航空祭が中止になりましたので、小松の週末は普段通りの人出に落ち着いていました。 JRの臨時列車は、無情にもガラガラで運行していました…。

 

昼過ぎにはすっかり好天になり、秋空の下で10月に行われる、ボンネット撮影会の準備を進めました。

九州タイプのボンネットを再現する為に、一番の特徴である眉毛を無くす必要があります。

当会はこれまでも、何度となく眉毛の書き消しを行っていましたので、今日は作業時間約30分でした。

ただ、付け直すにはマスキングが不可欠なので、1時間半くらい掛かりますので、消す方が楽なのです。

 

クリーム色を使う事から、車体側面の錆が浮いた部分にも塗装を当てて、ちょっとだけ美化しました。

剥離やケレンは行っていませんので、引き続き皆様、ご支援を賜りまして錆に強いボディになりますよう、お願い申し上げます!!

 

 

 

 

 

 

 

 

新着情報一覧へ