READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

世界のスラムを救うプロジェクト~スタートはインド学校建設

石川辰雄 / NPOレインボーチルドレン代表

石川辰雄 / NPOレインボーチルドレン代表

世界のスラムを救うプロジェクト~スタートはインド学校建設

支援総額

2,054,000

目標金額 1,500,000円

支援者
74人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
7お気に入り登録7人がお気に入りしています

7お気に入り登録7人がお気に入りしています
2014年05月14日 21:37

メーラトのスラム①

 

今回よりは、学校建設の舞台となるメーラトのスラムについての情報をレポートします。

 

まずは、メーラトの場所ですが、首都デリーの北東約60キロメートルに位置します。

インド北部のウッタル・プラデーシュ州の都市で、

メーラット、メラート、メールト、メールートとも表記されます。

人口は117万人

 

地図では赤く表示した首都デリーと目と鼻の先です。

上部のDharamsala(ダラムサラ)は、レインボーチルドレンのチベットプロジェクトの拠点です。(詳しくはコチラ

 

 

後にレポートしますが、スラムとは

「都市部で極貧層が居住する過密化した地区のことであり、都市の他の地区が受けられる公共サービスが受けられないなど荒廃状態にある状況を指す。世界中のほとんどの大都市にスラムがある。スラム街、貧民街などとも表現する。」

と定義され、都市部に存在します。

 

メーラトはインド16番目の都市で、首都デリーにも近く、

また遠くより戦略上、商業上の要所として発展し、スラムが形成されるに至ったと推察されます。

 

 

それでは、私が最初に受け取ったメーラトの写真をお見せしましょう。

 

衝撃を受けました。

 

たくさんのオーブに包まれた空間に、

びっしりとひしめく子どもたち。

 

 

ネルーさん(デリーのスラム学校の校長)よりのメールにはこうありました。

 

「タツオ、デリーよりもっと支援が必要なスラムがある。」

 

「それは、メーラトだ。」

 

 

添えられた写真をみていくと、

たしかに状況は最悪でした。

もう見慣れてしまったデリーのスラムが上等に見えるほど、

住環境も悪そうです。

 

デリーでは家にレンガが使用されていました。

ここメーラトでは、木材(というより木の枝?)と、

ビニールシートで家が建てられています。

 

 

「水道がないために水が原因の病気に子どもたちが苦しめられている」

 

・・・『貯水ポンプが必要となる』

 

「家畜(ブタ)と人間の居住空間が分けられていないので、衛生面もよくない」

 

・・・『家畜用の小屋が必要となる』

 

 

子どもたちにごはんを配るネルーさん。

 

 

行儀よく一列に並んで順番を待っているみたいですね。

 

ネルーさんはデリーでは600人もの子どもたちを見ながら、月に一度はこうしてメーラトに通っているそうです。

 

 

医療用の薬など。

 

「医療キャンプもない。」

・・・『常設医療キャンプも必要となる』

 

 

栄養状態もあまりよくないようです。

 

 

この写真はネルーさんの奥様で、ジョセフィンさんです。

 

夕暮れのオーブの中で子どもたちに囲まれた姿が、まるでマリアさまのように見えました。

 

 

右がジョセフィンさんです。

 

お二人はスラムの子どもたちのために、

SLUM CHILDREN EDUCATIONAL AND DEVELOPMENT TRUST 

というNGOを立ち上げ、12年間ずっとこのような活動を続けられています。

 

今回のメーラトの学校建設の力強いパートナーです。

 

そして、最後にはこうありました。

 

「タツオ、学校を作るには、

管轄の地方政府に水道・電気・建物の建築の

申請をしなければならない」

 

さあ、ここからがプロジェクトのスタートです!

 

一覧に戻る

リターン

3,000

①【サンクス動画メール】
子どもたちからの感謝の声を動画にしてメールでお届けします。購入者のお名前を書いたプレートを持って、「日本の○○さま、ありがとうございまーす!!」と元気な声で大合唱です。

②【サンクスWEB掲載】
公式サイト「協力企業・団体・個人」ページに、スラム学校建設の協力者として全員のお名前を掲載させていただきます。
コチラ⇒http://rainbowchildren.holy.jp/sponser

支援者
20人
在庫数
制限なし

5,000

上記①+②に加え、

③【最高級チャイのお土産】
インド政府御用達「アパ・キ・パザンド社」は、政府が各国の国賓へ贈るインド最高級国賓紅茶です。紅茶鑑定士のカプール氏が選定する、デリー空港でしか買えないSAN-CHAブランドのチャイをお土産として。

支援者
22人
在庫数
23

10,000

上記①+②+③に加え、

④【地球へのラブレターTシャツ】
スラムの子どもたちが書いた「地球へのラブレター」をTシャツにしてお届けします。かけがえのない地球という星を大切にしたいという想いを、20×20センチの宇宙に描いた、母なる地球へのラブレター。この夏イタリアで展示される作品からデザインをチョイスします。

支援者
17人
在庫数
75

30,000

上記①+②+③+④に加え、

⑤【学校にネームプレート掲示】
完成時の学校の壁面に名前のプレートを設置させていただきます。完成した学校の子どもたちが学ぶ教室の壁面に、購入者全員のお名前を書いたメモリアルプレートが、ステンレス製で半永久に掲示されます。

⑥【キム・スンヨン監督からDVDをプレゼント】
デリーのスラムに行くきっかけとなり、ガイドのサージャン氏を紹介してくれたのがキム・スンヨン監督です。スラムの様子も収録されている「呼ばれて行く国インド」のDVDを提供いただきました。

支援者
21人
在庫数
完売

100,000

上記④+⑤+⑥に加え、

⑦【スタディツアー招待券:現地3日間】
人生を変える感動のスタディツアーで、学校の建設現場視察を含む現地3日間のツアーへご招待します。子どもたちと触れ合い、夢の学校が完成していく過程を一緒に見に行きましょう!毎年3月と9月に実施しています。
(3日間の宿泊費、交通費、世界遺産観光が含まれます。デリー往復の航空代と食費は自己負担となります。)

支援者
1人
在庫数
4

250,000

上記④+⑤+⑥に加え、

⑧【スタディツアー招待券:日本発着10日間】
人生を変える感動のスタディツアーの全旅程へご招待します。学校の建設現場視察に加え、ダラムサラでの教育省ミーティングやチベット学校訪問、奨学生とのミーティングにも参加します。毎年3月と9月に実施しています。
(10日間の航空券、宿泊費、交通費、世界遺産観光が含まれます。食費はご自己負担となります。)

支援者
3人
在庫数
2

プロジェクトの相談をする