READYFOR
クラウドファンディングとははじめる
ログインログイン・登録
NEXT GOAL挑戦中

柴犬の茶太郎8歳悪性リンパ腫抗がん剤治療にご支援願います!

鈴木 世梨奈

鈴木 世梨奈

柴犬の茶太郎8歳悪性リンパ腫抗がん剤治療にご支援願います!
支援募集終了日までに集まった支援金をプロジェクト実行者は受け取ります(All-or-Nothing方式)。支援募集は10月23日(日)午後11:00までです。

支援総額

698,000

NEXT GOAL 635,000円 (第一目標金額 560,000円)

124%
支援者
130人
残り
27日
プロジェクトの支援にすすむ(※ログインが必要です)
支援募集終了日までに集まった支援金をプロジェクト実行者は受け取ります(All-or-Nothing方式)。支援募集は10月23日(日)午後11:00までです。

プロジェクト本文

 

達成のお礼

数あるプロジェクトの中から茶太郎に温かいご支援、応援のお言葉、拡散のご協力をして頂きました全ての方々へ心より御礼申し上げます。

皆様のお力のお陰で、目標金額に設定しておりました560,000円に達成することが出来ました‼

感謝のお気持ちで胸がいっぱいです。

この先も抗がん剤治療を続けてあげることができることと、そして大切な家族である茶太郎と今もこうして過ごせていることにとても幸せを感じております。

沢山の応援のお言葉に私達家族の気持ちさえもが救われました。

皆様には感謝してもしきれません…

茶太郎を救うお力をお貸しして頂きまして、本当に本当に有難う御座います!

 

ネクスゴールの設定

 

目標金額:635,000円

 

この度は皆様からの温かいご支援により当初設定しておりました目標の金額560,000円に達成することが出来ました事を、重ね重ね御礼を申し上げます。誠に有難う御座います。

 

しかしながら、当プロジェクトは新着情報でもお伝えさせて頂きました通りall or nothing 方式と言いまして、目標金額に達成することが出来なかった場合、皆様からの大切なご支援を受け取ることが出来ない制度でした。

その為、目標金額は手数料等を含まない金額を設定させて頂いておりました...

なので実際のところ、こちらから手数料12%(67,200円)と10%の税(6,720円)

が引かれてしまい...大切な皆様からの支援金として受け取ることが出来ます金額が486,080円となってしまいます。

 

今後の治療にかかります費用が、少なく見積もっても560,000円となりますので…実際のところ手数料等を差し引きますと、73,920円ほど足りていないのが現状です…。

 

100名をこえます皆様のお陰で、当初目標としておりました金額を達成することができ、ご支援を受け取らせていただく事が確約されました。

 

なので治療を少しでも長く続けてあげられる!と心の底からホッとした気持ちです。貴重なご支援を皆様本当に有難う御座いました。

 

ですが、あと少し治療費が足りず...達成して良かったねと沢山の方に喜んで頂けて、大変申し訳ない気持ちなのですが...

残りの日数でどうかもう少し引き続きご支援や拡散等のご協力をお願いしたく、この度ネクストゴールに挑戦させて頂きました。

 

もしこのネクストゴールの金額に達成しなかった場合にも皆様から頂きました大切な支援金でできる限りの治療は続けさせて頂きます。

 

誠に勝手で厚かましいお願いで本当に大変申し訳御座いません。

どうか茶太郎にもう少しお力をお貸ししていただけますと幸いです。宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

▼自己紹介

数あるプロジェクトの中、このページをご覧頂きました方々に深く感謝いたします。

 

柴犬 茶太郎の飼い主、鈴木と申します。

どうか最後まで読んで頂けると幸いです。

 

柴犬 兵庫県淡路島出身

7/2生まれ(8歳)男の子です

 

人懐っこく、誰にでも尻尾をフリフリ♬

食べる事とお散歩、海に行くのがとっても大好きです。

0歳の娘にも優しく、泣いていると心配で見に来てくれる優しい性格です。

 

今は夫婦2人0歳の娘1人、茶太郎と三重県で暮らしています。

 

 

 

▼プロジェクトを立ち上げたきっかけ

 

2022年8/6に、空調および空調リンパ節のリンパ腫と診断され

その時点で肺にも転移していたため呼吸もかなり苦しく、このままでは

あと1週間持たない、窒息死してしまう!一刻も早く抗がん剤治療を始めたほうがいい

と言われました。

しかし抗がん剤治療はとても高額で、恥ずかしながら私達家族は治療費を支払っていける経済状況ではありません。

ですが、こんなに苦しいのに頑張って必死に生きようとしてくれている茶太郎を見て

このまま何もできないなんて嫌だ!

