すでに販売終了となってしまいましたが、前作(2011年7月7日発売)についてご紹介致します。

 

2009年、18トリソミーの子ども達写真展を開催した後、「驚きました。18トリソミーの子どもたちがこんなにも家族に愛され、大切にされていて。もったいないですね。ここで終わらせてしまうのは。写真集にしたらどうかしら。」という一人の医師の提案から、写真集制作が実現しました。

 

写真展に参加している方の中には遠方の方であったり、在宅でお子さんを看ていたりと様々な理由で写真展に足を運べない方がいました。もし写真集ができれば…日本のどこにいても、たくさんの仲間を知ることができる。医療、療育に携わるたくさんの方に、18っ子達と家族の真の姿を知ってもらうことができる。そういったみんなの想いが集結し、医師の協力のもと写真集の出版が叶いました。

 

前作では77名の子ども達が紹介され、18っ子家族、医療従事者をはじめ、多くの方にご購入いただきました。表紙、デザイン等すべてTeam18のメンバーで構成された力作でした。

 

2011年以降もこの想いを引き継ぎ、毎年18トリソミーの子どもたち写真展を全国各地で開催し、18っ子家族のつながりが広がり、絆を深めてきました。これまでの10年間でどんどん蓄積された家族の想いが、今回のプロジェクトにつながっています。

第15回自費出版文化賞グラフィック部門特別賞を受賞しています。


引き続き、ご支援・応援をよろしくお願い致します。

 

Team18 岸本

 

新着情報一覧へ