プロジェクト終了報告

2016年11月12日

報告とお礼

「ゴミは捨てるものではなくて、拾うもの!」をキャッチフレーズに石垣島の美しい海岸を再現し、未来の子供たちに美しい自然を残していきたい。

海岸清掃と不法投棄防止を目的に10月30日に野底下地海岸にて開催しました「第8回 海・LoveLoveフェスタ in 石垣島 2016」は、お天気に恵まれ無事に大成功で終えることができました。
近隣校区の運動会など行事が重なりましたが、地域の皆様を中心に石垣市民や県外からの参加もあり、幼児からご高齢の方やファミリーでの参加が多く480名のみなさんが参加して頂き、美しい海を目の前に沢山の漂着ゴミを短時間で拾い集める事ができました。

 

 

拾ったゴミは袋にして154袋、大型のゴミ62個、ブイ277個、細かい小さなプラスチックのかけらまでみんなで丁寧に拾い集めました。

回収したゴミで海ゴミアートを作り、全員で記念撮影しました。今年のアートは大きなハートから新しい芽が発芽していく姿を表現しました。フェスタに参加した子どもたちが成長し、私たちの意思を受け継いでバトンをつないでほしいというメッセージを込めました。

 

 

今回は小学生、中学生、高校生と学生の参加が目立ち、多くのジュニアスッタフも誕生し活躍しました。また小さな子供がいる家族連れの参加も目立ちました。
また、小さな子どもたちに向けて漂着ゴミの勉強会のコーナーも新たに企画、大人も子ども漂着ゴミのことを学びながらビーチクリーンをしました。ビーチクリーンの輪が年齢や育った環境を超えて、さらに小さな子ども達にも広がっていることを実感し喜んでいます。

 

 

撮影後は恒例のバケツリレーでゴミを集積場所まで運びました。多くの皆様からのご協力を頂き、地元の特産品で料理したランチやライブもすることができ、参加者の皆さんと交流の時間を持つことができました。
フェスタ後の海岸は、美しく真心の感じられる優しい海岸になっていました。

これもひとえに海loveフェスタの趣旨にご賛同いただき、全国の皆様方からの真心と絶大なるご支援のお力添えが味方して、無事故で終了することが出来たことと心より感謝申し上げます。

 

 

8年にわたって開催してきました「海・LoveLoveフェスタ」は今回で一旦終わりとさせていただくことになりました。

フェスタという形での活動は今年で最後になりますが、石垣島の海岸にはこれからも漂着ゴミがどんどん流れ着きます。漂着ゴミで埋め尽くされたまま、ほったらかしになっている海岸がたくさんあります。街でのポイ捨てや、不法投棄もまだまだ後を絶ちません。
海・Love実行委員は海Loveネットワークとして、これからも創意工夫しながら一年を通したビーチクリーン活動に力を入れてまいります。

いつか石垣島の海岸から漂着ゴミがなくなることを願い、ゴミを拾い続け、そして普段からゴミを拾うことを呼びかけ、みんなにバトンを渡して行きたいと思います。

結びにあたり、READYFORを通して「第8回 海・LoveLoveフェスタ in 石垣島 2016」にご支援を頂きました全国の皆様や関係者の皆様方の真心に心から感謝申し上げると共に今後の活動へのご指導・ご支援を賜りますようお願い申し上げ、書面にてお礼のご挨拶とさせていただきます。

 

 

平成28年11月7日
海・LoveLoveフェスタ in 石垣島 実行委員会