READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

被災地で助産師が育児支援を継続するための車を購入しよう!

宗祥子(一般社団法人ジェスペール代表理事)

宗祥子(一般社団法人ジェスペール代表理事)

被災地で助産師が育児支援を継続するための車を購入しよう!
支援総額
2,628,000

目標 2,000,000円

支援者
212人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
7お気に入り登録7人がお気に入りしています

7お気に入り登録7人がお気に入りしています
2014年02月08日 22:54

サロンの準備

サロン活動は、当日に現地で活動するだけでなく、事前準備も必要です。

 

・サロンの日程決定・スタッフの調整・会場予約

・何をどう行うかを決め、講座を開く場合は講師も手配

・ハンドマッサージや活動に必要な用具やお茶お菓子・食器の用意

・支援物資を受け、それを各サロンに配分し、人数に合わせて準備

 

さらには、この開催情報をブログやHP、

チラシ配布などで広報しなければなりません。

地元の支援センターなどと打ち合わせることもあります。

 

そして当日。 

手作りお菓子担当の八重樫さん、千田さんは、

自宅で朝5時から前日に準備したお菓子の仕上げ、

季節の野菜を炊き込んだおにぎりなどを準備します。

 

運転手兼車担当の佐藤さんは、冬には車を暖気するところから朝が始まります。

岩手は寒いのです。

ご家族を送り出したら、自宅2階の物資スペースから、

用意した荷物や赤ちゃんの体重計などを車に詰め込みます。

 

こうして3~4人で一つのサロンに向かいます。

遠い久慈に向かう際は、朝7時には出発です。

長い運転時間も、これからの課題や、

現在抱えている問題の解決などを話し合い、

車中は軽い会議室のようになります。

 

現地に着いたら、冬は一番に暖房をつけます。

次々に会場の準備を整え、皆さんをお迎えします。

サロンは1時間半から2時間ですが、準備やかたづけでも時間を取られます。

時には、心配ごとのある母親と話し込んでしまうことも。

 

サロンの1日が終わった後も、

つながった母親と個別に連絡をとり、相談にのっています。
 

一覧に戻る

リターン

3,000

・「まんまる」からのサンキューレター
・ジェスペールのウェブにお名前を掲載

支援者
122人
在庫数
制限なし

10,000

・「まんまる」からのサンキューレター
・ジェスペールのウェブにお名前を掲載
・ジェスペール特製クリアフォルダ
・ジェスペール特製メモ帳

支援者
83人
在庫数
制限なし

50,000

・「まんまる」からのサンキューレター
・ジェスペールのウェブにお名前を掲載
・ジェスペール特製クリアフォルダ
・ジェスペール特製メモ帳
・岩手の海の恵み(乾物セット)

支援者
6人
在庫数
制限なし

100,000

・「まんまる」からのサンキューレター
・ジェスペールのウェブにお名前を掲載
・ジェスペール特製クリアフォルダ
・ジェスペール特製メモ帳
・岩手の海の恵み(乾物セット)
・プロジェクト達成で購入した車にお名前をプリント

支援者
6人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする