READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

親子の命の物語!タヒチの親子の絵本を増刷したい!

親子の命の物語!タヒチの親子の絵本を増刷したい!

支援総額

1,010,000

目標金額 1,000,000円

支援者
43人
募集終了日
2016年3月22日
プロジェクトは成立しました!
3お気に入り登録3人がお気に入りしています

3お気に入り登録3人がお気に入りしています

プロジェクト本文

タヒチの親子を描いた絵本を増刷し、もっと多くの方に親子の愛を伝えたい!!皆さまの温かいご支援のおかげで、5000部の増刷が決定しました。

 

はじめまして!「絵本でタヒチを支援する会」代表の古山直美と申します。主にブログでタヒチ産のノニジュースのプロモーションをするお仕事をしています。タヒチ(正式にはフレンチポリネシア)について学ぶうちに、彼らの文化や伝統が素晴らしいということを知りました。そこで2015年12月に友人3人でタヒチのノニと親子の愛をテーマに絵本を製作。2000冊を販売しました。さらに多くの方に読んでいただくため、5000部の増刷費用を集めるプロジェクトを開始し、皆様のおかげで、目標の1,000,000円を達成できました!心から感謝を申し上げます。

 

 

日本だけでなく、タヒチをはじめフレンチポリネシアの子どもたちにも、親子の愛と、彼らの伝統文化の素晴らしさを伝えたい

 

当初の目的は達しましたが、現地の子ども達にもこの絵本を読んでほしくて、タヒチの公用語であるフランス語のシールを貼ったものを作りたいなと思っています。この絵本で、日本だけでなく、タヒチをはじめフレンチポリネシアの子どもたちにも、親子の愛と、彼らの伝統文化の素晴らしさを伝えたい。絵本の増刷とタヒチへの支援に、あと少し、あなたの力を貸してください!

 

その翻訳料と印刷費、そして現地に持っていく費用の一部として30万円を追加したいと思います☆


絵本でタヒチを支援する会 
ふるやまなおみ
そうまりえ
あずまほくと

 

タヒチの子ども達にも楽しんでもらえる絵本にするため、皆様どうかご支援よろしくお願い致します。

 

制作メンバーと一緒にと

 

 

「紙芝居を作りたい!」Facebookへの投稿が絵本づくりのはじまりでした

 

2014年の末頃、私が「紙芝居を作りたい!」とFacebookで投稿したところ、デザイナーをしていた友人のあずまほくとさんが「絵を描きましょうか?」と言ってくれたのがはじまりでした。2015年の春に紙芝居が完成し、その後、紙芝居を見た方から「絵本にしたらどうか」との提案があり、2015年に絵本に生まれ変わりました。そして、この絵本を世界中の方にも読んでもらえるように、そうまりえさんが英訳をつけてくれました。

 

~絵本のあらすじ~

タヒチには、何千年も前から「かみさまからのおくりもの」と呼ばれたてきた「ノニ」という果物があります。インドからカヌーで遠い海を越えて、ノニは人々とともにタヒチにやってきました。そんなタヒチで繰り広げられる小さな女の子ヒナノとお父さんの物語。ヒナノは天国に行ってしまったお母さんのことを思っては泣いていました。そんなある日、ヒナノが森で倒れてしまいます…!お父さんは、ぐったりしたヒナノを抱きかかえ、祈祷師のおじいさんのところへ走ります。果たしてヒナノはどうなるのか?

 

タヒチを舞台にした物語です

 

ヒナノとお父さん

 

 

奇跡の果物と呼ばれてきたノニを世界に広め、タヒチの食文化や伝統を守りたい!

 

2015年ロサンゼルスで、タヒチ大統領のスピーチを聴いたことが大きなきっかけです。エドアルド大統領は「世界にノニを広めてくれたことを感謝します、そして我々はもっとノニを多くの人々へ広めていただきたいと願っています」とお話しされました。その言葉を聞いて、私は絵本で世界に広めたいと強く思うようになりました。さらに英語訳もついた絵本なら、より多くの人々が手に取ることができると思い、英語訳もつけました。

 

タヒチに関する活動をはじめたきっかけは、タヒチ産のノニジュースを飲むようになったことです。最初は美容や健康管理で飲み始めましたが、ノニの歴史やタヒチについて学ぶようになり、もっとタヒチの人々や文化に貢献をしたいと思うようになりました。

 

(自然の中で育つノニ)

 

 

生きていることそのものが、「かみさまからのおくりもの」

 

子ども達は両親との温かい家庭を知りません。彼らに日本からの支援とご両親からの愛を伝えたいです。また現地でノニの収穫をしている10,000人以上の生産者の皆さん、そして大統領にも絵本と感謝の気持ちを届けてきます。子どもがいることも、親がいることも当たり前ではなくて、生きていることそのものが、「かみさまからのおくりもの」だということを、この絵本をとおして感じてほしいと思います。

 

天国に行ってしまったお母さん

 

 

世界にこの絵本を届けるため、5000部の印刷費用100万円が必要です。ご協力いただいた方には、絵本をお届けしますので、ぜひご家族やお友達と一緒に読んでいただきたいです。どうぞご支援よろしくお願い致します。

 

 

◆◇◆リターンについて◆◇◆

 

■3,000円
・お礼のメール

 

■10,000円
3,000円に加え、
・絵本 1冊
・オリジナルポストカード

 

■20,000円
10000円に加え、
・オリジナルメモ帳
・オリジナルボールペン

 

■40,000円
20000円に加え、
・無農薬&無肥料のタヒチ産ノニジュース6500円相当を1本

 

■100,000円
・お礼のメール
・絵本を50冊プレゼント。
・オリジナルメモ帳をプレゼント。
・オリジナルボールペンをプレゼント。
・無農薬&無肥料のタヒチ産ノニジュース4本、27000円相当をプレゼント
・絵本製作者3名からの感謝状を進呈。

 

もっとみる

プロフィール

リターン

3,000

alt

・お礼のメール

支援者
13人
在庫数
制限なし
発送予定
2016年6月

10,000

alt

【おすすめ!】「かみさまのおくりもの」をお送りします!

3,000円に加え、
・制作した絵本1冊
・オリジナルポストカード

支援者
25人
在庫数
23
発送予定
2016年6月

20,000

alt

オリジナルのメモとペンのセット!

10000円に加え、
・オリジナルメモ帳
・オリジナルボールペン

支援者
1人
在庫数
19
発送予定
2016年6月

40,000

alt

タヒチ産ノニジュースセット!

20000円に加え、
・無農薬&無肥料のタヒチ産ノニジュース1本(6500円相当)

支援者
5人
在庫数
1
発送予定
2016年6月

100,000

alt

【団体様向け】絵本を50冊お送りします!

・お礼のメール
・絵本を50冊プレゼント。
・オリジナルメモ帳をプレゼント。
・オリジナルボールペンをプレゼント。
・無農薬&無肥料のタヒチ産ノニジュース4本(27000円相当)
・絵本製作者3名からの感謝状を進呈。)

支援者
1人
在庫数
7
発送予定
2016年6月

プロフィール

あなたにおすすめのプロジェクト

エッセイ小説『ぢいちゃん、いわせんねぇ~』(幼年編)

藤原寛重藤原寛重

#本・漫画・写真

4%
現在
100,000円
支援者
8人
残り
31日

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの相談をする