けていたり、守るだけでなく、より多くの人に、どんな人でも「美味しい」を提供できるような新しい形を模索したり……。

お客様、販売商品、そしてもっと大きな「食」という市場でどう進んでいくのか……。一つ一つのことに対して、真剣に、真摯に、そして謙虚に考えていらっしゃる井口さんのお話は、聞いていてこちらも心がじんわり、感じるものが多くありました。

 

この取材で感じたことを文字にして、文章にして、より多くの方にその魅力を知ってもらえるように、これから原稿を仕上げていきます!

 

残り5日ですが、やることは1つ。もっともっとこの思いを伝えるために全力を尽くすのみ。

最後まで応援いただけると嬉しいです。よろしくお願いいたします!

 

新着情報一覧へ