クラウドファンディングとははじめるさがす
購入型
成立

フィリピンの子供達に幸せを届けたい!!

井原祥太

井原祥太

フィリピンの子供達に幸せを届けたい!!
支援総額
301,000

目標 300,000円

支援者
39人
残り
終了しました
プロジェクトは成立しました!
7お気に入り登録7人がお気に入りしています

終了報告を読む


7お気に入り登録7人がお気に入りしています
2018年07月12日 12:42

メッセージリレー第一弾!! 〜まがらんへのインタビュー〜

こんにちは☀️
V-ACTメンバーの山本祐希です。
私たちのいる秋田は、まだ梅雨真っ只中☔️でどんよりした日が続いていますが、勉強やサークル活動、そして8月のフィリピン渡航に向けての準備でとても充実した生活を送っています。

これから、私たち1年生のメンバーが、昨年実際にフィリピンに渡航したメンバーにインタビューして知ったこと、考えたことなどをリレー形式でみなさんにお伝えしていきたいと思います!

第1回の今回、私山本がインタビューしたのは、“まがらん”こと、眞柄史織さんです👏

初回ということで、ものすごくジェネラルな質問からお聞きしました。

Q.V-ACTに入った理由はなんですか?
A.まがらんさんは元々、大学生になったら国際協力や途上国で活動する団体に入ろうと考えていました。そして、国際教養大学でV-ACTという団体に出会い、“支援する/される”といった特殊な関係性ではなく、個人として心から相手と関わることに価値を見出す、という理念に強く興味を持ちました。実際、その当時はこのV-ACTの理念を理解することはできなかったそうです。しかし、だからこそ、個と個の自然な関係性が生み出す価値を知りたい、その理念を理解したい、という思いからV-ACTの一員となりました。

Q.これまでの活動を通して、個と個の関わり合いが持つ価値は見えてきましたか?
A.昨年の入部したての頃、まがらんさんはとにかくできることをしようと必死でした。そして、夏の渡航を経験したことで、自然な人間関係が持つ価値に気づけたと言います。フィリピンの人たちは自分たちと会って話をしたり、一緒に遊んだりして関わるだけで、ものすごく喜んでくれた、日本ではそれぞれの立場が重要視されがちで、単に人として関わることができていなかった、ということに気づいたまがらんさんは、フィリピンから帰ってきてからの普段の生活でも個と個の関係を大切にしているそうです。

Q.昨年のフィリピン渡航で心に残っていることはなんですか?
A.昨年のフィリピンでの活動の中で、まがらんさんはけん玉のパフォーマンスをしました。すると、それを見た子どもたちが見よう見まねで練習を始め、みるみるうちに上手くなっていったことに感動したそうです。また、その子どもたちはいくら遊びに夢中になっていても、人から借りたものはきちんと持ち主の元に持っていき、ありがとう、と言って返してくれたそうです。他にも、何も言っていないのにお祭りの準備を手伝ってくれるなど、子どもたちの言葉がなくても人を見て、その人が求めているものを察して行動する力に、とても感動したと話してくれました。人になにかをしてあげる、ということが子どもの頃から当たり前であるということが、人と人とのつながりを大切にするフィリピンの人々の心に通じているのだと、まがらんさんは考えたそうです。

Q.昨年の経験を踏まえて今年フィリピンでやりたいことはなんですか?
A.昨年の渡航では、やることがたくさんあって、ひとつひとつのプロジェクトを成功させることに重点を置きすぎた、とまがらんさんは言っていました。そこで、今年の渡航では、プロジェクトを実行することだけでなく、それよりも、V-ACTのコアの部分、個と個のつながりを大事にして心からフィリピンの人々と関わることに重点を置いて活動したいと話してくれました。

今回のインタビューを通して、フィリピン渡航のイメージがより具体的になり、ますます楽しみになってきました。さらに,今まで知らなかった、まがらんさんの一面を知ることができて、とても良い機会だったなあと思います。

次回は、1年生の川上野乃華が南沢しおりさんにインタビューします!
お楽しみに👋

一覧に戻る

リターン

3,000円(税込)

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

バッジ5個とサンクスレター

現地の小学校の子供たちが描いた絵を印刷したバッジをお送りします。

支援者
7人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年10月

5,000円(税込)

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

ポストカード3枚とサンクスレター

現地の小学校で撮った子供達の写真や村の風景の写真などを印刷して、支援してくださった方々に実際に使っていただきたいと思います。

支援者
17人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年10月

10,000円(税込)

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

アルバム1冊とサンクスレター

現地の小学校で撮った子供達の写真や村の風景の写真などをアルバムにして、支援してくれた方々に活動報告として送ります。

支援者
16人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年10月

30,000円(税込)

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

ビニールバック1つとサンクスレター

現地で購入した、実際にゴミを再利用して作られたバックを支援してくださった方々にお送りします。手提げバックとしてだけではなく、冷えたペットボトルの保存などにもお使いいただけます。

支援者
1人
在庫数
制限なし
発送予定
2018年10月

プロジェクトの相談をする