昨日は二子玉川にてSFC井庭先生によるパターン・ランゲージ3.0研究会に行ってまいりました。

 

 

パターン・ランゲージとは暗黙知化されやすいヒケツを表して一つの言語体系にするものです。本やカードになっています。(参考:第一回時の公開スライドです。 http://www.slideshare.net/takashiiba/301-36113680 )

 

この思想で考えられた最近話題の本があります。

「旅のことば ー認知症とともに生きるー」

http://tabinokotoba.sfc.keio.ac.jp/

 

 

これは認知症の周囲の人達がどのようなサポートをしてきたか?などのノウハウや考え方を抽出し再統合させて作った一種のノウハウ集のようなものです。(ノウハウの羅列ではなく、それぞれが関係性をもって世界観まで構築しているものになります)

 

・周囲の人達の向け

・暗黙知の共有化

 

という所に惹かれてこの研究会に参加しておりました。

約半年のプログラムでしたが、なんとか完成しました。

 

ウツ会議を創る上でもこれから参考になる知見をたくさん得ることが出来、またすでに取り入れて個別勉強会も主催したりしています。

 

常に新しい物を取り入れながら、ウツ会議をブラッシュアップしつづけるため日々精進しております。

 

興味持っていただきましたらどうかご支援よろしくお願いします。

広瀬眞之介

新着情報一覧へ