もう一度楽しい犬生を送らせてあげたい!

もっともっと茶太郎と一緒にいたい!

私が泣いている場合ではない!

お金が無いからと言って、はなから治療を諦めたくない!

何としてでもやれることは全てやってあげたいと思い、誠に勝手なお願いではありますが

皆様からのご支援、お力をお借りしたくこのプロジェクトを立ち上げました。

 

治療までの経緯

 

8歳を迎えた2022年の7月上旬から、茶太郎の食欲低下・下痢がみられ

数回嘔吐することもありました。

毎年冬はよく食べ夏になると食欲が落ちるので初めはそんなに気にしていませんでしたが

1週間近くたっても下痢の症状が治まらないので心配になり、かかりつけの病院を受診しました。

 

触診・糞便検査・血液検査・レントゲン検査をしていただきましたが異常は見られず

皮下点滴をして、下痢止め・吐き気止め・抗炎症剤の3種類の飲み薬を処方して頂き帰宅しました。

皮下点滴が凄く効いたのか2.3日ほどは走りまわったり、おもちゃで遊べるほど元気になって、

良かったとほっとしたのも束の間...

4日目辺りから再び元気がなくなり、起き上がることさえもしんどそうにしていたので

5日目に再診して頂き状況を説明したところ、

うちでは手に負えないので総合病院を紹介しますと言われました。

その日は皮下点滴と下痢止めだけを処方してもらい、後日総合病院さまからの連絡を待つことになりました。

(資料の掲載許可は得ています)

 

そして2日後の7/19にご連絡を頂き、紹介状を手に総合病院さまで診察して頂いたところ

かなり体重も落ちて、健康時9キロ近くあった体重が7.4キロにまで落ちてしまっていて

お医者様には、骨皮状態でかなり瘦せすぎている!これは何らかの病気にかかっている

と言われました。

検査をするなら、全身麻酔でct検査・内視鏡検査をする説明を受けましたが

ただでさえ全身麻酔はかなりのリスクがあるのに、茶太郎は体力や体重も落ちているので

全身麻酔で亡くなってしまう可能性もあると言われ、どうしてあげるべきなのかとても迷いました...

対処療法しかできていない今、病気が分からないことには適した治療が出来ない事も分かっています。

しかし、全身麻酔で亡くなってしまったら...と思うと不安で不安で...

 

 

そこでお医者様から、疑わしい病気に少し効果のあるステロイド治療をひとまずする事を勧めて頂きました。

全身麻酔をする決断が出来なかった私はステロイド治療をお願いしました。

その日は、ステロイド・下痢止め・胃薬の3種類の薬を2週間分処方して頂き帰宅しました。

 

(資料の掲載許可は得ています)

 

2日たった7/21でも様子は変わらず...以前皮下点滴で少し効果が見られたのもあったので

少しでも楽にさせてあげたいと思い、総合病院さまで皮下点滴をして頂きました。

こちらでは点滴と一緒に抗生剤・吐き気止め・下痢止めも注射で入れてもらい帰宅しました。

(資料の掲載許可は得ています)

 

ですが日に日に立ち上がる気力や大好きな散歩に行く気力さえも無くなってしまい

下痢や嘔吐の回数も増え、茶太郎はもちろん、辛そうにしている茶太郎を見るのが私自身も

本当に本当に辛くて7/26に再度病院に行き全身麻酔で詳しい検査をして頂く決心を伝えました。

 

(資料の掲載許可は得ています)

 

そして7/29の午前中に病院に連れていき茶太郎を預けて全身麻酔での検査をして頂きました。

CT検査をした結果、腸がかなり変形してしまっており、空腸のリンパ節にもかなりの腫れが見られ

肺も白く影っているところがありました。

採取した細胞は病理検査に送るので検査結果が分かるのには10日ほどかかるとのことでしたが

お医者様から、恐らくリンパ腫と返ってくると思いますと説明され、

このまま抗がん剤治療をしなければ余命は2.3週間でしょうと....

私は涙がとまりませんでした。

 

検査結果が返ってくるのに10日ほどあるので、抗がん剤治療をするか

このまま対処療法だけで最期を迎えるかゆっくり考えてくださいと伝えられ

この日は帰宅しました。

(資料の掲載許可は得ています)

 

 

病理の検査結果が出る10日間の間にも日に日に弱っていき、呼吸も苦しそうにしている

茶太郎を見て、毎日涙が溢れてきました。

 

抗がん剤治療はもしかしたら茶太郎にとっては苦しい日々になるんじゃないかな?とか

本当に色々考えましたが、必死に1日1日生きようと頑張っている茶太郎を見て

飼い主である私が希望を捨ててはならない!

まだまだ茶太郎と一緒に居たいと強く思い、これは私の勝手な思いかもしれませんが

抗がん剤治療をしていく決心をしました。

 

病理の検査待ちの間にも苦しそうにしている茶太郎になにか少しでもできることはないかと何度か通院しました。

(資料の掲載許可は得ています)

 

8/6病院に行くと病理の結果が返ってきたとのことで説明を受けました。

 

(資料の掲載許可は得ています)

 

空腸および空調リンパ節の中型細胞のリンパ腫でした。

この時点で体重は6.4キロしかなく肋骨なども浮き出ており呼吸もかなり早く

起き上がることも出来ない状態でした。

お医者様から、このままでは1週間もたない。窒息死してしまうと言われ

すぐに抗がん剤治療を始めることになりました。

 

8/8

1回目の抗がん剤治療が始まりました。

uw-25 プロトコロール治療法で進めていきますが、茶太郎の場合は体重減少や体力が

かなり落ちているので強い抗がん剤をいきなり打ってしまうと癌細胞が一気に壊されることで

逆に体が持たないとのことで様子を見ながら進めていくことになりました。

 

1回目の抗がん剤はロイナーゼ400単位/kgを打ち

皮下注射でステロイドのプレトニゾロンを入れてもらっています

 

 

この10日間の間にもかなり進行してしまっていたので

血液検査の結果でも赤く異常な数値がでてしまっていました...

 

(資料の掲載許可は得ています)

 

1度目の抗がん剤治療後の茶太郎です

まだ体力が回復した訳ではありませんが、息は明らかに穏やかになり

起き上がることや食欲も少し湧いてきて、大好きなお散歩という言葉にも反応するまでになりました。

 

8/18 2回目の抗がん剤治療の日です。

血液検査とレントゲンを撮っていただき前回の抗がん剤がどれほど効いているのか調べて頂くと

癌細胞でかなり白く影になっていた肺は抗がん剤の効果で正常な黒色へと戻りつつあり

血液検査の結果も前回と比べて良い数値になってきていると言っていただけました。

 

↑ 左:抗がん剤治療後  右:治療前

(資料の掲載許可は得ています)

 

 

↑血液検査結果   (資料の掲載許可は得ています)

 

そして今回の抗がん剤は本来皮下点滴で打つのですが、茶太郎の経過などにより

錠剤でも良いとのことで、錠剤では入院もなくすぐに一緒にお家に帰れると言っていただけたので

ロムスチンという錠剤の抗がん剤を服用しました。

 

お家では引き続き、ステロイド・下痢止め・胃薬を飲んでいきます。

(資料の掲載許可は得ています)

 

 

茶太郎は小さな体で一生懸命癌と闘っています

 

なんとかこの先完全寛解にもっていけるように最後まで抗がん剤治療を進めていきたいです。

 

抗がん剤治療をすることや、治療費をお願いすることに気分を害されるかたもいらっしゃるかとおもいます...

申し訳ございません。

ですが1度の抗がん剤治療でここまで回復してくれた茶太郎をみると

私が諦めてはならない!希望はすててはならない!と本当に思わされました。

 

辛いとき苦しいとき茶太郎が居てくれたお陰で乗り越えられたこともたくさんありました

そんな茶太郎を次は私達家族が全力で守ってあげたいです。

 

 

 

▼プロジェクトの内容

 

犬のリンパ腫は残念ながら完治はしません。

しかし完全寛解に持ち込むことができればまだ数年生きられる希望があります

希望がある限り諦めたくありません

 

現在までの治療費がおよそ203,000円

今後の抗がん剤治療費が1回約3~5万円とお医者様から説明を受けました

進行具合や体調面などで皮下点滴の本数や今回のように錠剤になる場合もある為

少し金額に変動があります。

 

1.2サイクルまで1週間に1回

3.4サイクルは2週間に1回

ひとまず計16回の抗がん剤投与で約640,000円(平均の4万円で計算させて頂いてます)

 

