2月にバルンガラ村で水道工事の起工式がありました。

 

 

 

その後、3月上旬にディリープ・チャンドララールが現地へ行って、村人や施工管理を行っているブライトムーンファンデーションと会って話し合いなど行っています。

 

村では水道設備が完成したあとの維持管理のために村人で組合をつくり、代表や書記、ポンプアップモーターの担当者など役割分担も決まって、管理方法についても話し合いが行われていますので、その会議にも参加してきました。

 

山のふもとと、村の中にコンクリート製のタンクを設置する予定で、ポルガハウェラ市にも工事に関連しての要請も行っています。

続きはブログにて→http://okinawasrilanka.ti-da.net/e7374264.html

新着情報一覧へ