筑波大学蹴球部の主将を務めます、小笠原佳祐です。 
 2018シーズンは「凌駕」というスローガンを掲げています。部員一同、昨年までの結果や、昨日までの自分を越えていこうと必死に活動している状況です。私が入部してから、筑波大学蹴球部の中で「現状維持は衰退と同じ」というニュアンスの言葉をよく耳にします。本当にその通りであると感じるとともに、どんな批判や否定的な意見があろうとも、挫けずに前に進み、また、より良くしようと活動しなければいけないと身に染みて感じています。そのリスクの先にあるものを楽しみにシーズン通して闘っていきたいと思います。

 

筑波大学蹴球部 主将 小笠原佳祐

 

 

 また、4月7日の読売新聞の朝刊に取り上げていただきました。プロジェクト開始2日目ですが、ありがたいことに多くのご支援・コメントをいただいております。今後とも筑波大学蹴球部をよろしくお願い致します。

 

新着情報一覧へ