READYFOR
クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

【Umaar'sの挑戦】新ひだか町で引退馬も地域も幸せにしたい!

【Umaar'sの挑戦】新ひだか町で引退馬も地域も幸せにしたい!

支援総額

737,000

目標金額 680,000円

支援者
84人
募集終了日
2019年11月29日
プロジェクトは成立しました!
13お気に入り登録13人がお気に入りしています

13お気に入り登録13人がお気に入りしています
2019年11月20日 22:37

新着情報13馬人町

昨日は新着情報12

競走馬の未来を守りたいから

多くの方に観ていただくことができました。

グリーンストーンという元競走馬の消息から大きくなりだした

引き取りたいという想い、そして思考の転換で企業という形なら全ての馬を救う道筋ができるのではないかそういった馬を想う気持ちが人へと

そして町へと繋がっていきます。

 

ちょっと表現が難しくてうまく書けるか不安ではありますが・・・

 

今日はその続きを書きたいなと思います。

自身の死を顧みた時個人ではあとが途絶える。

その時に残された馬の事を思うときに起業という選択肢を選びました。

 

NPO法人等非営利とせずに企業、会社という選択にしたか。

それはもう既に 非営利で馬の為に尽力して人と人を繋ぐ活動を

している方々がいて、そして自身も馬を保護したときに

必ず人の手が必要になる。

そしてそれを次の世代に繋げて託す必要があるからでした。

その為には営利を求めなければいけないと悟ったからです。

 

どんなに綺麗な言葉を並べてもどんなに馬への想いがあっても

お金がなければ救えない・・・

お金が目的じゃない。馬を保護するためには必要だからです。

そしてそれを維持していくにもやはりお金になる。

自分は大切なものを守る為に稼がなくてはいけない。

目的ではなく手段のひとつとして必ず必要になります。

それは馬の保護の為であり維持であり

そしてその馬は必ず人の手が必要になります。

人を雇用する必要があります。

 

人の善意で好意で突発的な対応というのは限りがあります。

全ては有限なのだから。

 

自分達は備えなければいけない、維持していかなければいけない

繋いでいかなければいけない。

 

よくJRAが補助をだせばと耳にします

いずれはそれもアリだと思いますが、簡単に手に入るお金というのが

チラつくと お金にだけに群がる人が必ずでてきます。

 

馬の事はどうでもよい人達。

そういう人達が考えうる限りの抜け道を絶ってから

そういった補助等をしなければ

不幸な馬を作り出してしまう。

あらゆる事象を予測してからでなければいけない。

 

順序をたてて馬を保護できるまでになったとしたときに

人の手が必要になります

その人達が馬の為にと集まったときそこには必ず現実とのギャップが生れます。

 

生活するのに困ります。

 

馬というのは大型なので相当の敷地を確保する

そういった時必ず 市街地から外れた場所になります

とても不便です。

それは外から来た人達が一番感じるでしょう。

そしてストレスを抱え、人が疲弊する。

 

先日のお話でもしたように

人が疲弊するとそれは全て馬にしわ寄せがいきます。

何度もいうようですが それは馬が不幸になるだけ。

 

自分は安く使える人材が欲しいとか奴隷が欲しいわけじゃない

馬の為にと一緒に馬を想う仲間が欲しい。

 

そうなった時に外で得られるはずの対価と同等の賃金を約束する必要がある

そして その得た対価を使う場所が必要になります。

 

今、日本全体が少子高齢化で人口減少が著しいですよね。

それはそのまま馬産地にも影響がでています。

 

そして馬の仕事というのは現実とのギャップが大きく

離職率が高いのも問題にあげられます。

 

自分は馬を集めるのと同様に人を集めなければいけません。

でもその度にみんな離職していくそれでは元の木阿弥

そして人が欠けた穴は更に人へ負担がいき そして馬へしわ寄せがいくのでは

本末転倒。

 

現実とのギャップをどう埋めていくか。

これから先の展望を考えたときひとつの不安があります。

それは高齢化と人口減少で商いが成り立たなくなっているという事。

 

あと何年やったら、という終わりを見据えてる。

自分が生活していく上で無くなっては困る場所があります。

でもいろんな事が重なりあって その流れに歯止めがかけられない。

 

馬を保護するという目標を考えれば考えるほど

人が必要になる、だけど今の流れのままだと5年と言えないくらいには

切羽詰まった状態。

 

ここが無くなった時どうする。

無くならくて済む方法も考えた。

無くなった時の事も考えた。

周りを見渡した時に管理の行き届かないものがある

なんでだろう。

何が原因なんだろう。

 

やはり自問自答です。

馬の為にと考えれば考えるほどに

いまのままじゃ駄目。

 

馬と人と考えた時に 人を定住させるための人の営みが不便にならない町が必要になる。

車で15分いけば とか北海道民の価値観・・・通用しないです

残念ながら。

もっと外の状況を知る必要があります。

この外を知るというのはまた別の形でも表れてきます

 

馬の仕事を求めてくる人というのは大抵にして道外の人です。

多少の差はあるもののだいたいにして都会です。

 

どんなところから来てるのか

働きに来た人達の価値観というものを実は把握してない可能性を感じた。

あくまでも主観ですがそこに無いものがあることに気が付いてない。

 

そしてそれが普通だと思ってしまっている節を感じる。

 

どうしても考える癖がついてしまって

なんでも考えてしまう、さしあたっての目先の事は無論中長期的な展望

というのも考えます。

 

思考が止まるときは 

旋回癖のある馬の馬房の前に来た時くらいでしょうか(笑)

おおおい勘弁してくれよぉぉぉお ってなりますw

その時だけは思考よりも寝藁に向かって独り言タイム(どんな時間・・

 

そして考え抜いた結果、町おこしをしよう

どう考えても 馬を保護した、人を集めた、となったときに

行き詰るのが 人の生活、営みの部分にぶち当たります。

 

物事って繋がっているんだなって思いました

馬を想えば人が、人を想えば町が。

 

このプロジェクトをする際に どうしても一緒に進行する必要がある

そう考えました。

 

無論、そこには働き方の改善。賃金の改善。更にもっと絡み合います。

何故離職が起きるのか。 もっともっと深く考える必要があります。

 

馬の事を考えれば考えるほどに。

 

では町をおこすとはどういう取り組みか。

何かPRイベントとかキャンペーンする事でしょうか?

実は先日某雑誌の取材があり ほんの少しですがUmaar'sの事でます!

今日(20日)締め切りでエントリーをしたと連絡をいただいたので

25日発売の雑誌に載ります。

その中で1個だけこのPRイベント系の取り組みを視野にいれて中長期的にやろうとしてる事を口が滑って(笑

言ってしまいました・・・・ 載ってしまったら

や・・やるしかないじゃないか・・・ と今は葛藤と闘っていますが

やります。

 

話が逸れました。

自分の町おこしは基本的にイベント系を想定はしていなかったです。

単発的な何かではなく 中長期的に 町へ社会貢献。

これが自分の町おこしと捉えてください。

 

まず必要なのは 町に雇用を生み出すという事。

若者の流出等を踏まえても 第一産業の多いこの地域はなかなかにして

雇用の増大に結びつかない事が多いです。

今の気候変動で主産業が厳しい感じも受けます。

雇用は最初の切り口としては引退馬支援からの雇用創出になります。

必ず人が必要ですから。

これは一度新着情報の中でも述べたと思いますが

『馬かふぇ』を創ります。

何故カフェか。

自分が最初に口にしたとき 誰もピンとこなかったです・・・。

 

①働いてる雇用者の食事を賄う場所が必要。

②地域の憩いの場の提供

③近距離からの需要

④中距離からの需要

⑤遠距離からの需要

⑥道外からの需要

 

今の人口減少と自身が雇い入れる雇用者の需要だけでは

採算が合わないものは却下されていきます。

そうなったときに4つの距離からの需要を考えました。

そしてターゲット層。

これはもう切り離せないというか・・・

自分自身へのご褒美や出資における行動力は女性のほうが遥かに大きいです。

 

JRAでも今そうしてますよね・・・UMAJYO。

何故そうなのかいっぱい言いたいことあります。

でも敢えていいません。

 

どの距離からの需要を考えても ターゲットにおける行動力の差を考えた時

女性に向けていくのが理想でした。

 

無論この『馬かふぇ』というのもひとつの事業計画でしかなく

いろんな形で雇用を増やすというものを念頭に入れて計画しています。

観光も踏まえ 内と外の需要をどうやっていくか。

もうやりたいことたくさん浮かんできます。

 

自分の町おこしとは

雇用を増やし、人口を増やし、町の活気創りとそして町に必要な税収を確保する事。

 

前回の新着にも述べた 無いものは創る。

 

では最後に今回のプロジェクトのリターンを考える際に

マフラータオルというものを考えましたが

そこに使うイラストを依頼しようと思っていましたが

最初予定してた方が子供の発熱で札幌から来られなくなった・・

これは困ったゾと 自分でペンタブ握って描いてみたら・・・

『絵心家出』事件がおきました!

これでも漫画家目指してたりと多少は絵を描いてたんだけどな・・・

ショックでした 右手が震えます 右手の封印が解けない

そんな話をTwitterでしたりもしてましたが

そこでUmaar'sのこの綴りの意味をたまたま話していました

今はUmaar'sは種を撒くどころか畑を耕してる最中で

この『’』は種で いずれいろんな花を咲かせるのをイメージしてるんだ

そんな事をとある方にしていた。

 

そして『絵心家出』事件の時に困っていたら

 

おなじTwitterでいつも応援してくれている ゆるふわ馬牧場様から

と、コチラはブログ用に宣伝したときに自身が加工したものですが

花を咲かせたイラストロゴを描いていただきました。

 

そして今回のリターン用のマフラータオルのデザインとして

提供していただきました。

 

いつもいろんな形で助けられます。

このプロジェクトを開始直後に少しトラブルもあり

自身も風邪をひいて出鼻をくじいてしまい

そんな自分を励ますように 缶バッジと紅茶に

そして心温まるメッセージをいただきました

 

ああ、自分はいろんな人にこうして支えてもらえてると実感しました。

 

昨日から今日にかけて多くの反響と支援をいただき

59%まで来ることができました。

 

これから先も自分にできる事を考えて起こりうる事象を想定しながら

起業後の計画も練っています。

 

馬を想えば人に、人を想えば町に

そういった繋がったものを このプロジェクトを通して

馬 人 町 と言い続けてきました

 

この記事が投稿されたとき23時を回れば残り8日となります

 

Umaar'sの 『’』は種で

いろんな花が咲くよとこの綴りにするときにイメージしました

 

自分は絶対にたくさんの花を咲かせたい

引退馬支援という形を通して。

泣いていた自分を奮い立たせたのも

この引退馬支援という形を強い想いに変えたのも

担当馬だったグリーンストーンという元競走馬。

どうにかして引き取れないか 安否を知ることできないか模索中ではありますが

 

このプロジェクトを支援していただいた沢山の想いを

ゼロにしない為に まだ支援が必要な状態です。

 

Umaar'sの 花を咲かせるために あと少しの間ご協力をお願いします

 

そんな想いを込めて歌います

Kinki Kids で『フラワー』

 

(歌わなくてよろしい

 

9月に地域のお祭りの秋祭りがあり

そこにカラオケ大会があるので Umaar’sのイメージとして

来年歌おうかなと思ってました

 

そういう想いが伝わればいいな というお話で今日は終わりたいと思います

ご支援よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一覧に戻る

リターン

3,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

Umaar'sを応援してください!

感謝の気持ちをサンクスレターでお届けします。

支援者
37人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年3月

10,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

Umaar'sオリジナルタオルをお届けします!

感謝の気持ちをサンクスレターでお届けします。
Umaar'sオリジナルイラストマフラータオルをお届けします。
※クラウドファンディング用に特別にご提供いただいたイラストのものです。

支援者
17人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年3月

10,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

Umaar'sをもっと応援してください!

感謝の気持ちをサンクスレターでお届けします。
リターンに費用がかからない分、ご支援の多くをプロジェクト実施にあてさせていただきます。


支援者
25人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年3月

20,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

起業記念名古屋競馬協賛レースの報告をお届けします!

感謝の気持ちをサンクスレターでお届けします。
Umaar'sオリジナルイラストマフラータオルをお届けします。
※クラウドファンディング用に特別にご提供いただいたイラストのものです。
Umaar'sロゴ入り作業用手袋×3をお届けします。
※デザインはまだ未定です
起業記念で地方名古屋競馬場での協賛レースを行う際の現地フォトレポートをお届けします。

支援者
3人
在庫数
制限なし
発送予定
2020年5月

50,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

起業記念名古屋競馬協賛レースのスポンサーになってください!

感謝の気持ちをサンクスレターでお届けします。
Umaar'sオリジナルイラストマフラータオルをお届けします。※クラウドファンディング用に特別にご提供いただいたイラストのものです。
Umaar'sロゴ入り作業用手袋×3をお届けします。※デザインは未定です。
起業記念で地方名古屋競馬場での協賛レースを行う際の現地フォトレポートをお届けします。
起業記念で地方名古屋競馬場での協賛レースを行う際に現地で見学をしていただける権利をお渡しします。※現地までの交通費等は含まれません。
協賛レースで今回ご支援いただいたあなたのお名前もしくは企業名をスポンサーとして紹介させていただきます。
協賛レース名入りの記念ゼッケンをお届けいたします。

支援者
2人
在庫数
8
発送予定
2020年5月

100,000

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

地域や企業の活動をお手伝いいたします!【新ひだか町限定】

感謝の気持ちをサンクスレターでお届けします。
Umaar'sオリジナルイラストマフラータオルをお届けします。※クラウドファンディング用に特別にご提供いただいたイラストのものです。
Umaar'sロゴ入り作業用手袋×3をお届けします。※デザインは未定です。
新ひだか町の企業や地域内の取り組み、活動をUmaar'sがお手伝いする権利をお届けします。地域に関わることであれば、どんな依頼でもご相談いただければと思います。※有効期限として発行から半年間とさせていただきます。

支援者
0人
在庫数
5
発送予定
2020年5月

プロジェクトの相談をする