READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

ソロモンの熱帯雨林を守る養蜂を応援!4箱の巣箱を100箱に!

高松美穂

高松美穂

ソロモンの熱帯雨林を守る養蜂を応援!4箱の巣箱を100箱に!

支援総額

365,000

目標金額 300,000円

支援者
42人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
10お気に入り登録10人がお気に入りしています

10お気に入り登録10人がお気に入りしています
2013年08月14日 15:30

ハチミツの収穫体験

以前、「ハチミツが採れるまで」という中で、ソロモン諸島の養蜂環境や工夫・苦労などを紹介させていただきました。
今回は私が実際に活動地であるソロモン諸島のPCCにて体験した、ハチミツ収穫について紹介させていただきます!



防護服に身を包んだPCCインストラクターのJohn Alaaniが煙をもくもくさせながらやってきました。


収穫の準備中


これは「燻煙器」という道具で、ミツバチをおとなしくするためのものです。いきなり巣箱の蓋を開けるとミツバチの大群に襲撃されてしまうので、煙でミツバチたちを静めてから収穫のスタートです。



巣箱をそっと開けて、中にも煙を入れます。ミツバチたちが落ち着いたらいよいよ巣枠を取り出します。



一つ一つ丁寧にチェックするJohn Alaani。
彼はPCCで養蜂をスタートした時の初代ミスターハニー(養蜂担当!)で、ミツバチの扱いに慣れていて、とても仲良し!


取り出した巣枠についたミツバチを、葉っぱのほうきで優しく取り除きます。



ここからたっぷりと詰まったハチミツを取り出す「遠心分離器」が登場。



巣枠をセットしてくるくると回します。



すると下から褐色のあま~いハチミツが出てきました。



まだまだ課題もありますが、比較的あまり手間をかけずに続けていくことができると期待が高まる養蜂。ソロモン諸島産の熱帯雨林ハチミツをもっとたくさんの人に味わってもらいたいと、John Alaaniはじめ現地インストラクターたちは語っていました。


いつか巣箱が100箱になる日を夢みて。

一覧に戻る

リターン

3,000

・現地インストラクターからのサンクスレター
(ソロモンの美しい風景写真ポストカードでお届けします。)

支援者
14人
在庫数
制限なし

10,000

☆☆ご好評につき、さらに急遽5つ追加いたしました!☆☆

・巣箱にサポーター様のお名前を入れて、PCCの養蜂場に設置いたします。
・巣箱写真付きサンクスレター
・「熱帯雨林はちみつ(約150g)」

※一つの巣箱にサポーター様数名(最大4名/箱)のお名前を入れさせていただきます。

支援者
28人
在庫数
1

30,000

*3万円引換券【A】

・巣箱にサポーター様のお名前を入れて、PCCの養蜂場に設置いたします。
・巣箱写真付きサンクスレター
・「熱帯雨林はちみつ(約150g)」×3点

※一つの巣箱にサポーター様数名(最大4名/箱)のお名前を入れさせていただきます。

支援者
1人
在庫数
4

30,000

*3万円引換券【B】

・巣箱にサポーター様のお名前を入れて、PCCの養蜂場に設置いたします。
・巣箱写真付きサンクスレター
・「熱帯雨林はちみつ(約150g)」
・「熱帯雨林はちみつ」配合の洗顔フォーム

※一つの巣箱にサポーター様数名(最大4名/箱)のお名前を入れさせていただきます。

支援者
0人
在庫数
5

100,000

100,000円
・専用巣箱にサポーター様のお名前(個人/企業はご希望に応じて)を入れて、PCCの養蜂場に設置いたします。
・巣箱写真付きサンクスレター
・「熱帯雨林はちみつ(約150g)」×2点
・「熱帯雨林はちみつ」配合の洗顔フォーム
・ソロモン諸島産ハンドクラフト製品

※こちらはサポーター様専用の巣箱になります。

支援者
0人
在庫数
3

プロジェクトの相談をする