700年の時を経て蘇る。幕末の志士が愛す"楠木正成"の写真展開催

 

本プロジェクトにご興味をもって頂き、ありがとうございます。

山岳写真家の廣田勇介です。

 

今日は、本番用のプリントのチェックのため、

東京の水天宮近くにある印刷所に伺いました。

 

いつもお世話になっているプロラボの方からご紹介頂いた

今回の印刷所ですが、オペレーターの方が、楠木正成公をご存知で

太平記も読んだことがあると聞いてビックリ!

 

モチーフに深い知識がある方にお願いできて、なんとも有り難い限りです。

 

さて、その水天宮ですが、

 

水天宮

夜桜がともてキレイでした(しまった、iPhoneしか持ってなかった!)

 

はじめて、この印刷所を訪れた日、お宮さんの例祭が行われており、

自然と足がむいて、御祭神もわからずに(笑)お詣りをさせて頂きました。

 

帰ってから、水天宮、水天宮、、、どっかで聞いたことがあるな・・・

 

なんだっけな…

 

 

と思っていたところ・・・・

 

 

 

 

ま、間違えました、

 

こちらの方でした(汗

 

 

 

真木和泉守

本家久留米水天宮の神官・真木和泉守(幕末ガイドより引用)です!

 

 

 

(もちろん、二つの写真に関連性はございません)

 

 

 

真木和泉守は幕末に活躍された尊王の志士の代表で、

大の楠公ファンであり、その激烈なる志とともに、

当時「今楠公」とも呼ばれた忠義の人です。

 

 

真木和泉守の楠公ファンぶりは一筋なわでなく、ご命日5/25には

旅をしていても、牢屋に入れられていても、何処にいても、

祭壇をつくり、一人で慰霊祭を行っていた、という記録が残っています。

 

 

ご縁を辿っていきついた印刷所が、水天宮のすぐ近くだった、

ということに、偶然ではないご縁を感じてしまいます(いや偶然かも)

 

 

 

でも、それはどうでもよく、

 

 

問題は、楠公のご命日には真木和泉守が、

何処にいても参列されるということです。。。

 

それは‥

 

 

写真展(5/20-27)にも、お越しになるということか!!!

 

 

 

 

というわけで、

 

 

 

日本一の楠公ファンであられる真木和泉守にご覧頂いても、

 

恥ずかしくない写真展にしたいと思っておりますm(_ _)m

 

 

 

(相当なプレッシャーです汗)

 

 

 

よろしくお願いします!

 

 

廣田勇介

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新着情報一覧へ