READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
さがす
ログインログイン・登録
成立

子ども達が描く未来を支える!支援の届かないシリア国内に教育を

中野 貴行(Piece of Syria代表)

中野 貴行(Piece of Syria代表)

子ども達が描く未来を支える!支援の届かないシリア国内に教育を

支援総額

2,172,000

目標金額 2,000,000円

支援者
206人
募集終了日
2019年10月31日
206人 が支援しました
プロジェクトは成立しました!
12お気に入り登録
12人がお気に入りしています

終了報告を読む


12お気に入り登録
12人がお気に入りしています
2019年10月18日 07:00

非日常を見過ごさず、日常を取り戻すために(大学生 田中優花)

 

ぼろぼろになった街、大量の灰色のがれき、怪我を負った子供たち。

 

報道で見るシリアの写真、映像はすべてが暗くて、それらはまるで、「シリア」という国がずっと「希望がなくて混乱した国」であって、平和な時代がなかったかのように思わせます。

 

 

私自身も、正直に言ってしまえば、ずっと「シリア=怖い」という感情をずっと持っていました。不安定で、混乱した国だ、というマイナスのイメージです。

 

しかし、今年五月に大阪で、Piece of Syriaさんによって開催された、「報道されない写真展 -シリアの声を聴く―」は、私にシリアに対しての全く異なる印象を与えてくれました。

 

 

 

 

 

この写真展は、シリアに確かに存在していた「日常」を見せていました。

 

破壊された町や、傷ついた人びと、もくもくと上がる爆弾の煙などの写真ではではありません。

 

きれいな夜景や街に咲く花、屋台のおいしそうな料理や結婚式で幸せそうに微笑む花嫁さん。展示された写真の中には、テレビで見る「非日常」のシリアではなく、シリアの「ごく当たり前の」生活がありました。

 

 

 

 

 

怖くて、危ない国。

私にとっては「非日常」なことが起こっている遠く離れた場所としてのシリアは、遠い「非日常」の国ではありませんでした。

 

 

今、私たちが目にするような混乱の中にあるシリアは「当たり前」ではないんだ。

 

 

 

本当なら平和な日々が、シリアの「日常」なんだ。

シリアには、私たちが生活しているのと何にも変わらないような平和な日々があったことに、私は今更ながら気づくことが出来ました。

 

でも、今報道されている破壊された町も、怪我を負った人々も、暗いニュースも、全ては実際に起こっていることで、そこにあった「日常」が壊されてしまったことも事実です。

 

 

だからこそ、今起こっている「非日常」を見過してはいけない。

 

 

「シリアに日常、平和を取り戻す」、Piece of Syriaさんの写真展はこの言葉の意味をすべて物語ってくれているように思えました。

 

 

いつの日か、シリアの「日常」を取り戻したい。

そのために、このPiece of Syriaさんの活動をもっと知ってもらいたい。

 

皆さまのご協力を、よろしくお願いいたします!

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


写真展をサポートしてくれた大学生、田中優花さんからのメッセージです。

 

 

 

Piece of Syriaは、私以外に3人のメインスタッフと、

イベントや発送作業を一緒にしてくれるメンバーが大阪を中心に20人ほどいます。

 

(今年からは「アラブ文化」をキーワードにイベントを作る、アラ人というチームもできました)

 

 

 

Piece of Syriaの[Piece]は、カケラの方のピースです。

 

そこには、一人ひとりは微力でも、それを合わせた大きな力で、

平和[Peace]に向かう大きな力になることを目指しています。

 

 

優花さんをはじめ、たくさんの人たちの力を借りて、

私たちの活動が継続できています。

 

 

 

そして、資金がなければプロジェクトを維持することができません。

是非、皆さんのお力を貸していただけませんでしょうか?

 

 

期間も、残りわずかになってまいりました。

どうぞ宜しくお願い致します!

