READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

生活域の社会活動の情報が5秒でわかるスマホアプリを作りたい

ためまっぷプロジェクト  世話人 清水義弘

ためまっぷプロジェクト  世話人 清水義弘

生活域の社会活動の情報が5秒でわかるスマホアプリを作りたい
支援総額
1,318,000

目標 1,300,000円

支援者
66人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
8お気に入り登録8人がお気に入りしています

8お気に入り登録8人がお気に入りしています
2015年01月19日 10:21

さくらインターネット(株)社長様からご支援のご報告です!

日々ご支援を頂く皆さま、心より感謝です。

昨日までの2日間の活動をまとめてご報告させていただきます。

 

17日(土) 午後14時~

全国StartupDay in 中四国」に参加してまいりました。
ベンチャーやIT業界でトップランナーの方々のディスカッションで、非常に中身が濃く、司会のやり取り、進行やその後のピッチもとても素晴らしかったです。

何よりも以下の方々と、ものの10分ほどのお時間で活動をご理解いただけてご支援までいただいたこと、そして何よりつながりを持てたことに感謝です。

 

 

パンフレットとご支援いただいた4万円分のサーバー利用無料券!!

 

さくらインターネット株式会社 
代表取締役社長 田中邦裕様
 

IT業界では知らない人がいない上場企業です。田中社長は高校生の頃に起業され大変有名な方です。「地方愛を押しすぎると全国ビジネスには向かない感覚値がある」などこの活動にとっても同感でした。サーバー無料券という形で4万円分をご支援としていただきました!


DRAPER NEXUS VENTURE PARTNERS, LLC
マネージング・ディレクター 中垣徹二郎様

国際的な世界でベンチャー支援・育成を行いたくさんの企業を上場させている方です。さまざまな分野へのご指摘が鋭く、活動の事業継続のための考え方として、とても大切な部分で参考になりました。熱く共感いただき、インターフェースの徹底的な工夫、研究で使いやすさに注力を!など細かなアドバイスをいただきました。


一般社団法人 MAKOTO 
代表理事 竹井智宏

「ちっぽけな私利私欲ではなく、人としてやるべき事をやるために事業を推進する」として、志のある起業・経営する人たちをご支援しておられます。東日本の復興や関連するアプリ・サービスにも取り組まれており思いが伝わります。またゆっくりお話しをさせていただきます。

 

右から竹井様、中垣様、田中様、世話人清水


過去、スタッフもですがIT企業では、技術に専念するあまり、それこそ孤立しがちな生活を送ってしまいがちです。孤立して現実の社会課題にも気づかない。どちらにとってもマイナスです。

このようなふわっとしていて、しかし大きな社会課題の解決のためのまだまだ小さな取り組みに対して、瞬時にご共感いただけたことに感激です。

またそれが協力という形でつながり、目的が実現するということは、砂漠から一粒の砂を探していくようなものなのだと思います。
この方達はそれをご経験されたのだとわかりました。

 

 

同日 午後17時~
地域活動<市民フェスタ・ボランティア企画スタッフ反省会&懇親会&解散式 9名>
スタッフがお世話になっている方々で、説明をしたその場で現金で3名からのご支援をお預かりいたしました。他参加の方も共感をいただいてじっくり読みたいなど伝えていただきました。

それぞれ異なった目的や自己課題の解決のためにこの場に集まり半年間のボランティアを共にした方々とつながり、信頼が生まれ、支援につながりました。ここまでしていただけるのは本当に感謝です。

また、最年長で地域貢献に熱い委員長から、「意識や実行力など今回の仲間は過去最高だった」と参加ボラスタッフ全員にお褒めの言葉をいただいたことは忘れられません!
 


ためまっぷプロジェクトの活動目的からは、住民による情報発信と参加で、人がつながる可能性や現場、ニーズの有無を確認するための参加でした。実際には大きなフェスタのようなイベントでの住民とつながる困難さ、イベント自体の設営方法や課題を知ることができました。

さまざまな活動団体がありましたが、どこも参加者を募るのに苦労しています。
それは活動内容がズレているのかもしれませんが、存在自体が知られていないこともあります。正しくコミュニケーションができるインフラの整備は、これからはさらに必要になってくると思います。
 

作業中のスタッフ(昨年12月の世話人の様子)

 

市民活動の反省と将来へ伝えるものを

 


16日(金) 午後13時~

ひろしま感性イノベーション推進協議会 課題解決ワークショップ
(人間工学・感性工学を活用した新製品開発)
①顧客ニーズの把握・分析 ②ターゲットの明確化/製品コンセプトの決定 ③ニーズ情報の定量化
第1回テーマ 「高齢者向け製品の開発視点」
     講師 産業医科大学産業生態科学研究所 泉 博之 准教授


こちらの会では企画段階からの発想方法について学ばさせていただき貴重な体験をさせていただきました。
そして会の終わりに名刺交換と合わせ活動説明をさせていただき、講師の先生はもちろん、他の大学の先生方や、県の方々にも共感をいただきました。
特に、広島大学 大学院工学研究院 電気電子数理部門 栗田雄一准教授から、今後の実証実験でのデータの取り方などにもご助言、ご協力を検討していただけるとのことで、大変感謝です。


泉先生のレクチャーのご様子


 

残り25日、ご支援、拡散のご協力、何卒よろしくお願いいたします!

一覧に戻る

リターン

3,000

■プロジェクトからthanksメール
■WEBサイトなどへお名前掲載

支援者
28人
在庫数
制限なし

10,000

プロジェクトからthanksメール
WEBサイトなどへお名前掲載
■PUKUPUKU製オリジナルオールレザーの小物
 (3千円相当)

支援者
18人
在庫数
32

10,000

プロジェクトからthanksメール
WEBサイトなどへお名前掲載
■さくら洋裁製オリジナル着物地のかわいい小物
 (3千円相当)

支援者
3人
在庫数
7

10,000

プロジェクトからthanksメール
WEBサイトなどへお名前掲載
■広島県産の牡蠣
 (3千円相当)

支援者
9人
在庫数
41

30,000

プロジェクトからthanksメール
WEBサイトなどへお名前掲載
10,000円のギフトのいづれか
■PUKUPUKU製オリジナルA4縦 トートバック
 (12千円相当)

支援者
6人
在庫数
24

100,000

プロジェクトからthanksメール
WEBサイトなどへお名前掲載
10,000円のギフトいづれか
30,000円のギフトいづれか
■西日本 1地域5施設を現地ヒアリング&レポート

支援者
1人
在庫数
制限なし

200,000

プロジェクトからthanksメール
WEBサイトなどへお名前掲載
10,000円のギフトいづれか
30,000円のギフトいづれか
■全国 2地域12施設を現地ヒアリング&レポート

支援者
3人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする