5月10日と13日の2日間
神戸の流通科学大学で地域創生をテーマに話をしてきました。

最初に連絡があったときは正直『地域創生って?なんで私が?』と思いましたが少しでも若者たちに人生の経験を伝えることが出来ればと受けることにしました。

yahoo japan創始メンバーの一人リベルタ学舎の湯川カナさん
全国農協青年組織協議会元会長でキャルファーム神戸の代表の大西雅彦さん
Kiss-FMの4SEASONSを担当し防災介助士の資格を持つ中野耕史さん
6次化産業を推進する神戸市産業振興局農政部の山田隆大さん
素晴らしい方々と同席させてもらい恐縮・・・でもすごく光栄な経験でした。



2日間にわたり生徒900名の前でお話をしました。

驚いたことに2日目には企画書を持って控え室の前で
学生さんたちが『これを見てください!』と待ってくれていたのでした!!



本当に驚きました!!

1日目には確かに『アクションを起こせ』と5人で煽ったわけですが、
実際にそうやって動き出す若者が現れると鳥肌立ちました。
 

最初の90分はホールで全員の前でディスカッション。
そのあとは教室に分かれて個々の講義。
 

街への思いと取り組んできたこと、そして防災

講義終了後に質問に来てくれた子たち
のちほどFacebookでもメッセージもらいました。
 

今までやってきたことをようやく若者たちに発信できた。
この子達の未来が明るくなるならできる限り
協力してあげたいと思う。
 

クラウドファンディングはのこり1日になりました。
流通科学大学の生徒の皆さんがくれた企画書に書かれた
『ネット上で資金を募る(READY FOR?など)』という文字


 

挑戦中の自分の立場で言うのも何なんですが
いろんな人に支えられて、どうなりたいかを伝えるという
経験は人生においてとても大きな経験になると思います。
 

自分が歩んだ道をしっかりと見てくれているんだと思えたので
私は本当に挑戦してよかったと感じています。

私に勇気をくれた昨年のCOMIN'KOBE松原さんの挑戦
思いが伝染していきますように。
 

挑戦する街、神戸
BE KOBE
 

その布石として

新着情報一覧へ