プロジェクト概要

 

 2017年夏、ふるさとをうたうプロジェクトを実施したい -

 

私たちは東北を愛する有志が集まり、仙台を拠点として誕生した団体です。

 

ページをご覧頂きありがとうございます。

「とうほくLOVE委員会」http://www.tohoku-love.jp/の代表委員の横山英子と申します。

 

私たちは音楽やアートなどの文化事業を通じて東北を元気づけ、

東北の魅力を全国に発信する活動を続けています。

 

そんな中、私たちは昨年から一般の方との参加型プロジェクトを始めました。それは東北をふるさとに持つ方、縁のある方から「ふるさと」・「家族」・「友人」などをテーマにした短歌を募集し、東北ゆかりの各アーティストが胸に響いた一編を選び、オリジナルのメロディーを作曲し、コンサートを行なうプロジェクトです。

 

今年は被災3県でのコンサートを開催したいと考えています。 

 

しかし、そのための会場使用料、音響設備レンタル料、チラシ・チケット等の制作費、県内外から集まるアーティストの交通費、楽器運搬費などの費用、そしてこれからの活動費用の一部100万円が不足しており、今回このようなクラウドファンディングをさせていただくことになりました。

 

皆様のお力でこのイベントを成功させ、一緒に東北を盛り上げていただけないでしょうか。

 

様々な場所で音楽とともに活動をしてきました。

 

 - 震災から2年を経た2013年に結成されました -

 

私たちは東日本大震災から2年を経た2013年に結成されました。現在、実行委員のメンバーは共同代表のあんべ光俊と横山英子、澤田駿介、庄司精一、山縣哲、瀬川暁子、藤田沙智代で構成されています。

 

代表委員でシンガーソングライターのあんべ光俊 等のネットワークを活かし、東北ゆかりのアーティストやミュージシャン達と恊働し、チャリティ・ライブの主催・共催やチャリティCD発売などを行っています。

 

復興への道筋が見えないなか、その焦燥感は人々の心や暮らしに重くのしかかり、地域社会や産業も疲弊している時に「東北を元気にしたい!」と、東北をこよなく愛する有志が集まり、仙台を拠点として「とうほくLOVE委員会」は誕生しました。

 

音楽やアートなどの文化事業を通じて東北を元気づけ、東北の魅力をリブランディングして全国に発信、その魅力を伝え盛り上げていきたい。

 

そんな想いから誕生した「とうほくLOVE委員会」は、いわば復興支援を文化面からささえる東北応援団です。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

 - 昨年から一般の方とのコラボによる参加型プロジェクトを開始 -

 

東北ゆかりのアーティスト達による文化面での復興支援を続けてきた私たちは、昨年より一般の方とのコラボによる参加型のプロジェクトも行なっています。

 

その中の活動の一つに、東北をふるさとに持つ方、縁のある方から「ふるさと」・「家族」・「友人」などをテーマにした短歌を募集し、東北ゆかりの各アーティストが胸に響いた一編を選び、オリジナルのメロディーを作曲するというものがあります。

 

その後、インターネットでの配信を行うほか、

被災3県でのコンサートも開催したいと考えています。 

 

地域の子どもたちの元気に救われます

 

 - 2017年夏、ふるさとをうたうプロジェクト行ないます -

 

一般の方々から短歌を公募中の「ふるさとをうたうプロジェクト」では2017年2月現在、仮設住宅にお住まいの方々や被災地域の中学生から素晴らしい作品が続々と寄せられています。

 

東北のみんなをみんなで応援する、ハートフルなうたの数々がまもなく誕生します。 短歌の選定は3月の下旬頃から行ないます。どのアーティストがどの短歌を選んでどんな歌を作るのか決まり次第、新着情報で紹介させて頂きます。

 

「とうほくLOVE委員会」では、このプロジェクトで生まれるうたをインターネット配信するだけでなく、被災地のみなさんの街で短歌を作った方々をお招きして、地域に根ざした手作りの心温まるコンサートをしたいと考えています。

 

しかし、開催にあたっては会場使用料、音響設備レンタル料、チラシ・チケット等の制作費、県内外から集まるアーティストの交通費、楽器運搬費などの費用が必要となります。

 

そのため被災3県での短歌コンサート開催を企画し実施するために、今回このようなクラウドファンディングをさせていただくことになりました。「ふるさとをうたうプロジェクト」をより立体的に発展させ、東北のみんなをみんなで応援する、手作りの心温まる短歌コンサートをするために、皆様のお力をお貸しください。

 

音楽は世代を越えて交流を作ってくれると考えています。

 

ふるさとをうたうプロジェクトについて

 

❐ 開催日時:2017年7月1日〜8月末までの間に実施
❐ 開催場所:福島銀行ホール (変更になる可能性あり)
❐ 主催者:とうほくLOVE委員会  
❐ イベント内容:「ふるさと」や「家族」「友人」など、身近なテーマを31文字であらわす「短歌」 コンサート。

作曲参加アーティスト:あんべ光俊・佐藤竹善・箭内道彦・アンダーパス・伊東洋平・桜田マコト・富澤タク・松尾一彦・松本哲也・幹miki 

コンサート参加アーティスト:日程等に合わせて上記アーティストから会場ごとに複数名が参加予定。

 

 

 - みなさまのお力をどうかお貸し下さい -

 

今回の企画は地元を大切にする方々を増やし、一緒に地域を盛り上げて頂きたいと考えています。そのためにはみなさまお一人お一人のお力が必要です。ご支援までとはいいません。どうか拡散だけでも構いませんので、みなさまの大切な方にこのプロジェクトを知らせていただけないでしょうか。どうかどうかご協力をお願い致します。

 

 

メッセージリレー実施中

 

本プロジェクトで一人でも多くの方に参加していただくために、実行メンバーや応援者の方々のメッセージリレーを実施させて頂きます。※新着情報にて随時更新予定

 

過去の活動紹介

 

●2013年7月  復興応援チャリティCD『とうほくLOVE』制作、発売中 (CDジャケット画:奈良美智、タイトル文字:荒井良二、デザイン:箭内道彦、CD参加アーティスト:あんべ光俊・佐藤竹善・箭内道彦・富澤タク・吉田鮎子たまごファーム) ※CD収益は復興支援活動に充てられます。

 

●2013年8月 仙台にて《復興応援チャリティCD『とうほくLOVE』発売記念》チャリティ・ライブを開催 ※会費の一部は「とうほくLOVE基金」として活用。

 

●2013年10月  東北楽天ゴールデンイーグルス初優勝記念ソング 「イーグルスで愛ましょう」制作・YouTubeで配信 (参加アーティスト:あんべ光俊・本間秋彦・新崎人生・カズシック・イケメンズ)

 

●2016年5月  仙台にて熊本地震チャリティ・ライブ「くまもとLOVE」を共催 主催:とっておきの音楽祭実行委員会SENDAI 共催:とうほくLOVE委員会

 

●2016年7月  熊本地震チャリティソング「予定~くまもとに帰ったら」に制作参加。

 

●2016年12月  ~とうほくLOVE基金~ あんべ光俊コンサート「ウレイラの森の故郷で」主催 台風10号で大きな被害を受けた岩泉町でコンサートを実施 主催:とうほくLOVE委員会 共催:岩泉町

 


最新の新着情報