吉水神社と楠公さん

700年の時を経て蘇る。幕末の志士が愛す"楠木正成"の写真展開催。

 

山岳写真家の廣田勇介です。

 

 

おかげ様で、クラウドファンディング目標金額の70%まで、

ご支援を賜っております!

 

終了まであと37日、引き続き、

皆さまの温かいご支援をよろしくお願い申し上げます。

 

 

さて、今回は表題の神社。

奈良、吉野は吉水神社のお話です。

 

 

 

 

この10日間、実は私、通勤のため東京と吉野を五往復するという

八咫烏も顔負けな移動生活をしておりました。

 

 

 

 

実在する焼き鳥屋さん(すごい名前ですね。。。)

 

 

 

 

 

はい。

 

 

 

 

今回はこちらのプロジェクトのお仕事で、

 

 

 

お茶会の他、後醍醐天皇御即位700周年記念の歴史的な行事の撮影を担当させて頂きました。

 

地方創生に尽力される皆さまと、すでに歴史的な地位にあるこの吉野をさらに、魅力ある土地にしようとされる、地元の方々の協力タッグです。

 

本当はこちらのお話も書きたいのですが、

一度踏み込みますと、おそらく2日や3日では出てこれない、

ブレアの森に踏み込むようなものですので・・・

 

 

表題のお話に絞らせて頂きます。

 

 

さて、吉水神社。

 

 

こちらは、一時期、南朝の行宮があった場所。

つまり、皇居だったんです。


 

ふつう、皇居のイメージってこんな感じですよね。

 

 

 

都会の中に、緑が残っている感じです。

 

 

でも、吉水神社はこんな感じです。

 

 

赤い印が吉水神社。南朝行宮。

 

現代でも深い森林に覆われているのがわかります。。。

 

 

 

 

 

拡大しますと、

 

 

こんな感じ。

 

吉野町の方には悪いですが、

 

これはれっきとした「山」ですね…。

 

 

しかも700年近く前の話ですからね。

 

 

昔はもっと、「山」だったに違いありません。

 

 

 

 

どんな理由があっても、

こんな所に(吉野町の方ごめんなさい)天皇を追いやるなんて、

 

 

 

 

 

 

足利尊氏!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と思いましたよ(笑

これを初めて知った時は。

 

 

でも、その後、太平記を読みこむにつれ、

 

足利尊氏にも、

それなりの事情があり、

 

理想だけでは食っていけなくなり、

 

という人間的な理由を知るにつれ、

 

太平記というドラマが、より一層親しみを感じられるように、

なったのも事実なのですね。

 

 

 

大河ドラマ太平記での足利尊氏役の人

 

 

 

では、それに対して、なぜ楠公さんが貴いのかというと、

 

一言でいうと、

 

生涯に渡って理想を貫くことが出来たからなんですね。

 

 

 

 

「そうは、言っても現実は厳しいからね~。」

 

 

「生活がありますから…。」

 

 

「理想だけじゃ喰えねぇよ」

 

 

「いい加減、大人になったら?」

 

 

未だピーターパンから抜け出せない私は、

未だに、よくよく聞く言葉です。

 

そしてそのご忠告はすべて正しいのです。

 

 

楠公さんにも、天皇や理想を裏切る自由があり、

事実、足利尊氏から、多大な恩賞の約束をされたり、

そうしようと思えば、いくらでもそう出来る実力もあったのです。

 

 

でも、楠公さんは、それらの誘惑や忠告に耳を貸さず、

理想を貫き通しました。

 

 

人間界において、理想を貫くことが、

どれだけ難しいことかを、昔の人々も理解していたがために、

今も各地で御祭神として祀られているのでしょう。

 

 

 

そして、私たちが楠公さんから学ばねばならぬことは、

理想に生きたという事実よりも、

 

どうやって理想を貫いたのか?

 

という方法論なのかもしれません。

 

つまり、理想を貫くためには、

現実的な人間よりも、合理的、戦略的でなければ無理

 

ということなのですね。

 

 

 

 

千早城の戦いで、楠公さんは時代を200年先取りした恒常的な陣地を構築した

 

 

 

誰よりも理想に生きて、

誰よりも合理的、戦略的な戦いをした。

 

 

だから楠公さんはカッコイイんですよ。

 

 

 

 

 

さらに、楠公さんの偉大さの秘密は、

それだけじゃなくて、

 

 

 

その死に様にもあるのですね。

 

 

それはまたこんど。

 

 

 

ちなみに、吉水神社を皇居と定められた、後醍醐天皇は、

太平記の前半で、鎌倉幕府打倒に失敗し、

不運にも、島流しにあわれています。

 

 

以前、鳥取に行った際、海岸から後醍醐天皇が流された隠岐ノ島を

見たときも、先ほどの吉水神社と同様に思いましたね。

 

遠くに霞む隠岐ノ島、

 

だってこんな感じに見えたんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

これはちょっと…、大袈裟ですかね…。

 

 

でも、

 

 

 

 

 

​北条高時!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

とおもいましたよ。

心の底から。

 

 

 

 

 

そしまして、吉水神社に戻ります(いきなりかよ)

 

 

 

主祭神はもちろん、後醍醐天皇。

 

現在は書院が日本最古の書院作り住宅建築として世界遺産に

登録されています。

 

 

 

その他、義経と静御前が最期に会した間や、

後醍醐天皇玉座、豊臣秀吉公ゆかりの品々など、

濃密な空気の漂う空間となっております。

 

 

そしまして、

吉水神社の佐藤宮司はあまりにも有名な方なので、

ここでの説明は省略させて頂きます。

 

何しろ、ブログのタイトル、

 

ニコニコ顔で命がけ!

 

の通り、宮司になられる前は、

大阪府警で特殊急襲部隊SATやレンジャー部隊の指導を

されていた方ですからね。

 

勇気と度量の大きさが、現代人の理解を越えられた、

巨大な人です。

 

 

 

そして、なんと摂社の楠公社、吉水宗信法印社に、

今回の写真展の案内を置かせて頂いております!

 

 

 

畏れ多い~。

 

「楠公さんの写真展だから、楠公社がいいでしょう」

 

と佐藤宮司はニコニコ顔で、置かせてくださいました。

 

 

ありがとうございます。

 

 

楠公さん所縁の神社様、お寺様などに

様々にご協力頂いており、

 

誠に感謝に堪えません。

 

 

 

BIGスポーツくじHPより

 

 

 

 

他にも様々な方々にご協力頂いており、

こちらでご紹介できないのが申し訳なく思います。

 

いつも、まとまりのない終了で、

恐縮ですが、本日はここまで。

 

 

引き続き、本記事のシェア、クラウドファンディングへのご支援など、

ご協力よろしくお願い申し上げます。

 

 

ありがとうございました。

 

 

廣田勇介

 

このプロジェクトを支援する
(※ログインが必要です)
Facebookページでおすすめプロジェクトを毎日配信しています