プロジェクト概要

▼ネクストゴールについて

支援者の皆様、関心を寄せて頂いている皆様、引き続きの応援と暖かいお言葉をお寄せ頂き誠に有難う御座います。

 

当初の目標金額である20万円を達成し、多くの方からご支援いただいており、感謝を感じる毎日でございます。

 


多くの方に寄せていただいたご支援で、より多くの方にフリーペーパーを配布するために、皆様にお力添えをいただきながら、ネクストゴールとして30万円を目指したいとの考えに至りました。

 

ネクストゴールを達成の場合

① 配布場所を「大阪のみ」から「大阪・京都・愛知・東京」に増設

② 発行部数を「300部」から「400部」に増刷

 いたします。

 

 

▼共生社会を考える

「共生社会」= 誰しもが社会に積極的に参加・貢献できる社会

 

文部科学省は「誰もが相互に人格と個性を尊重し支え合い、人々の多様な在り方を相互に認め合える全員参加型の社会である」とし、こうした社会の実現を、我が国において最も積極的に取り組むべき重要な課題に位置付けています。

 

我々は、共生社会についての議論を深めるべく、大学生を中心に、勉強会を実施いたしました。

 

この度実施した、勉強会では『トップランナーと考える共生社会』と題し

 

  ① 将棋棋士 ・ 齋藤慎太郎 王座 

 

  ② Tリーグ ・ 松下浩二 チェアマン

 

にインタビューを行い、その取材内容をもとに、議論を行いました。

 

共生社会の実現に向け、こうした議論の場で、多様な意見を交わすことは、大きな意味を持つと考えられます。こうした議論を活発にすべく、本インタビューの内容等を広報誌にまとめ、フリーペーパーとして発刊したいと考えています。

 

「共生社会を考える」フリーペーパー

 

 

▼プロジェクトの概要

 

●フリーペーパーの概要

 ページ数:24ページ、フルカラー

 

 掲載内容

 

 1 将棋棋士 齋藤慎太郎王座

    1万字インタビュー『健やかな勝負師』

 

 2 関西盲導犬協会監修 ガイド

      『盲導犬と街で出会ったら』

 

 3 Tリーグ 松下浩二 チェアマン

    インタビュー&ルポ漫画

 

 (内容、ページ数等は変更になる場合がございます)

 

 

 

 

●フリーペーパーの配布場所

 将棋普及、卓球普及の促進を期待し、以下の場所にて配布いたします。

 

  ①将棋道場、将棋カフェ、将棋バーなど

 

  ②卓球教室など

 

 (また、別途、該当の支援者の方に返礼品として郵送いたします。)

 

 

 

 

●支援金の使い道

 

 ・フリーペーパーの印刷代

 

 ・斎藤王座への取材協力費

 

 以上の用途等に活用いたします。

 

 

 

 

 

▼掲載内容

 掲載内容詳細 「共生社会×将棋」

 

将棋は、盲人将棋大会が40回以上開催されるなど、世代・性別等を問わず誰しもが楽しむことができる競技として注目を浴びています。

 

 

今回は、『齋藤慎太郎王座の棋士人生』についてインタビューを行いました。

 

プロ棋士としての「葛藤」や、これからの時代を生きる棋士としての「夢」を語っていただきました。斎藤王座が吐き出した1万字から、共生社会を生きるヒントを見つけることができる内容になっています。

 

 

 

 齋藤慎太郎王座1万字インタビュー 目次

 

 1部 大人になりたくて

 

 2部 父の言葉

 

 3部 健やかな勝負師

 

 4部 AIをめぐって

 

 5部 ヒカリノアトリエ

 

 6部 桂馬のごとく

 

 7部 藤井システムへのあこがれ

 

 8部 斜陽産業と呼ばれ

 

 9部 29連勝とライバル

 

 10部 人生の縮図

 

 

 監修:斎藤慎太郎 王座

 

(上記内容は変更になる場合がございます)

 

 

藤井システムをさす盲導犬のゲンくん
藤井システムをさす 盲導犬のゲンくん

 

 

●参考

 

※1 文部科学省『共生社会の形成に向けて』

※2 社会福祉法人『日本盲人会連合全国盲人将棋大会』

 

 

 

●協力

 

 公益社団法人日本将棋連盟

 一般社団法人Tリーグ

 公益財団法人関西盲導犬協会

 斎藤慎太郎氏(肖像利用:許可取得済)

 松下浩二氏(肖像利用:許可取得済)

 記事・イラスト執筆者(作品掲載許可:許可取得済)

 

 

 

 

●プロジェクトの終了事項

 以下を実行したことをもってプロジェクトを終了とする。

 ・2019/10/1でに、フリーペーパーを300部発行する。

 

 

 

 

 


最新の新着情報

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)