こんにちは。

ご支援・応援ありがとうございます!

おかげさまであともう一息、というところまで来ました。

引き続き残り9日間!! 応援よろしくお願い致します。

 

 

さて、作業療法士サワコ先生のアドバイスを元に作製したこの「子どもの意欲と自信を育てる風呂敷」、今まで市販されてきた風呂敷には無いポイント、それは中央にキャラクターを配置し、「直感的に服を置く位置がわかる柄」にしたことです。

 

Level 1
Level 1

 

Level 2
Level 2

 

学校の狭い机の上に広げるときは、「かたつむりくんが見えるように」乗せれば、風呂敷の中央が机の上に来ることになります。

また、着替えを置くときも「カタツムリくんを隠すように」置けば必ず中央に置けるので布端を結ぶとき左右アンバランスになることもありません。

 

重心がずれると包みにくい、という大人からすれば当たり前のことでも、子どもが自発的に理解するのは困難です。

キャラクターの周りに四角い枠を作ることで、より「置く場所」がわかりやすくなっています。

 

また、周りを無地にして大きくシンプルな柄にすることにより、集中が苦手なお子さんや、細かい部分に意識が行ってしまうお子さんにも「今やるべき事」へ気持ちが向きやすい図柄にしました。

 

作業療法士サワコ先生が、実際に視察した教室で目撃した残念な光景が二度と起こらないように・・・。

そんな思いを込めてデザインしました。

 

 

新着情報一覧へ