東北支部からの更新です(^^)

 

 

12月17日を持ちまして、本プロジェクト成立させることができました。ご支援して下さった皆様、拡散にご協力いただいた皆様、本当にありがとうございます。来年3月のイベント開催に向けて、実行委員一同取り組んでいきます。

 

さて、先日、イベントの後援をいただきたく、宮城県庁と仙台市役所に訪問させていただきました。宮城県様と仙台市様には昨年のイベント開催においても後援を頂戴しました。主に今年のイベントの目的・昨年との違い・予算のことなどを説明させていただきました。このイベントを開催することで、これからの東北の復興や防災にどのようなものを生み出し、これからも継続的に活動をしていくのかという企画の原点を見つめ直すことができたと思います。

 

 

仙台市役所で対応してくださった方から「5年目を迎えるにあたって、世の中でも風化というものが進み、自分はそういう仕事をしていても、関心が薄れてしまっているように感じる。なので、学生さんがこのように自分達で何ができるか考える機会を持つのは、私達としても応援させていただきたいです。」というようなお言葉をいただきました。

 

様々な個人・団体のご支援やご協力があってこそ、Tohoku”RE”Days2015を開催することができます。自分達を支えて下さる皆様に感謝しながら、これからも企画を進めていきたいと思います。

 

プロジェクトは終了いたしましたが、これからも皆様からの応援をよろしくお願いいたします。

 

東北支部長 森航輔
 

新着情報一覧へ