READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

タンザニア農村部の子どもたちに移動図書館で命の授業を届けたい

駒田茉莉子

駒田茉莉子

タンザニア農村部の子どもたちに移動図書館で命の授業を届けたい
支援総額
3,658,000

目標 3,500,000円

支援者
230人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
11お気に入り登録11人がお気に入りしています

11お気に入り登録11人がお気に入りしています
2016年10月02日 22:39

【プログラマーとコラボ!! ウフルー号のOPENING MOVIE!!】

【ウフルー号のOPENING MOVIE】

ご無沙汰しております。タンザニア移動図書館ウフルー号の駒田茉莉子です。

この夏にプロジェクトメンバーのうち3名がタンザニアに飛び立ち、

いくつかの地域に対象を絞り、小規模ながら移動図書館の試運転を実施しました!

 

試運転に先立ち、

我々がどこから来たのか?

ウフルー号は何しに来たのか?

日本ってどんなところなのか?

子供たちへの説明を兼ねたオープニングムービーを看護師の傍ら「天才プログラマー」の異名を持つ吉岡純希氏に作成していただき、ムービー作成の経緯についてインタビューを行いました。

 

吉岡純希さん(26)

看護師の傍らプログラマーとして活躍。テクノロジーを自在に操ることのできる自身の才能を活かし、2014年春より医療や福祉の現場に持ち込む活動を「デジタルホスピタルアート」と名付け、これまでに首都圏や大阪、四国の病院と福祉施設の計15カ所で実践。患者らが前向きに生きる一助になればと、独自に作成したプログラムを提供する。

 

 

1989年札幌生まれ。北海道大学医学部保健学科看護学専攻卒業。訪問看護師として勤務をしながら、慶應大学SFC研究所員として看護とFABについての研究を進めている。

 

【ウフルー号と吉岡氏との出会い】

都内のとある勉強会で吉岡氏の手がける「Digital Hospital Art」を目にしたメンバーが、作品の斬新さと彼の温かい人柄に惹かれ「タンザニア移動図書館ウフルー号と何かしらの形でコラボレーションできないか」と声をかけたことが始まりで、移動図書館ウフルー号のオープニングムービーを作成していただく運びとなった。

ウフルー号はどこから来たのか!?
ウフルー号はどこから来たのか!?
ムービーを真剣に見つめるこどもたち
ムービーを真剣に見つめるこどもたち

 

― 最初に我々からの「タンザニアの子どもたちが喜ぶような移動図書館の紹介を作って欲しい」という依頼があったとき、正直どのような印象を受けましたか?

 

子どもたちが何かを見たり体験して、それがその子どもの未来に繋がったり、その後の将来に繋がるものを作るという移動図書館ウフルー号のコンセプトが、自分のデジタルアートのコンセプトと近いものを感じましたし、テクノロジーがもっている魔法のような力を活かしたいと思い、快くOKしました。

 

 

― 想像つかない未知の国タンザニアの子どもたちのために、どのような思いを抱きながらムービーを作成されたのでしょうか?

 

そうですね。話をいただいたときから、魔法のような体験を届けたいと思っていました。なので、「わっ」と驚くような、自分がしたことで相手から反応があるという、「インタラクティブな作品」にしたら子どもにとっては、きっと面白いなって思いました。ふつうだったらやり取りすることができないものと、やり取りすることができる面白さ、みたいな。

 

 

実際のムービーでは子どもたちが「ウフルー号!!」と呼ぶと、ウフルー号の映像が出てきたりと子どもたちと映像の掛け合い(インタラクション)によって、会場は大盛り上がりに!

 

オープニングムービーに秘めた吉岡氏の思いを語ってくださいました
オープニングムービーに秘めた吉岡氏の思いを語ってくださいました

 

― 吉岡さんのおっしゃる【インタラクティブ】のアイディアはどのようなところから得たのですか?

 

 ディズニーが昔から好きで、ディズニーランドは魔法のような体験をできる場所だと思っていました。その魔法っていうのはなんだろう?と考えた時に、空間的な美しさや存在感もあるのですが、自分の動作などが反映し、何らかの体験としてかえってくることが重要な要素だと思っていました。

 また、PerfumeとRhizomatiksのカンヌで映像でのライブパフォーマンスを見た時に、これが現代の魔法なんだと感じ、そこからインタラクティブなメディアアートについての勉強をはじめました。

 

― 実際に農村部の子どもたちが吉岡さんの作ったムービーを観ている映像をご覧になって、どんなお気持ちですか?