そして、ここで完全寛解に持ち込めなっかた場合にはこの先も治療は続きます。

 

本来ならばこちらの治療費は家族である私達が支払うべきなのですが

恥ずかしながら私達家族だけでは力不足な状況です。

どうか茶太郎のためにお力をお借りできないでしょうか。

 

本プロジェクトでは手数料等引かれてしまいますが今後の14回の抗がん剤治療費560,000円を目標に設定させて頂いております。

 

皆様からの支援金は全て茶太郎の今後の治療費にあてさせていただきます。

 

どうか皆様温かいご支援のほど宜しくお願い致します。

 

 

▼プロジェクトの展望・ビジョン

 

 

まずは1週間に1回の投与を4回(サイクル1)

その後1週間空き再び1週間に1回を4回(サイクル2)

その後1週間空き次は2週間に1回を4回(サイクル3)

その後1週間空き再び2週間に1回を4回(サイクル4)

 

こちらの治療を進めていき

完全寛解に持っていくことを目標としています。

 

考えたくはありませんが、もし万が一治療の途中で茶太郎が亡くなってしまった場合、

プロジェクトの達成のご支援はこれまでの茶太郎の治療費や埋葬費にあてさせていただきます事をご了承願います。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

どうか茶太郎に温かいご支援・ご協力宜しくお願い致します。

 

 

<ご支援にあたっての注意事項>

▶︎ 1. ペット保険について

ペット保険による補償(無し)

 

▶︎ 2. 万が一の場合の代替の資金使途について

考えたくはありませんが、もし万が一治療の途中で茶太郎が亡くなって

しまった場合、プロジェクトの達成のご支援はこれまでの茶太郎の治療費や埋葬費に

あてさせていただきます事をご了承願います。

 

▶︎ 3. 問い合わせ先について

本クラウドファンディングに関するお問合せは以下までご連絡ください。

連絡先:1994serina@gmail.com

 

▶︎ 4. 治療方針などが変更になった場合について
プロジェクト実施完了までの間に、治療方針や治療の要否に変更が生じた場合、支援者の皆様、READYFOR事務局に速やかにお伝えします。

 

▶︎ 5. READYFOR事務局からのご連絡
ペットの治療費用を集めるクラウドファンディングに関しては、以下のガイドラインもご確認ください。
【ペットの治療費用を集めるクラウドファンディングに関する当社の考え】
https://legal.readyfor.jp/guidelines/launching_project/pet_care/

 

 

プロジェクト実行責任者:
鈴木 世梨奈
プロジェクト実施完了日:
2023年1月23日

プロジェクト概要と集めた資金の使途

資金は全て茶太郎の治療に充てます

リスク&チャレンジ

プロジェクトに必要な金額と目標金額の差額について
必要金額と目標金額の差額は自己資金にて補填いたします

プロフィール

リターン

1,000+システム利用料


1000円支援コース

1000円支援コース

心を込めて感謝のメールを送らせていただきます。

支援者
29人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年11月

3,000+システム利用料


3000円支援コース

3000円支援コース

心を込めて感謝のメールを送らせていただきます。

支援者
56人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年11月

5,000+システム利用料


5000円支援コース

5000円支援コース

心を込めて感謝のメールを送らせていただきます。

支援者
18人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年11月

10,000+システム利用料


10000円支援コース

10000円支援コース

心を込めて感謝のメールを送らせていただきます。

支援者
23人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年11月

15,000+システム利用料


15000円支援コース

15000円支援コース

心を込めて感謝のメールを送らせていただきます。

支援者
2人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年11月

30,000+システム利用料


30000円支援コース

30000円支援コース

心を込めて感謝のメールを送らせていただきます。

支援者
0人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年11月

50,000+システム利用料


50000円支援コース

50000円支援コース

心を込めて感謝のメールを送らせていただきます。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年11月

100,000+システム利用料


100000円支援コース

100000円支援コース

心を込めて感謝のメールを送らせていただきます。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送完了予定月
2022年11月

プロフィール

あなたにおすすめのプロジェクト

横須賀の民間子育て支援施設「結-Yui-」サポーター募集中! のトップ画像

横須賀の民間子育て支援施設「結-Yui-」サポーター募集中!

永井 由美(mam&kids salon 結-Yui-代表)永井 由美(mam&kids salon 結-Yui-代表)

#子ども・教育

継続寄付
総計
18人

注目のプロジェクト

新着のプロジェクト

プロジェクトの支援にすすむ
プロジェクトの相談をする