おかげさまで50%を越えました!
みなさんありがとうございます。
もちろんまだまだです。
引き続きよろしくお願いします(´V`)♪

 

カンボジアとの出会い23

消費社会からカンボジアに開国をせまってやって来た黒船。
それはスマートフォン。
ご存知の通り携帯電話は買って終わりではない。
通信料として月々の支払が発生する。
一度手にすればお金を稼ぐしかない。
そして日本人と同様、今カンボジア人もスマホに夢中だ。

 

つづく

 

撮影:横田岳史

 

【毎日更新!見て知って感じてクラウドファンディング】33日目
カンボジアの水を環境保全型人工湿地できれいにしたい
READYFORでクラウドファンディング(成立条件150万円以上)
https://readyfor.jp/projects/tonlesap

 

新着情報一覧へ