 

単純にすごく嬉しいです!遥か遠くにいる子どもたちに「日常とはちがう体験がを届けられた」ということも、とても嬉しいですし、子供たちの笑顔を見るとこちらまでハッピーな気持ちになります。また、ウフルー号での活動の重要性を再認識し、より楽しく、学習につながる体験を届けられたらと思いました。

 

タンザニア人に翻訳をお手伝いしてもらい、スワヒリ語でウフルー号を紹介!
タンザニア人に翻訳をお手伝いしてもらい、スワヒリ語でウフルー号を紹介!

 

― 今後の吉岡さんご自分の目標はなんですか?

 

 今、僕はDigital Hospital Artという新たな分野を開拓していますが、今やっているような「病院に魔法を届ける」ということをもっと多くの子どもたちや病気を抱えている方のもとへ届けたいと思っています。そしてそれが多くの方の未来につながるような活動をしていきたいと思います。そのためには病院だけでなく、エンジニアやデザイナー、アーティストなどの様々な職種を巻き込んで一緒に制作できる環境をつくっていけたらと思っています。

 

― これまでの吉岡さんのご活躍
Home PageLINK: http://www.digitalhospitalart.com/

日経新聞LINK:http://style.nikkei.com/article/DGXKZO02268160T10C16A5BE0P01

FBページURL:https://www.facebook.com/DigitalHospitalArt/

 

一覧に戻る

リターン

3,000

Dd515965158ecf10c52fa2484bc5aa508594f1b0

【本を読むたびに「ウフルー」を思い出せるしおりを】

1. 現地のこどもたちからのThank youレター
2. タンザニアの写真で作った本のしおり
3. 年次報告書

支援者
120人
在庫数
制限なし

10,000

348c7eabfc1bf0f2c5d348537c18129208954d66

【「ウフルー」館員であることをお知らせできる名刺を】

3,000円の引換券に加えて
4. 移動図書館ウフル―号のシルバー館員名刺(100枚)

支援者
74人
在庫数
制限なし

30,000

25eefb88937ecbce7238f9c633a672a695d2ae00

【タブレットにお名前をつけ、子どもたちにお届け】

3,000円の引換券に加えて
4. 移動図書館ウフル―号のゴールド館員名刺(100枚)
5. 報告会へのご招待
6. 子供たちの使うタブレットにお名前掲載
7. FacebookやHBに館員としてお名前掲載

支援者
32人
在庫数
制限なし

100,000

Cb575d4b68ab7271232323d03b199f011a15a6bc

【ウフルー号にお名前を残します!】

3,000円の引換券に加えて
4. 移動図書館ウフル―号のプラチナ館員名刺(100枚)
5. 報告会へのご招待
6. 子供たちの使うタブレットにお名前掲載
7. FacebookやHBに館員としてお名前掲載
8. 移動図書館ウフル―号にお名前を大きく記載!

支援者
9人
在庫数
制限なし

300,000

Cb575d4b68ab7271232323d03b199f011a15a6bc

【企業・団体様向けコース】

3,000円の引換券に加えて
4. 移動図書館ウフル―号のスター館員名刺(100枚)
5. 報告会へのご招待
       (協賛企業様へは別途で報告会を開催します)
6. 子供たちの使うタブレットにお名前掲載
7. FacebookやHBに館員としてお名前掲載
8. 移動図書館ウフル―号にお名前を大きく記載!
9. 協賛企業としてロゴや社名をウフルー号にて宣伝

支援者
1人
在庫数
制限なし

1,000,000

Fad28ccc7a89af532e07a24d9e2de05329914567

【実際にウフルー号に乗って村に行ってみませんか?】

3,000円の引換券に加えて
4. 移動図書館ウフル―号の一日館長証
5. 報告会へのご招待
6. 子供たちの使うタブレットにお名前掲載
7. FacebookやHPに館員としてお名前掲載
8. 移動図書館ウフル―号にお名前を大きく記載!
9. 協賛企業としてロゴや社名をウフルー号にて宣伝
10. 現地NGOスタッフの歓迎のもと、
  1日館長となって村を回れるようアレンジいたします。(現地までの渡航費は自己負担となります。)

支援者
0人
在庫数
制限なし

プロジェクトの相談をする