READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

福島県浪江町で愛されてきた、大堀相馬焼を使った復興支援イベントを開催したい!

松永 武士

松永 武士

福島県浪江町で愛されてきた、大堀相馬焼を使った復興支援イベントを開催したい!

支援総額

1,372,000

目標金額 1,300,000円

支援者
62人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
10お気に入り登録10人がお気に入りしています

10お気に入り登録10人がお気に入りしています
2013年12月31日 15:09

大堀相馬焼の歴史②

江戸時代の大きな変化

■江戸時代に起きた最大の変化 江戸時代後期になってくると、相馬焼は大変バラエティ豊かになってきます。そして質の高さでも知られるようになります。このような発展の要因を辿っていくと、変化の大きなきっかけは天明の飢饉(1780年代)だと考えられます。

 

■苦しい農業収入→半農半陶生活者の増加(=新規参入者の増加) 他の領地からの移民受け入れ 、職階と統制のもとで、下層職人や雇い職人が他所へ流出(=渡り職人の増加) ↓ 各地との技術や人的交流が自然発生、この時代に大堀相馬焼に影響を受けた産地 秋田白岩焼、山形平清水焼、米沢成島焼、富山小杉焼、笠間宍戸焼、益子焼などがあげられます。


■市場の成熟化過程で起きること 各地との技術や人的交流が発生し、更に輸送手段の発達により物資の往来が活発になります。日常生活の質も向上していきます。


■生活の多様化(=日常生活の質的向上) 藩の政策として“市場性を重視” 他の産地との競争(技術・デザイン・コスト) 多様な雑器、質の高い日用品として認知され定着する屈指の窯業地であったといえます。

相馬藩では、これを藩の特産物にしようと産地に瀬戸役所を設置して、資金の援助や原材料の確保など保護育成に努めました。
これにより大堀の窯業は農家の副業として近隣八ヶ村に普及、江戸時代末期には窯元も100戸を超え、販路も北海道から関東一円、更には信州越後方面まで広がり、一大産地へと発展を遂げました。

一覧に戻る

リターン

3,000

・Thanksレター(完成した作品の写真付き電子メール)

支援者
12人
在庫数
制限なし

10,000

・感謝状と色紙(私、松永からの感謝状と窯主の馬九行久2014年verの直筆色紙をお届けします。)

・「KACHI_UMA」限定オリジナル大堀相馬焼(お好きなものを1個)

支援者
41人
在庫数
制限なし

30,000

・感謝状と色紙(私、松永からの感謝状と窯主の馬九行久2014年verの直筆色紙をお届けします。)

・「KACHI_UMA」限定オリジナル大堀相馬焼(お好きなものを1個)

・「松永窯」セットまたは「Piece by Piece」の商品(どちらか一つお選びください)

支援者
7人
在庫数
制限なし

100,000

・感謝状と色紙(私、松永からの感謝状と窯主の馬九行久2014年verの直筆色紙をお届けします。)

・「KACHI_UMA」限定オリジナル大堀相馬焼(お好きなものを1個)

・「松永窯」セットまたは「Piece by Piece」の商品(どちらか一つお選びください)


・「KACHI_UMA」プロジェクトのwebサイトにお名前を記載させて頂きます。

・大堀相馬焼の制作現場見学ツアー招待券

支援者
3人
在庫数
2

300,000

・感謝状と色紙(私、松永からの感謝状と窯主の馬九行久2014年verの直筆色紙をお届けします。)

・「KACHI_UMA」限定オリジナル大堀相馬焼(お好きなものを1個)

・「松永窯」セットまたは「Piece by Piece」の商品(どちらか一つお選びください)


・「KACHI_UMA」プロジェクトのwebサイトにお名前を記載させて頂きます。

・大堀相馬焼の制作現場見学ツアー招待券

・「KACHI_UMA」プロジェクトの懇親会へご招待致します

支援者
1人
在庫数
2

プロジェクトの相談をする