プロジェクト概要

首都リマ市のサンタ・アニタ区の消防団へ消防レスキュー車を寄贈したい!

 

ページをご覧頂きありがとうございます。はじめまして、岡孝則と申します。日頃は公益財団法人山口県国際交流協会の事務局長として、外国人の多文化共生の推進や国際理解、国際協力の仕事をしています。そして15年前から「山口県ペルー協会」のメンバーとして、ペルー在住の日系人や「ペルー山口学校」卒業生(純ペルー人)の技術研修員としての受入れサポートをしています。

 

今回、山口消防署で活躍していた消防レスキュー車が廃車されることになり、ペルーの首都リマ市サンタ・アニタ区の消防団へ寄贈が決まりました。しかし、簡単にはペルーで使用することができません。

 

右ハンドルを左ハンドルに改造したり、万全な車両整備が必要です。また、陸送や海上輸送、税関手続きなどで多大な経費が必要です。そこで、山口県ペルー協会では、自分たちの資金だけではとても足りないことから、今回のクラウドファンティングを活用させていただくこととしました。皆様、どうぞご協力をお願い致します。

 

消防レスキュー車(救助工作車)の救助資機材については、税関不可や使用できないものを除いた一部が寄贈されます。

 

サンタ・アニタ区にあるペルー山口学校にて。5年前の訪問時の歓迎写真。

 

山口市とペルーのつながり

 

ペルーの首都リマ市のサンタ・アニタ区には、山口市出身の故河村芳邦氏が私財を出してつくった「ペルー山口学校」があります。ここでは、毎年2千人の純ぺルー人の生徒が学んできました。山口県とペルーは、118年の交流を持ち、親密な関係を築いています。

 

貧しい地域ではありますがそこに暮らす人々のために、私たちは現地の消防団(全員ボランティア)に5年前、はじめて山口市で活躍していた消防車両を寄贈しました。

リマ市で消防活動を担う消防団は、全員が民間ボランティアです。彼らは本業をもっていますが消防団員の士気は高く、火災や事故に自ら進んで市民を助けています。本当に正義感が強く、誇りを持った仕事っぷりです。

 

しかし、その消防団の消防車両や設備の現状は非常に劣悪な状況にあります。消火活動中にポンプが破損したり、肝心の消防設備が壊れていることが多いのです。5年前に寄付する前までは、15年前に日本から中古消防車を無償供与された車両年数30年以上の車両をつかっており、まさにポンコツでした。

 

そして今年の8月、私たちペルー山口県人協会は創立90周年の記念式典及び移民先没者亜慰霊のためペルー訪問するのを機に、山口消防署で活躍し近く廃車される予定の消防レスキュー車を渡邉山口市長の英断により、寄贈することになったのです。

 

現地138サンタ・アニタ区消防団と5年前の消防団訪問時の写真

 

 

2017年8月、町を守るために日本から旅立つ予定です。

 

5年前の寄贈では、現地の消防団の皆様に大変喜ばれました。さらに今回寄贈する消防レスキュー車は、建物の倒壊などで下敷きになった人を助けるための救助工作車です。日本から海外に贈呈するのは初めてですので、8月には、山口市から元消防団員も現地指導に駆けつけます。

 

■寄贈物:消防レスキュー車(救助工作車) 1台

■寄贈先:リマ市サンタ・アニタ区第138消防団

■寄贈予定日:平成29年8月

■必要な費用:車両整備費、輸送費等

 

今後は、現地消防団員を山口市に派遣させ、訓練するなど、人的交流を考えています。この活動が、全国のモデルになってくれることを希望します。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

ペルーの首都リマで、唯一消防レスキュー車となります。海外において、日本の消防レスキュー車が初めて活躍することになります!

 

今回のプロジェクトを通して、ペルーの消防組織の現状とペルー国民の安心安全のために、日本からの支援が必要だということを多くの方に理解してもらいたいと思っています。 

 

また、全国の自治体にある消防車両や救急車両などが廃棄される場合は、国内では法的に利用はできなくても、ペルー以外でも、活躍できる可能性があります。今回はそのモデルケースとして、関係団体が追随してくれることを望みたいし、他の途上国などにも繋げていければと思います。

 

なによりみなさんからのご支援で消防レスキュー車をペルーに送り届けることにとても意味があると感じています。山口消防署員の愛車だった消防レスキュー車が、ペルーで第二の人生を送って、これからも人々のために活躍できること、喜んでいただけることは、本当にうれしいことです。

 

ペルーで唯一の消防レスキュー車になります。大活躍することでしょう。皆様、資金援助をどうぞ、よろしくお願いいたします。

 

A17c9aaa61e80a1bf71d0d850af4e5baa9800bbd

 

 

☆☆リターンについて☆☆

 

Readyforの支援だけで受け取れる高級ペルー産ベビーアルパカ製品をご用意しました。これらは、現地ペルー山口県人協会婦人部の皆さんが厳選されたものです。

 

3万円ご支援の方には、アルパカ製品としては最高級のベビーアルパカのスカーフ(大)、1万円ご支援の方は、同じくベビーアルパカのスカーブ(小)をリターンとして提供します。いずれも、とっても暖かく、軽くて肌ざわりの良い物を選んだ良品です。

 

また、5千円の方は、幸福をもたらすお守りとして人気の赤と黒の実ワイユーロの装飾品です。ワイユーロは、アマゾン川の源流に生息している珍しいマメ科の種です。ブレスレット、ブローチ、キーホルダー、のどれか1点または、手作りの布製小物入れから選らんでください。

 

3千円の方は、ペルー原産の柔らかい革製の小銭入れです。寄付された方には、全員手作りの人形ブローチをサービスします。

 

 


最新の新着情報