プロジェクト終了まで残り約1ヶ月半と締め切りが迫っています。

命の期限をつけられた保護犬たちの命をつなぐ為に、

私たちはこのプロジェクトを必ず達成させなければなりません。

その為には1人でも多くの方のお力が必要です。

救っても救っても捨てられる命は後を絶ちません。

NPO法人ティアハイム・コクアへは毎日のように

「犬を捨てたい!殺したいけどどうすれば良いのか?」

という耳を疑うような、心無い身勝手な飼い主から相談があります。

 

 

信じられないでしょうが事実です!

そんな身勝手な飼い主の尻拭いをなぜ?

私たちボランティアがしなければならないのでしょうか?

 

私たちは、国の援助も企業からの支援も寄付も受けてないのです。

お金のない私たちは毎日、保護犬シェルターを守る為に、

必死に頑張っています。でも限界もあります!

 

心無い人間位虐待されている犬たちを出来ることなら全頭救いたい!

 

でも、資金不足ということもあり私たちの保護犬シェルターで

救うことの出来る犬の数には上限があります。

1頭の保護犬と新しいご家族とのご縁を繋げる事が出来れば、

また新たに1頭の命を救う事が出来ます。


保護犬シェルターでは、

汚れたらすぐに取り替える事の出来るトイレシート、

体の作りの基本となるドッグフード、

定期的に行うシャンプーとリンス、

ノミとダニの予防に必要なフロントライン、

最悪の場合は死に至るが薬で予防する事の出来るフィラリア薬、

その他にも然るべき医療費など、

最低限必要なものが沢山あります。

 

保護犬であっても当たり前に必要なケアはきちんと施す

その上で新しいご家族とのご縁を繋げる事こそ

私たち保護犬シェルターでやるべき事だと思っています。

又、犬が苦手な犬、老犬でのんびり過ごしたい犬、

他の犬と相性の悪い犬など、

私たちの保護犬シェルターには様々な問題を抱えた犬たちがいます。

 

どんなに問題を抱えた犬であっても、

ケージに閉じ込めて隔離するという事を私たちは絶対にしません。

 

その為、今回の私たちのプロジェクトには、

保護犬たちが1頭だけで過ごせるスペース、

他の犬と少し離れた場所でゆっくり歩ける

フリースペースなどを作る為の設備工事費が含まれております。

 

より良い環境の保護犬シェルターで

傷ついた犬たちの心と体をケアして、

穏やかになった保護犬たちと

新しい家族とのご縁を繋げていく

私たちの活動にどうか皆様のお力を貸して下さい!

 

今こうしている間にも、命を絶つ犬たちがいます。

この現実を知って下さい!

NPO法人 Tier Heim KOKUAの保護犬たちの様子は、

毎日、Facebookにて更新していますので是非、ご覧下さい。

新着情報一覧へ