いつも「橘久丸商會」を応援いただきまして本当に有難うございます!

皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

近頃とても暑いですね。ご体調の管理には充分ご留意ください!

 

私は週末に地元の有田に戻っていました。畑ではこのように若い青みかん(久丸)が少しづつ大きくなってきていますよ!

 

 

先日は、お中元シーズンを控えて超多忙な早和果樹園さんにお邪魔して3時間の取材をさせていただき、また川口新右衛門さんと打ち合わせをしてきました。

早和さんでは「7軒の農家さんたちがどんな経緯で法人となったのか」「販売手法」「早和式商品開発手法」など、とてもおもしろいお話をお聞きできました。近日中に早和果樹園さんのリターンをご紹介した後で、バッチリ公開させていただきますのでお楽しみに!皆様、ありがとうございました。

 

株式会社早和果樹園 取締役専務のマークン(左)と取締役常務の大浦さん(右)

 

今回は、白い花が咲き乱れる初夏の頃の映像をお届けします。しかも、ドローンを使ったみかん畑の空撮映像で、撮影者は早和果樹園のマークンです。

 

有田のみかん畑は紀伊半島の北部に位置する長峰山脈の一角にあります。この山脈はジュラ紀(約2億万年前~1億4600万年前)に隆起したもので、恐竜時代からある大変古い土地です。このエリアの中央を、高野山からはるばるやってきた有田川が流れています。先人は南向きで水はけが良い山地に石垣を組み、みかん畑に利用してきました。辺り一面に独特の景観が広がっています。

 

 

どうぞ御覧ください。

 

いかがでしたでしょうか?

時々映るミツバチたちの姿をご確認いただくことは出来ましたでしょうか?

あんなに標高の高いところを、沢山の群れをなして飛び回るのですね!

私にとっても大きな発見でした。

 

本プロジェクトの公開期間も1/4が過ぎ、サイトを訪れた人は700名を超え、ご支援の達成率も29%となりました。皆様のご協力のおかげで順調に進んでおります。残すところあと1ヶ月弱。より多くの方のご支援・応援と、プロジェクトへのご参加を必要としておりますので、引き続き、ご関心の高い方々へのご紹介・シェアをお願い致します!どうぞよろしくお願い致します。

新着情報一覧へ