 

 

 

 

 

 

シリアのおじいちゃんが教えてくれたこと残り10日!子ども達に一緒に希望を届けていただけませんか?
一覧に戻る

リターン

10,000

プロジェクトを全力で応援!(1口=1人の子どもが1年間幼稚園に)

プロジェクトを全力で応援!(1口=1人の子どもが1年間幼稚園に)

① 子ども達からの感謝の手紙

② 活動報告書

③ オンライン活動報告会にご招待
(日時は後日、連絡いたします)

●2口以上のご支援も歓迎です!

●経費を除いた全額を、シリアの子ども達のために大切に使わせていただきます。

支援者
68人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年3月

3,000

alt

【学生・イベント参加者限定】プロジェクトを全力で応援!

①子ども達からの感謝の手紙
②報告書(メールにてお送りします)
③次回イベント参加時にポストカード1枚をプレゼント


●学生の方、今までにPiece of Syriaのイベントに参加されたことにある方、限定になります。

●経費を除いた全額を、シリアの子ども達のために大切に使わせていただきます。

支援者
29人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年3月

5,000

シリアの子ども達とつながろう!

シリアの子ども達とつながろう!

① 現地の子ども達が幼稚園で遊ぶ動画
② 子ども達からの感謝の手紙
③ 報告書

●経費を除いた全額を、シリアの子ども達のために大切に使わせていただきます。

支援者
69人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年3月

15,000

グッズを買って応援!(アレッポの石鹸、アラブの珈琲、ノート)

グッズを買って応援!(アレッポの石鹸、アラブの珈琲、ノート)

① アレッポの石鹸「エキストラ40」
② 絵本作家 陣崎草子さんの絵のノート
③「アラブの珈琲」ドリップパック×3
④子ども達からの感謝の手紙
⑤活動報告書
⑥オンライン活動報告会にご招待

━━━━━━━━━━━━━

①オリーブオイルと月桂樹オイルを原料としたアレッポ石鹸「エキストラ40」(「株式会社 アレッポの石鹸」の皆さんからご提供)

②絵本作家・児童文学作家、陣崎草子さんが今回のために書き下ろした、シリアをモチーフにした絵を用いたノート

③シリアなど中東で飲まれているカルダモン入りのアラビアンコーヒーのドリップ版「アラブの珈琲」(鬼丸武士さんご提供)

支援者
29人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年3月

30,000

子ども達から感謝のお手紙をお届けします!

子ども達から感謝のお手紙をお届けします!

① メッセージをお預かりして、シリアの子どもにお渡し、子ども達からのお返事を届けさせていただきます(ご支援者様のお名前入り)。

② グッズ(アレッポの石鹸、アラブの珈琲、ノート)※リターンなしも選べます

③ 報告書にご支援者様のお名前を掲載させていただき、お送りします。

④ オンライン活動報告会にご招待

支援者
7人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年3月

50,000

教室の壁にあなたのお名前をお書きします!

教室の壁にあなたのお名前をお書きします!

① 新しく設置する教室の壁に、ご支援者様のお名前をお書きし、教室の写真をお届けします。(法人名・飲食店名も対応可)

② メッセージをお預かりして、シリアの子どもにお渡し、子ども達からのお返事を届けさせていただきます。

② グッズ(アレッポの石鹸、アラブの珈琲、ノート)※リターンなしも選べます

③ 報告書にご支援者様のお名前を掲載させていただき、お送りします。

④ 中野貴行が、お礼報告やシリアの活動の講演にお伺いします

●旅費、宿泊費は別途ご負担ください。時期ご相談、2020年4月まで。
●オンラインでも対応可能です

支援者
4人
在庫数
26
発送予定
2020年3月

100,000

プロジェクトを全力で応援!(1口=10人の子どもが1年間幼稚園に)

プロジェクトを全力で応援!(1口=10人の子どもが1年間幼稚園に)

① メッセージをお預かりして、シリアの子どもにお渡し、子ども達からのお返事を届けさせていただきます(ご支援者様のお名前入り)。

② 報告書にご支援者様のお名前を掲載させていただき、お送りします。

③ 中野貴行が、お礼報告やシリアの活動の講演にお伺いします
(交通費、旅費は実費となります。時期別途相談。オンラインでも対応可能です)

●経費を除いた全額を、シリアの子ども達のために大切に使わせていただきます。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年3月
プロジェクトの相談をする