台風の影響で、9月18日の小松基地航空祭は、あいにく中止になってしました。

空のイベントですので、こればかりはしょうがありません。

 

普段の、いや普段よりも暇な3連休の中日になってしまったわけですが、遠方からヘッドマークを付けてほしいと、わざわざお越しになられた方がいらっしゃいましたので、ついでに私も、このプロジェクトのリターン用の画像撮影をしていなかったので、ご一緒させていただき、撮影することにしました。

この写真のイメージは、昭和48年ごろの山陽九州特急「日向」です。大阪と宮崎を結んでいました。

 

ヘッドマークは、外から填めるものと内側から回すものの2パターンありまして、今回主に、内側タイプをこのように無難な正面カットで撮影しました。

また、現役時代に稀にですが、透明板を外から填めて走っていた姿の写真も見た事があり、この写真はそれを再現しています。

 

リターン3,000円のコースには、481系初期型撮影データ10枚セットがございます。

この10枚セット、例えば10セットご購入されましても、それでも全て違うバージョンのデータになります。 ヘッドマークを交換して撮影しただけでも、かなり違った印象になるのは、ボンネット型特急電車最大の魅力であり、当プロジェクトも含めて、保存活動に関する魅力になります。

 

撮影会にお越しいただくのも地方貢献ですし、どのような在り方であっても、ボンネット保存と趣味を共存共栄させることに繋がります。

皆様のご協力をお願い申し上げます!!

 

 

 

 

 

新着情報一覧へ