大変遅くなってしまいましたが
浜キャンプSUMA5月21-22日無事終了することができ
ご支援、励ましのメッセージを頂いた皆様のおかげです。
本当にありがとうございました!

収支の手続きは現在まだ確定していないのですが
クラウドファンディング、当日のグッズドリンク販売
支援者からの協賛金、出店料金など行政の助成金を使わずに
開催するという選択はなんとかクリアできそうです。
また改めてご報告を致します。
 

まずは浜キャンプ開催に関する実施報告書が完成しましたので
一般に公開します。
http://suma-camp.boo.jp/camp.img/houkokusyo6.3.pdf


浜キャンプSUMA、これは市民主導の防災訓練でした。


神戸ライフセービングクラブ提供の砂浜でビーチフラッグス後に行われた救急法レクチャー。遊びと防災を同時に行い親子で笑顔あふれる取り組みとなりました。
 



熊本地震の際にいち早く被災地に入り支援活動を行った5日で5000枚の約束。プロジェクトによる畳スペースではスマートサバイバープロジェクトによる防災に関する講話や、プラス・アーツ、5日で5000枚の約束。プロジェクト、ステンスワンプロジェクトによる紙芝居が行われ、子供たちも食い入るようにご覧になられていました。




ダンボールアートエリアでは通販事業を行う株式会社フェリシモ様からご提供頂いたダンボールを須磨区の設計士チームと参加者が家をつくったりおもちゃをつくったり、楽しい時間を過ごしました。




海岸では神戸女子大学、生活協同組合コープこうべ、こども環境研究会関西の連携によるサンドアートで老若男女問わずみんなで作品を作りました。くまモンを作って熊本へエールを送りました。

そのほかにも数々の防災と交流をテーマとしたコンテンツを実施しました。
http://suma-camp.boo.jp/camp.img/houkokusyo6.3.pdf
ページ数の多い資料ですが、ぜひ実施報告書をご覧下さい。


心の緊張をほぐし、エールを送る音楽は海岸の雰囲気を和ませご来場の皆様に大満足頂きました(^^)

緊急時に医療処置もできる大型テントを今回は熱中症対策として設置頂いた株式会社ウェイズ様


神戸大學で栄養学を教える山下陽子先生による防災エコクッキングでは子ども達と一緒に親もいざという時の調理法を学びました。

実施報告書の最後に浜キャンというイベントを通じて行った
須磨海岸エリアの検証と挑戦を記載しています。

①公園の利活用について、日常時と非日常時を想定した課題
②海岸エリアの住民によるおもてなし感覚の目覚め
③異種連携による新しい価値の創造
④防災訓練のイメージの変革
⑤クラウドファンディングによる資金調達に挑戦

香川県からご出店頂きましたMUKU-MO
クラウドファンディングでご支援頂きましたm(_ _)m

異国感を演出頂いたアフリカ隊の皆様

緊急災害発生時に海路輸送ができること表現した海賊船クルージング


避難困難者の輸送を想定した無料シャトルバスの運行

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

5月21日に行われた『満月の夕を歌う夜』動画が完成しました!!

「満月の夕」 in 神戸須磨海岸 “浜キャンプ 2016"
https://www.youtube.com/watch?v=NfZzWwc6JDg
 

電鉄商事株式会社の山端秀明氏による撮影と編集
歌を歌い皆様を誘導する須磨のスターしんごお兄さん
当日の音響機器をセッティングして頂いた音工房關川勇介氏
 

命ある今という瞬間を一秒一秒刻んで私たちは生きている。
限りある時間を本当の意味で『生きよう』と訴えている。
そんな気持ちになります。

会議の際、それぞれが思い出すように震災を語り
奇遇にも人生の岐路にこの『満月の夕』という曲が
流れていたという偶然の一致から生まれたこの企画。
その後、この夜が満月だと知りました。
 

5月21日、この偶然の一致を予言したかのように
天候は雲一つなく東の空から月が上り
この歌は須磨海岸で歌われました。

ぜひ見てください。

震災から21年目の神戸から発信したい思い。

 

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

5月21日に開催された神戸の生産者と神戸の食の匠による
『炊き出し訓練』は正式なチームとしてゆるく発足しました(^^)

初めての取り組みで当日は道具もレシピも十分に用意されていない中、参加者同士が知恵を絞りできることを自分たちで考えて『その場にあるもの』で作り出した料理の数々。
そして生まれた『みんなのコミュニティ』
そして気づいた『本当の防災』
今後は自分たちができることを模索しながら
炊き出し訓練チームとして連携していく予定です。

炊き出し訓練メンバー、ニシカワ ケンジからのメッセージ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
炊き出し訓練でパンケーキを焼かせて頂くことができ、
「炊き出しでスイーツが出るなんて思ってもないから嬉しいわー」
「これはいいわ、喜ばれるわ」
と沢山のお声をかけて頂き、パティシエとして皆さんに喜んでもらえることがあるんだと実感しました。

命を繋ぐためだけでなく、みんなを笑顔にするパワーがスイーツにはあるようです。
これからもっと、神戸に恩返しができるよう、須磨の皆様に喜んで頂けるようなスイーツ店を目指して頑張りたいと思います。

パティシエ ニシカワ ケンジ
 

◇ ◇ ◇ ◇ ◇
 

浜キャンプSUMAのテーマ
『防災=人が集うきっかけ作り』
 

この『きっかけ』から生まれてくる出来事が
『防災とは何か?』を気づかせる布石となるように

新着情報一覧へ