ファンクラブ0期会員募集も33日目を迎えました。

現在、580人程が0期会員となっていただいております。

達成率は、36%となっていて、6月11日までに100%を達成することを目指します。

1600人までまだまだ長い道のりですが、残り33日間頑張ります。

 

 

ところで、筑波大学蹴球部が30年ほど前から行っているサッカー普及活動をご存知でしょうか。

通称「少年サッカー」です。

 

私たち筑波大学蹴球部員は毎週末につくば地域・土浦地域の小学生600人程にサッカーを教えています。

 

 

つくば少年少女サッカー連盟に所属するチームを中心に13チームに各部員がコーチとしてサッカーを教えに行っています。

 

30年もの歴史がある活動の中で、

 

自分も小学生時代に当時の蹴球部員に教えてもらった...

息子が小学生の時にお世話になってました...

 

そういう声を聴く機会やそういう人に出会う機会が多くあります。

 

各部員が蹴球部に所属する期間は4年ですが、それが積み重なりに重なって、数十年、数百年という歴史あるものが作られていきます。

 

そのような責任感を感じながら、蹴球部員は地域の子供たちにサッカーを教えています。

 

トップチームの試合だけではなく、2軍、3軍...の試合の際にもスタンドからは「〇〇コーチ頑張れー!」という子供たちからの声援が届くのです。

本当に部員はうれしく思っています。

 

 

筑波大学蹴球部にとっての大きな味方は地域だと思います。

これは他の首都圏の大学の運動部にはあまり見られない、筑波大学ならではの特徴だと思います。

このような地域とのつながりを今後より一層深めていくためにもファンクラブというものはとても重要な役割を果たします。

 

是非、ご協力お願いします!!

新着情報一覧へ