プロジェクト概要

2015年10月30日〜11月1日、特攻隊をテーマにした舞台を開催します。

「戦争は二度と起こしてはいけない」という想いを伝えていきたいです。

 

初めまして。一般社団法人TSUMUGI JAPAN代表の野田憲晴と申します。私たちは、星陵会館で未来に夢や希望・命の尊さを伝える為に、特攻隊の舞台を全国に教育支援として公演していきたいと考えています。また、劣化の一途を辿る遺品の保全活動も行っていきます。戦後70年が経ち、日本の未来の分岐点にも立たされている今、特攻隊の歴史を伝え、後世に継承していくことは、子供たちが将来に夢や希望を持てるような平和な社会を守り続けることに繋がると考えています。

 

しかし、その舞台開催のための費用が30万円不足しています。応援していただけないでしょうか?

 

 

 

伝統文化の舞台を復興支援として開催。

文化継承の重要さを再認識してもらい、未来へ繋がる架け橋へ。

 

TSUMUGI JAPAN設立のきっかけは、日本に危機感を感じたからでした。私たちの住む日本は、他国とは違う独特な文化が発展してきました。日本の技術やサブカルチャーは世界で認められる存在となっていますが、本来の伝統文化も他国に広がり親しまれる文化として発展させていきたい。日本人が大切にしてきた和の心。これらが現代日本人の心に跳ね返り、伝統文化の継承の重要さを再認識してもらえるよう、未来へ繋がる架け橋となっていきたいと思ったのです。

 

伝統というしきたり、古典、そこを崩さずに新しい息吹を吹き込むことを一番大切にしています。そこで私たちは、震災で流されてしまった伝統衣装や太鼓など、その復活の資金の一部になればと思い、伝統文化の舞台を開催しました。伝統文化の伝承、普及、そして日本の発展の為に舞台やイベントの開催をしております。

 

 

(伝統文化の舞台を開催)

 

 

「特攻は美化してはならない、しかし風化してはならない」

真実をしっかり後世に伝え残していきたい。

 

今回、特攻隊がテーマの舞台開催にいたったのは、板津さんとの出会いからでした。板津さんを知り心打たれ、戦争経験者に会い取材をし、知覧へ行き実際に現地を回りその当時を知る方々と会いました。

 

元特攻隊の板津さんは、知覧特攻平和会館を作り、館長として勤められておりました。板津さんは戦後70年間かけて、特攻で亡くなられた方1,036人の遺影や遺品をすべてを揃えられた方です。板津さんに敬意を払いたく、支え続けた奥様へも感謝の気持ちを込め、報いたい気持ちとなりました。遺言の「特攻は美化してはならない、しかし風化してはならない」という言葉を胸に、未来へ繋いで行く決心がついたのです。

 

 

知覧特攻平和会館の資料の数々、板津さんの思い、特攻隊として突撃されていかれた方の思いを繋いでいかなければならないのです。それは、日本にとって日本人にとって知っていなければならない事実なのです。この舞台を行うことで、亡くなられた方々へは法要に、今を生きている方々には生きる素晴らしさ、命の尊さを感じてほしいです。特攻隊の舞台で得た資金は、板津さんの集められた遺品関連を保全していく為の資金としていきます。

 

世界中に動乱の波がさざめく中、この舞台を通じて、特に未来を担う若者に、過去と現在そして未来の日本を見つめてもらいたいと思っております。全国公演、また学校などでの教育支援の一環として公演活動をして参りたいと思っております。

 

 

戦後70年の今、見直し伝えたいことがあります。現代の殺伐とした社会はどこまでエスカレートしてしまうのでしょうか?今まさに問題となっている集団的自衛権、原発問題など、国民一人一人が真剣に向き合わなければならない時が来ています。

 

いま日本があるのはなぜか?生きている事に感謝するのはなぜか?70年前に夢や希望を閉ざされ、家族を失い、死に直面した悲惨な戦争があったという事実を、戦争を知らない世代に知ってもらいたい。そして、命の大切さ、家族の大切さを伝えたいのです。私たちには、子供たちが将来に夢や希望を持てるよう、平和な社会を守り続ける義務があるのです。

 

「戦争は二度と起こしてはいけない」そんな想いを込めた舞台を開催します。

どうかみなさま応援していただけないでしょうか?

 

 

【舞台詳細】

「未来へつむぐ~今をありがとう~」

日時:2015年10月30日〜2015年11月1日

場所:星陵会館

   東京都千代田区永田町2-16-2

 

 

 

◆◇◆◇◆◇引換券について◆◇◆◇◆◇

 

・サンクスメール

 

・舞台チケットプレゼント

日時:2015年10月30日〜2015年11月1日(期間中1回有効)

場所:星陵会館(http://www.seiryokai.org/kaikan.html

 

・公式サイトへお名前を掲載

 

・手ぬぐい進呈

 

・つむぎじゃぱん賛助会員認定

 

・出演者と舞台上で写真撮影できる権利

 

・挿入歌CDおよびDVDプレゼント