プロジェクト終了報告

2018年10月10日

半年間の団体運営 終了報告

皆さまこんにちは。

2018年1~2月にかけてのクラウドファンディングでは、ご支援いただき本当にありがとうございました。

クラウドファンディングでは4月~9月の半年分の団体運営費を集めました。

 

10月に入り、半年分運営費が、無事に団体の活動や孤児の学費生活費のために使われたことを報告いたします。


【4~9月のTumaini Nyumbaniについて】

団体では主に

・HIV陽性者のお母さんたちのための活動

・そして孤児たちのための活動

 

を行っています。

 

それぞれを報告させて頂きます。

 

【HIV陽性者のお母さんたちのための活動】

お母さんたちのための活動ですが、半年の間に、主に2つのいい変化がありました。

 

1つ目に、物価が上昇したため、お母さんたちがもっと雑貨を作りたくて、それに応える形でお母さんたちの給料を60%UPしました。(900sh→1500sh)

 

この給料を上げた分は、今までのサイザルバッグ製作を増やす形でなく、ネックレスなどの雑貨を作ることで給料を上げました。

 

 

メンバーの上山巳歩里さんが8月にケニアに行ってくれて、ネックレスの指導をしてくれました。

 

給料は上がりましたが、本当はもう少しお母さんたちはたくさん作って生活の足しにしたいようです。今の課題です。

ネックレスやサイザルバッグの販売は、11/11(日)10:00~16:00 木津川運動公園における京都エシカルマルシェで販売予定です♪是非ご来場ください。
公園主催の【熱気球フェスタ】と共同開催予定です。

 

 

2つ目に、毎回のミーティングでダンスを踊ることになったそうです。

ダンスは心身ともに免疫力を活性化させるということで、とてもいいことですね♪

 

他、ママワンガレと、ママジャキーという特に容態が悪くなりがちな二人にハーバルメディケーションといって予防医療的な観点からハーブの治療を行っています。

 

ハーバルメディケーションを持つ二人

 

ママワンガレは2人の子どもの面倒をみています。ママジャキーは子どもと孫の面倒をみています。今後も孤児が出ないために、まだまだ元気で長生きしてほしい2人です!

 

 

【孤児のための活動】

孤児は主に生活費と学費を支援しています。

 

特にケニアの学費は高いので、経済的な支援を継続的に行っていくことが必要とされています。

 

でも子育てをしたことがある方は分かりますが、子どもはお金だけでは育ちません。

 

お父さんお母さんを亡くして精神的に落ち込んでいる孤児たちをいつもウィニーが寄り添い励ましてくれています。

 

Tumaini Nyumbaniで支援している4人の孤児たちのこの半年間を紹介させて頂きます。

 

【ラティファ】

17歳。

4~5月にかけて思春期ということで、ネット恋愛にはまってしまい、ウィニーのアパートに知らない男の人とウィニーが遭遇して、ウィニーを困らせたこともしばしばありました。

 

そんな折にラティファは学校を転校したこともあり、ウィニーのアパートから自分の自宅へ戻りました。(自宅の方が学校に近い)週末だけウィニーの家に来るという形になりました。

 

ラティファにはお父さんがいるのですが、実はそのお父さんは実の父ではないことが判明し、精神的に不安定になることもあったそうです。そんな時もウィニーがいろいろとラティファをカウンセリングして、いろんなことをよくよく2人で話したそうです。

 

実の父ではないお父さんも、新しい後妻となった人も、ラティファの教育のことなどをあまり真剣に考えている様子はなくて、週末にウィニーと会うのが嬉しい様子です。

 

お母さんとのミーティングの日はラティファが食事の用意を手伝っている動画が送られてきました。

 

【マーザ】

11歳。

マーザは父親に性的な虐待を受けていたことが原因で、父親に会いたくなり行方不明になった事件を起こした女の子ですが、全寮制の学校に通い、心身ともに成長し、もう父親に会いに行こうとは思わなくなったということです。

 

全寮制だと8月に家に帰ってくるのですが、夏休みにウィニーに会った時本当に嬉しそうだったのこと。とても可愛い女の子で、職に就くまでまだこの先学費などの経済的な支援が必要です。

 

【エリザ・ケン】

エリザとケンは、ウィニーのアパートから離れたキリニャガという地域に住んでいます。

エリザに関しては、かなり精神状態がよくなり、笑顔も見せるようになってきて父親と一緒に住めるようになったと思ったら、父親がエリザの服を全て燃やしてしまうという事件が8月にありました。

エリザの服がお父さんによって燃やされた状態・・・

 

またケンに関しては母親を失ってしまった後、精神状態が不安定となったため、周りの人との人間関係をうまく築き上げられないでいます。

 

そんな中9月にケンが逮捕されてしまうということが起きてしまいました。人と喧嘩になってしまったらしいのですが、相手は特に怪我がなかったらしいのですがお父さんが事態を複雑にしたとのことです。

 

エリザとケンのお父さんが、暴力的で子どものことをなかなか考えようとしない以上、子どもたちは父親から独立して暮らすべきだろうとウィニーは考えています。

 

この2人に関してはまだまだ自立するまでに課題が大きいです。どんな時も味方でいようとしてくれるウィニーがいるからこそ、悲しいことがあった時にも立ち直れるのだと思います。

 

今後もTumaini Nyumbaniの活動を報告していきます!

孤児たちの誕生日会をした様子です




【収支報告】
皆さまから頂いた支援金は全額Tumaini Nyumbaniの4月~9月の活動費のために使われました。

 

4月~9月会計報告 単位ksh
   
【団体活動費】  
人件費 300000
通信費 30000
ミーティング費用 17500
緊急治療費 39,580
サイザルバッグ材料費 30,000
ネックレス材料費 18,000
   
【お母さん給料】  
バッグ7人分 37,800
ネックレス7人分 25,200
   
【個人のための費用】  
ママワンガレの家賃補助 42000
ママワンガレハーバルメディケーション 30000
ママジャキーハーバルメディケーション 30000
   
エリザとケンの食費 30000
キリニャガ交通費 18200
キリニャガ食費 9000
ケン治療費 48,400
   
孤児のための費用  
家賃 32400
日用品 1117
ガス 3240
食費 43200
水道費 4320
電気代 5400
郵便費用 1200
   
ラティファ学費 40,000
ラティファ学用品 6,500
ラティファ交通費 1,200
   
マーザ学費 40,000
マーザ学用品 12,500
マーザ生活費 4,000
マーザの通学のための交通費 3,000
   
エリザの服が燃やされた事件について警察関連 12,500
   
バッグ取り付け費用 23000
   
ラティファメガネ代 9,000
   
合計 948257

 

948257ksh≒1052340円

Ready for手数料236660円

クラウドファンディング合計金額1,289,000円

 


リターンですが、現在動画での感謝の報告を作成中です。

ボランティアメンバー、育児と仕事で忙しい中動画を作成しておりまして、もう少々お時間頂きます。どうかご了承ください。

今後、主にTumaini NyumbaniのFacebookページより情報発信していきます。

 

尚、今後の資金調達に関しては、雑貨などイベントで販売しておりますが、まだ苦しい状況でいいメドが立っておりません。

 

今後もお母さん、孤児が元気で過ごせるように月々500円から可能な(月々1000円でも2000円でも大丈夫です)継続支援に登録して頂けると、代表亀谷としては本当~にありがたいです。

 

2000円以上登録して頂けた方には特典を少しずつ準備させて頂いております。

 

これからもTumaini Nyumbaniの活動を見守って頂けるとありがたいです。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

Tumaini Nyumbani 代表 亀谷尚美