皆様の温かいご支援、励ましのお言葉をこれからの活動のエネルギーとしてネクストゴールに挑戦いたします!

ご支援は犬猫みんなの医療費、施設設備に活用いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

東京は台風が去った今、まだ時折強風が吹いています。

シェルターの移転において雨風の影響が少なく、中にいる犬猫たちが安心して過ごせることも願いのひとつでした。幸い、それほど音も響かずに犬猫たちはそれだけでも安心できたことと思います。

ありがたいことです。

 

ここは猫エイズキャリアの猫たちのスペースです。

こちらを見てくれているのはシャンティちゃん、外で弱っていた猫を保護した方から山猫庵に依頼がありました。削痩状態からふっくらしてくれました。10歳は越えているでしょう。腎臓用療法食を食べています。

 

ケージの中で様子を伺っている音羽ちゃん、次に見たらベッドの中でうとうとしていました。音羽ちゃんも外で弱っていた所を保護され山猫庵に。検査で猫エイズキャリアとわかりました。

音羽ちゃんもふっくら丸くなって!

 

3段ケージの中にいるのは、上がペローちゃん、下がサヴァちゃん。

 

2匹ともご近所トラブルなどで生き場所を追われ避難。検査で猫エイズキャリアとわかりました。

 

ベェリィちゃん、橋の上でノミに集られ、目は開けない程に結膜が腫れていたところを保護され山猫庵に。検査では猫エイズキャリアでした。

立派に大きく成長してくれました。腎臓用療法食を食べています。

 

ソワールちゃん、外で餌をもらって生きていましたが、ご近所から苦情が出て居場所がなく避難して来ました。兄弟がおりましたが、猫エイズを発症し先に逝ってしまいました。ソワールは元気に避難中です。15~6歳でしょうか。腎臓用療法食を食べています。

 

ダンテちゃん、ご飯が欲しくて家に入ってきたそうです。縁あって山猫庵に避難することに。検査で猫エイズキャリアとわかりました、目も白濁しており真っ白でしたが、栄養状態がよくなったためかどうか以前より少し色も変わってきました。

 

ノエルドゥちゃん 山猫庵に棄てられました。避難時に削痩していた身体もふっくらしてまだ威嚇もしておりますが、少し撫でさせてもくれます。10歳は越えているでしょう。検査で猫エイズキャリアとわかりました。口腔内もあまりよい状態ではなく、抜歯、スケーリングの為の麻酔はかなりリスクがあるためにしておりません。

 

猫エイズキャリアの子たちはみな避妊去勢手術は済んでおります。

この子たちは今まで激しいケンカもしたことがありません。

以前は避難していた猫エイズキャリアの子が多くおりましたが、幸い新たな家族に恵まれる子もおりました。家族ができないままにシェルターで逝った子たちもおります。

シェルター内での感染は十分に注意しております。

猫エイズキャリアは食器やトイレ、遊び道具を共有しても感染はしません。

猫エイズキャリアの猫たちは、キャリアでも長生きしている猫はおり、シャンティ、ソワール、ノエルドゥたちはみな10歳以上です。

彼らに一日も早くよい家族ができますように!

実は以前は猫白血病キャリアの猫も複数匹が避難していました。

リンパ腫で逝った子が多かったのですが、新たな家族ができた子もおります。

(猫白血病は感染ルートが多いので気を付けないとなりません)

 

彼らがシェルターで逝くことなく、暖かい家族に見守られるよう願っております。彼らには日々の医療費、療法食費など必要となります。

どうか彼らを応援ください。

 

 

 

 

新着情報一覧へ