自分が何を踊っているか、その踊りを理解しているか

 

 

踊りに対して正面から向き合う。

 

たとえ群舞作品であろうとソロ作品であろうと、自分自身が理解し訴えなければ、人の心には響きません。

 

ただ踊るだけでは伝わるものも伝わりません!

 

Wolrd Dreamでは

ダンサー達や振付家達の踊りに対する理解そして訴える強さが

目に見えて感じ取れるはず!

 

Photo C: Shin-style

 

 

映画やドラマを見て感情移入するように

 

World Dreamでも!

 

 

 

心に残るような舞台を目指して

 

頑張っていきます!

 

 

ご支援よろしくお願いします!

 

新着情報一覧へ